2017年08月15日

●雨につき、なんとなくつぶやき

朝日.jpg
雨ですね。
家で過ごしている日の雨は、昔から好きですが、なぜか今日はとてもドキドキする。
雨の音が心と脳を強く刺激しているような・・・高校2年生ごろの夏の、こんな雨の日の感覚と自分の姿が浮かび上がってきて。
何があったわけでもない、普通の日です。
雨の音が生きているように感じていたあの頃、そして今日の雨もそんな音です。
その音を聞いていると、理由もなくとてもドキドキして。
そして、昔の自分と今の自分が重なって、変わっていないことを感じます。

雨の一粒一粒が生きている。。。。こめかみが痛い。

そんな日ってありますか?

雨の写真がなく、朝日の写真…( ^ω^)・・・さ!原稿書くか。。。

もろもろ問い合わせも継続中・・・
posted by 岩瀬幸代 at 10:29| Comment(2) | 日記のような | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月13日

●9月13日のダイエット&ビューティ展でセミナーやります

s-2007スリランカ仏教の旅D 092.jpg

9月13日、東京ビッグサイトで開催される「ダイエット&ビューティー・フェア」で、セミナーをやることにしました!!
岩瀬、いったい、どうしちゃったんでしょう?
今まで、セミナーのお話とかいただいても、あまり受けずにすり抜けてきたのですが…

詳細はホームページ  をスクロールしていただくと、下の方に出てくるのですが。

セミナーのタイトルは「スリランカの“ウエルネスツーリズム”と“アーユルヴェーダ”事情」

ホームページに載っている内容を転載しますね。

:::::::

スリランカの本格的なウエルネスツーリズムと、アーユルヴェーダの活用の実態について紹介する。同氏は、海外旅行ライターとして20年以上雑誌等で活躍しており、特にスリランカには、2002年から40回以上も訪れアーユルヴェーダ事情にも精通するスペシャリスト。著書「緑の島 スリランカのアーユルヴェーダ」は話題となった。近著「迷走患者」では、体調を治すため東洋と西洋の療法の狭間で葛藤する同氏の生の声を伝えている。本講座ではその実体験にも言及する。

::::::::

ダイエット&ビューティーと関係ある?
もちろんありますとも。
だって、アーユルヴェーダリゾートで施術を受け続ければダイエットもビューティーもかないますから・・・
私の場合、ある種の失敗例ですが。

とまあ、きっとそんな話もするのでしょうが、
ツーリズムの中でアーユルヴェーダをとらえて、それがいかに健康にいいか、話そうと思っています。
これまた私の場合、ある種の失敗例ですが…
えっ?! 

とにかく最善を尽くして用意はしますが、何しろ岩瀬、こうした場面は不慣れなもので、たとえしどろもどろな発表になっても、笑って優しく見守ってくれる方々、ぜひセミナーへのご参加をよろしくお願いします。
失敗を鼻で笑う方は、ご遠慮ください。

また、近くなったら改めてご案内しますが、ご興味のある方はさっそく入場券を事前登録し、セミナーを申し込んでいただけますと嬉しいです。

が、9月30日発の「スリランカへ一緒に行こう!」に申し込んでいただけるともーっと嬉しいです。まだ空いてますよ〜。

そして、迷走患者、まだお読みでない方は読んでくださるとさらに嬉しいです〜・

詳しくは、sayura@outlook.com と sachiyohappy100@gmail.com 両方にご連絡ください。

写真は。。。なんですかね?スリランカの踊りの一つ。何がなんだかよく分からなくなっている私の現状を表す写真。詳細不明。
夏休みの方、どうぞ楽しんで〜
posted by 岩瀬幸代 at 22:54| Comment(2) | アーユルヴェーダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月06日

●青い鳥を探して・・・スリランカ&アーユルヴェーダの旅

s-P45.jpg
実は今、次の本を作っている。
たまたまそんなチャンスが巡ってきた。
すでに、先ほど表紙デザインの候補が上がってきたので、フィニッシュが見えるところまで進んだ。
あとがき、まだ書いてないけど、でももう少しだ。

上の写真は、その本の作業中に、文中で使おうかどうしようかと迷いながら眺めていた写真。
シギリヤロックの、頂上まであと少しという写真ですね。
シギリヤロックの全景を写した写真は目にすることが多いと思うけど、上の方はどうなっているの?と思いませんか?
こうなっているわけです。

ちょうどいい青空が出ていたので、なんかいい感じの写真。
9月30日から、みんなと行く旅行でも、いい青空が出るといいなあ。

本の詳細は、もう少ししたら発表しますね。
それに私としては、もう少し「迷走患者」に頑張って欲しいんです。

というわけで、お盆も近いし、いつも我が家にお参りに来てくださる僧侶からいただいた感想文のほんの一部を載せちゃいます。
全文は、感動的に長くて。
まだ刊行したばかりの頃いただいた手紙で、すごくうれしかったのに、紹介今になり、、、
ちゃんとご本人了解済み。

:::::

前略

ご本拝読しました。
的確かつユーモアに富んだ比喩が随所に織り込まれ、楽しく読みました。
一読した後改めて表題について考えてみました。
副題の「正しい治し方はどこにある」。これは、作者の悲鳴なのだと気がつきました。

近代医療を疑い、それに従事する医師を疑い、これまで信じていたアーユルヴェーダを疑い、そして自分自身をも疑う。
一方、西洋医療主流の時代にあって、伝統医療アーユルヴェーダが公認され、普及するスリランカ。
この国には医療への信頼、医師への尊敬、そして死を受け入れる覚悟が、仏教信仰の基盤の上にある。

作者の心は絶えず二つの国の文化、二つの価値観の間を行き来し、さまよい、迷走する。

やがて「治りたい」「治したい」という二つの気が触れ合ったとき、作者はようやく現代医療に身をゆだねようと覚悟する。
医師への信頼を回復しながら健康を取り戻していく。
こうした過程を通じて作者は新たな視点からアーユルヴェーダを見つめ、向き合うことになる。
「正しい治し方はどこにある」−−なるほど、これは岩瀬版の「青い鳥」なのだと思い至った次第です。

(まだまだ続いているんだけど、ここまで・・・)

青い鳥・・・・そう、幸せって何だろうと、考え続けた期間でした。
そして私は確かに、病気をする以前よりも今、幸せです。
そんな思いに至れたのは、ベースにスリランカの仏教の教えがあったからです。

ありがたいことに、『迷走患者―−<正しい治し方>はどこにある』をお盆の法要で紹介してくださるそうで、とても光栄です。

そしてこの手紙の中には、日本のアーユルヴェーダとして「山伏」のことをぜひ調べてみてください、というくだりがあるのだけれど、なぜかこの後、不思議とそういうセミナーの情報が入ってくることが増えた。

自分にとっては、本当に本当に大切な一冊。
新刊作業しつつも、やっぱりもう少しみんなに読んで欲しいという気持ちが強い。
もっと求めてくれている人がいるはずなのに、届いていないことが歯がゆい。
まだまだ頑張るので、どうか応援していてください。

あ、9月30日からのS 旅友倶楽部も、募集中ですよ〜。
それまでは頑張るけど、向こうに行ったら、みんなと一緒にはじけたい!!!
たくさん笑って、いっぱいおしゃべりして、身近な青い鳥を感じて、楽しく過ごしたいのです💛

連絡待ってます!! sayura@outlook.com   と  sachiyohappy100@gmail.com まで。
posted by 岩瀬幸代 at 23:17| Comment(0) | 日記のような | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月30日

●9月30日発スリランカ&アーユルヴェーダ旅、パワーアップ!

s-歩き方改定2014 1010.jpg

試験終わったー(時々、大学生もやってるもので・・)。おかげさまで、1教科だけ残し、クリア。応援のおかげです!
というわけでひたすら教科書読んでましたが、合間に、9月30日発のS旅(一緒にスリランカへ行こう!)を、パワーアップさせるべく動いていました。
寝不足ですー。


大変でしたが頑張ったので、ホテルをジェフリーバワデザインのマハゲダラに変更できました!

当初予定していた、シッダーレーパだって、もちろんいいホテルですよ。

でも、みんなに告知した一週間後に、大型の団体予約が入ったとかで全然延泊ができないと言うので、そりゃないよーって感じで頭を抱えていたんです。
だって、私としては好きなだけ延泊して―という気持ちで紹介しているわけだし、ホテル側もそういう話をしていたはずだから。
すでに延泊希望を出している人もいるのに…どうしたらいいのかと考えあぐね…これはもうホテルを変更するしかない!!と決断し、マハゲダラに変更することを決めました!!
どうでしょう?ある意味、朗報ではないですか?!!

マハゲダラの良さをいくつか挙げるとs-歩き方改定2014 1015.jpg

もちろんバワのデザインなので、空間が洗練されていること。

目の前に開放的な海が広がっているので、朝に夕に散歩を楽しんでもらえるし、

町にトゥクトゥクで遊びに行くのも手軽、

南西海岸のこの辺りはバワの、ある意味聖地なので、興味のある方にはお勧めの場所がたくさんあります。

延泊する人は、ゴールまで行って帰ってくるのもおすすめ…

というわけで、実は場所的にはもろもろな楽しみ方ができるのです。


お値段は、同じ料金でなんとか納めました。
参加料(現地費用)は、シェアの場合一人につき、1223ドルです!
ちなみにお部屋はデラックス・カテゴリー。二人で泊まっていただくには、その方がのんびりしてもらえます。
シングル利用の場合だけは、以前お伝えしていたよりも19ドル高くなってしまいますが。
もちろん、好きなだけ延泊できますよ〜〜もちろん別料金ですよ〜〜。
料金の詳細も以前のブログ見てくださいね〜。

さ〜〜〜、本格的に、もっとみんなに案内しなければ!!

このS旅以外にも9月はイベント目白押しの予定で、今後また順次お伝えしていきますが、岩瀬、いったいどうしちゃったの?という状態です。
でも今年は頑張ると4月に決めたので…

s-DSCN4965.jpg9月のイベントもろもろの前に、まずは私、原稿を書きます!!
目下、鋭意取材中!!ひさびさ、めっちゃ活動的。
面白い記事だったと思ってほしいから・・、頑張らねば。

では、S旅の詳細お問い合わせはsayura@outlook.com と sachiyohappy100@gmail.com へ。

連絡待ってますー。

写真はもちろん、全部マハゲダラです。

みんな来てね〜〜
posted by 岩瀬幸代 at 00:49| Comment(0) | TrackBack(0) | S旅友倶楽部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月22日

●あれからずっと小林麻央さんが・・・

s-DSCN1130.jpg

9月30日発のスリランカ旅行、絶賛募集中ですよ〜。お気軽にメールくださいね

さて、表題の通り、この一カ月、私は小林麻央さんのことを思い出さない日はない。
もちろんお会いしたこともないし、生きてらした間は時々ブログを拝見して応援していても、毎日思い出すことはなかった。
でも、今はきれいな空を見たり、暑い日差しに照らされたりすると、生きているからこそこの感覚と感情を味わえるのだよな、と思うのと同時に、ふと麻央さんがよぎるのである。

そしてもう一つの理由は、失くなってから徐々に週刊誌などで明るみにされる彼女の治療選択について。。。
どうしてそんなにも迷走しなければいけなかったのかと考えてしまうのだ。
ご本人や家族から語られていることではなく、週刊誌などに書かれていることだが、当初、標準治療を拒否し、気功など民間療法に頼っていたという。

たぶん世の中にはたくさん、西洋医療と代替医療のはざまで治療選択にさまよっている人がいるのだと思う。
そういう人がたくさんいるはずだと思って私は自分の体験を『迷走患者』に書いた。

代替医療、民間療法を一概に否定してほしくはない。
でも、迷走せずに済むにはどうしたらいいのだろう…

そんなことを考えながら、このところ迷走経験のある人とお会いして話をすることが多い。
今日は、急に思い立って、高校の友人の迷走話を聞きに町田まで出かけた。
一緒にマテ茶を飲みながら、なぜ迷走したのかを聞いた。

昨日もそんなお話を、別の方から聞かせていただいた。
写真の、酒饅頭”利他”はいただいたお土産(神田に売っている)で、とってもおいしかったので思わず写真に撮った。

明日も同じ用事で出かける・・・・

いろいろ考えさせられている。。。なぜ?どうすればいいのか?

岩瀬、ちょっと頑張りすぎで、あちこち痛い。しかも来週は試験ウィークなのに、勉強が進んでいない(独り言)

では、9月30日からのスリランカ旅行、一緒に行きましょう!行きたい時が行き時です。連絡お待ちしています! 
最後はその話題ですみません
連絡は sayura@outlook.com と sachiyohappy100@gmail.com (CC) まで。
posted by 岩瀬幸代 at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | アーユルヴェーダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月16日

●病気を語ることと、糸車を回すこと

s-2011_0609postcrea0066.jpg
なぜ、自分の病気のことをわざわざ本に書いたのか、ということは、いつかここに書こうと思っていた。

そもそも私は、文章を書いているときは別として、自分のことを語るのが得意じゃない。
人によっては、苦労話みたいなのを話すのが上手な人がいる。
そういう人の方がきっと精神的な健康を保ちやすいので、うらやましいと感じたりもするけれど、
私は、今まで生きてきた中で、誰にも言えずにいることがいくつかある。

病気のことはその一つだった。
ほとんどの知人・友人に話すことはなかったし、実は本を書いて公表した今も、病気の話をするのはあまり好きじゃない。

なぜか?
○○病を持っている岩瀬さんという、余計な枕詞が付くのが嫌なのだ。
病気を持っているというだけで、病気のことを話していなかった時にはなかったはずのフィルターがかかりそうな気がしてしまう。

と思うのは、きっと私だけじゃないだろう。
病気をカミングアウトするのは、ある程度の勇気が必要だ。

そんなこともあって『迷走患者』を読んだ人に、体調を気遣われるのも実は苦手だ。
もちろん普段心配していただけるのは、素直にありがたいと思える。でも時々それが本の感想にとってかわられてしまうことがあって、そんな時はちょっと悲しい。病気のことが書きたかったわけじゃないのに…と。

じゃあ、なんでわざわざ書いたかって・・・
だって、病気のことを、しかもその時の感情をつぶさに書かなければ代替医療に走る患者の気持ちは、医師たち医療関係者には伝わらない。
私みたいな人が、今の世の中にはたくさんいるんだってことも伝わらない。
伝えなければ世の中は変わらない。
「幸せってなんだろう、健康ってなんだろう」と考え続けてたどり着いた境地も、その過程を知ってもらわないことには、共有してもらえない。

この間出演したラジオ(月曜の昼まで聞けます)でもしゃべったけれど、この本を楽しんで読んでもらうものに仕上げるのは結構骨のいる作業で、その間も、そして今もずっと「Never Give Up」 な思いで、みんなに読んでもらえるように頑張っている。

ひたすら自分で糸車を回し続けている感覚があって、
いったい何が私を突き動かしているのだろう…と、時々考える。

それはたぶん本を読んで欲しい、という思いと同時に、これからの未来を歩んでいく若い人に、自分で糸車を回すことはとても大変だけれど、楽しくて、とても価値のあることだと、いつかそれを伝えるために、頑張っているのだと思う。

あ〜、まじめな話を書いたら、こんな時間に甘いものが食べたくなってきた。
中性脂肪右肩上がりも忘れて、冷蔵庫に入れておいたケーキを食べる岩瀬でした。めでたい
なんか尻切れトンボな話になった気もするけれど、、、
皆さんに明るく楽しい未来が待っていますように
posted by 岩瀬幸代 at 00:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記のような | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月11日

●スリランカのアリはこんなです。

s-2011_0819スリランカの夏休みA0029.jpg

あった、あった、スリランカのビレッジに滞在していた頃撮影したアリの写真探したら出てきました。
ヒアリが世間を騒がせているので、思い出したのです。
接写した写真がない。
このアリ、けっこう刺されると痛いんです。。。って、私は逃げ回っていたので刺されずに済みましたが。
皆さんも気を付けて。

それとついでに、先日のラジオ出演の模様を来週月曜の正午まで聞けるので、よかったらこちら


何かとちっていないか、どうぞ間違い探し的に楽しんでください。

そして、募集中の9月30日出発「S旅友倶楽部」一緒にスリランカへ行こう”も、よろしくお願いします。
厳選した内容、お得に楽しめます!!一押しの象のサファリも行くよ〜。
岩瀬がどんな感じの人だかわからずに不安、という方は、ラジオを聞いて判断材料にお使いくださいませ。

ではでは。

連絡は、sayura@outlook.com と sachiyohappy100@gmail.com (ccしてください)まで。

ラベル:スリランカ
posted by 岩瀬幸代 at 09:43| Comment(0) | TrackBack(0) | スリランカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月09日

●『迷走患者』発売記念!!スリランカ&アーユルヴェーダ旅詳細決定!!

s-DSCF0786.jpg
ついに、詳細決定しました!『迷走患者』売記念、S旅友倶楽部「一緒にスリランカへ行こう!」第8弾ぐらいかな?
今回は観光+アーユルヴェーダの旅です。
アーユルヴェーダのトリートメントだけを考えるなら観光はなくてもいいかもしれません。
でも、この国で何千年も前に生まれたアーユルヴェーダがなぜ今も生き続けているのか――。
それを考える時、やはりスリランカに根付く仏教と自然にも触れて欲しいと思うのです。

というわけで…まずは、スケジュールです。

 9月30日(土曜日)
スリランカ航空(UL)455便、日本を11:20に出発してコロンボには17:10着。
これに合わせて、岩瀬と日本語ガイドのラッキーさんが空港で皆様をお迎えします。
別便で来たい方は、この時間に空港に来てくださいね。

ラッキーさんは以前の旅行でもご一緒していて、めちゃめちゃ日本語上手。
私もそれなりに案内できますが、シンハラ語が話せないのでラッキーさんが必要なのです。

空港での両替を終えたら、バスに乗って…行先は、ドカンとシギリヤ方面!!
夜のうちに動いておいた方が楽なので、行っちゃいます!!
そしてお泊りは、建築家ジェフリー・バワの代表作、カンダラマ・ホテルですよ〜

 10月1日(日曜日)
カンダラマは、朝のビュッフェからあれもこれも食べたくなるので困るのです・・・
気持ちよく朝食を終えた後は、仏教遺跡のポロンナルワへ行きまーす。
遺跡は好きですか?
逃げ場のない炎天下の遺跡観光(笑)を終えた後はゆっくりランチ

で、象のサファリへ行きますよー
さて、野生の象に会えるかな?象のサファリ大好き!
ジープに乗って気持ちのいい風を受けて「あっ、あそこにいた!」という感動をみんなで味わいたい!

そして本日も、お泊りはカンダラマ・ホテル
夕食は付けていないので、アラカルトがいいか、ビュッフェがいいか気分でそれぞれ選んで〜。


 10月2日(月曜日)
スリランカと言えば、シギリヤロック
朝食を終えたら出発です。登りましょう!
スリランカ人は、サンダルで登ってますが、みんなは靴はいてね。
私、体力落ちているので最後までいけるか少々不安。助けて〜。ぜーぜー言いながら、みんなと頂上で写真撮りたい!!

そしてスリランカの古い都、キャンディーへ移動しまーす。
アーユルヴェーダ薬局でお買い物しましょう。
時間があれば、ほかにもキャンディ散策

そして6:30のプージャ(お供えの時間)に合わせて、仏歯寺に行きたいと思います。
できれば少し早めに行って、大きな象のはく製@@や、神殿も見られたらいいなあ。
お泊りは、仏歯寺の目の前、世界遺産的コロニアル・ホテルのクイーンズです。


 10月3日(火曜日)
朝食を終えたら、コロンボへ移動。
みんなショッピング好きだよね。
女子には人気の高いベアフット、買う物たくさんあるスーパーマーケット、紅茶局で紅茶も買う?

ランチはどこへ行こうかと考え中、バワのかつてのオフィスを改装したギャラリー・カフェがいいのか、白亜のホテル、ゴールフェイスがいいのか・・・

そしてコロンボを楽しんだ後は、アーユルヴェーダ・リゾートのシッダレーパへ行きます!
(7月29日追記/当初、その予定でしたが、ジェフリーバワがデザインしたアーユルヴェーダ・ホテル、マハゲダラ(詳細は7月30日ブログ)に変更しました!マハゲダラは、大竹しのぶさんはじめセレブな方々もお泊りのおしゃれな場所です。目の前のビーチで朝から散歩もできるし、近くのビーチテイラーでリゾートウェアを縫ってもらったり、町へも出かけやすいし、楽しみ方の幅が広がります!)
この日の夜からは、全食、体に優しいアーユルヴェーダ料理ですよー
マハゲダラに4連泊です。


 10月4日(水曜日)
さっ!アーユルヴェーダの始まりです。
まずはアーユルヴェーダ医の診察を受けて、滞在中の施術プランを立ててもらいましょう。
そして、施術開始


 10月5日(木曜日)
朝はヨガ教室が開かれていまーす。自由参加ですが、ぜひに。
そして朝食後に各自、施術を受けます。

この日は満月で、ポヤデーと呼ばれています。
スリランカの人たちの多くが白っぽい服を身につけてお寺参りをします。
私たちも、お参りに行きたくないですか?というわけで、近くのお寺へ行こうと思います。もちろん、のんびりしていたい人は無理しないで〜。


 10月6日(金曜日)
この日もアーユルヴェーダ施術が続きます。
毎日、終わるのはだいたい2時か3時ぐらいかな。
人によっても違うのですが、夕方までってことはないです。

というわけで、空いている午後に料理教室やってもらうことにしました。

もちろん自由参加。ゆっくりしていたい人は気にせずにねー。


 10月7日(土曜日)
延泊しない人は、この日が最後のアーユルヴェーダ・トリートメントです。
トリートメント受けて、ゆっくりランチを食べたら、帰国の準備を。
スリランカ航空の帰国便は、19:15発です。
到着は翌日10月8日の日曜日の朝です。
スリランカ航空の帰国便は、水・金・土・日なので、延泊の人は参考に。

 10月8日(日曜日)
延泊した人は、この日もトリートメントが続きます。

s-2010_1023スリ旅友第一弾0075.jpg

ざざざざーん。では、料金です。
全7泊のホテル、観光中の朝食、マハゲダラでのアーユルヴェーダ料理3食とハーブティー、観光入場料(ポロンナルワ、象のサファリ、シギリヤ・ロック、キャンディ仏歯寺)、指名したラッキーさんによるガイド、医師の診察とアーユルヴェーダ・トリートメント、行程中の車代を含めて。。。

2人で一部屋を利用した場合、
参加料は一人につき、1223ドルです!日本円の料金は支払う日によって違ってきますが、
金曜日のレートで計算すると、139,400円 !!
シングルのお部屋を使う場合は、267ドルの追加(追記7月29日/最初にお知らせした金額より19ドルだけ上がってます)です。

航空券は、ご自身で取得をお願いしていますが、私がいつも使っているところでよければフォローしますので心配しないでくださいね。
ちなみに、今ネット検索で見たところでは なんとスリランカ航空6万3000円! 安いです。
(追記7月29日/確認したところ8万2000円でした。いつもの料金って感じです)
私の感覚では通常8万円ちょっと。
昔は航空券買う時、間際の方が安かったりしたけれど、今は安いのがなくなっていくとどんどん上がっていくシステムです。
早めに決めたほうがお得です!!

ほかにかかる費用としては、
観光中の昼食、夕食はあえてつけていないので、その分。
その時々で決めていきたいから、つけていません。
アーユルヴェーダ中は、3食付いていますよ。
後はチップとそれぞれのお買い物だけです!!

スリランカ航空を使わずに、早めにスリランカに来て楽しんでいる人は、空港に来てくれれば参加可能です。

参加条件は『迷走患者ーー<正しい治し方>はどこにある』を買ってくださった方です。

ではでは、長い案内になりましたが、連絡早めにくださると嬉しいです。
あ、人数は10人ぐらいの予定です。
気付きました?とってもお得な料金です!! 

お名前と連絡先の電話番号を書いて、
sayura@outlook.com  と sachiyohappy100@gmail.com(CCしてください)に連絡くださいませ。
お待ちしております。
posted by 岩瀬幸代 at 13:26| Comment(4) | TrackBack(0) | S旅友倶楽部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月07日

●NHKさいたまで『迷走患者』を話す

s-DSCN1108.jpg
ラジオ出演、無事に終えました。
しゃべるのは苦手なはずが、べらべらしゃべってました。
『迷走患者』を一人でも多くの人に読んで欲しい、という思いがそうさせたようです。
人って、何とかしたいという思いがあると強くなれるんですね。

それに、ドキドキも楽しもう!と、最近そんな心境なんです。

ドキドキしてどうしよう〜って思いよりも、今私がドキドキしているのは生きている証と考える。
この世に生きているのは、ほんの限られた時間なんだと思うと、ドキドキもイライラも悲しい思いも、いとおしい。

自分が病気をし、『迷走患者』を書いて、それを読んでもらうために必死になりながら、しばしば小林麻央さんのブログを見て、生きている今を大事にすることを、再確認させられたせいかもしれません。

病気は、嬉しくないけれど、生きていいることの大切さを教えてくれます。
そういう意味では、とても得をした気分です。
どういう意味?と思う人は、ぜひ本を読んでくださいね。

最近一番うれしかったのは、フェイスブックで、女優の松田美由紀さんが『迷走患者』を褒めてくださったことです。
面識はないのですよ。なんと光栄なことでしょう。
ここに、書いてくださった内容を紹介したいけれど、ご本人の了解を得ていないので控えます。

それと、6月に掲載された『クロワッサン』のインタビュー記事、ネット上でも読めるので見てみてくださいね。

昨日のラジオ生出演(写真はその時の模様、アナウンサーの岸田祥子さんと)は、乗り切ったけれど、終わってみれば「ああ、どうしてもっと”迷走患者”って連呼しなかったのだろう」とか「10月のツアーに参加してくださいって言い忘れた」とか、反省多数。

でも4年ぐらい前に、病院に入院しつつも、主治医の先生に助けてもらってTOKYO FMに電話で少しだけ出演した時のことがよぎり、あの頃よりは、成長できているみたいだととても懐かしく思い出しました。

ラジオの向こう側で応援してくれたいた皆さん、ありがとうございました。
埼玉限定放送だったけど、NHKの聞き逃し番組が聞ける「らじるらじる」で、来週月か火曜から一週間だけ聞けるようにしてくれるらしいので、また決まったらお知らせしますね。

あ、それと、番組内でのリクエスト曲は、シーアの『Never Give UP』にしました。かっこよくて大好きな曲だし、この本を書いていた時、そして今の私の心境にぴったりなので。

どうか、応援していてください。

S旅は、目下料金交渉中!!!まもなく詳細発表できます。
続きを読む
posted by 岩瀬幸代 at 15:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記のような | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月02日

●『迷走患者』出版記念のS旅友倶楽部予告。一緒にスリランカへ!

パイナップルのおじさん.jpg
今回の出版を記念して、9月30日から久々にS旅をやろうと計画中です!
何人かの方からは、お問い合わせいただいていますが、どうでしょう?スケジュールは合いますか?

S旅友倶楽部は、私がとっても不定期に「一緒にスリランカへ行こう!」とお声掛けしている旅行。

まだ詰め切れていないのであくまで予定ですが、

9月30日(土曜)
スリランカ航空便で、各自スリランカまで来ていただき、空港で岩瀬が出迎える。
(と言っても毎回皆さん、声を掛け合って成田で落ち合って一緒に来てくれるし、
もしかすると今回は私も成田から一緒に行けるかも)

そして3泊を観光にあてます。この部分を今検討中なのですが、

・シギリヤロック
・象のサファリ
・ジェフリー・バワのカンダラマホテル
・キャンディ仏歯寺
・アーユルヴェーダ薬局
・コロンボでお買い物♪
・アヌラーダプラ、ポロンナルワ、ダンブッラのいずれか一つを観光
   
  という感じで考えていまーす。

3泊の観光を終えた後、アーユルヴェーダ・リゾートへ移動
たぶんシッダレーパホテル滞在で、基本4泊、延泊可能

滞在中に

・アーユルヴェーダ医の診察と毎日のトリートメント
・5日がポヤデイ(満月)なのでみんなでお寺参りしよう!
・料理教室も頼んでます。

ざっくり、そんな感じで考えています。
4泊すると10月7日にコロンボから帰国便に乗って、8日の朝8時ごろ成田空港着というスケジュール。
で、もちろんアーユルヴェーダは長く受けていただきたいので、この日に帰る必要はなく、好きなだけ延泊できますよー。

ということでどうでしょう?

今、現地とスケジュール確認中なので、料金と日程の詳細はまたお知らせしていきますね。

この日程じゃ合わなくて、別の日にアーユルヴェーダだけ受けたいって人もご相談承ります

ただし、参加条件として
出版記念旅行なので『迷走患者――<正しい治し方>はどこにある』をお買い求めいただいた方のみ^^ということで、よろしくです

めちゃめちゃ評判のいい本ですよー。

お問い合わせの際は、フルネームと電話番号を書き添えて、
sayura@outlook.com と sachiyohappy100@gmail.com に連絡ください。

写真はパイナップルをむいているおじさん。。。見ればわかるって?!
続きを読む
posted by 岩瀬幸代 at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | S旅友倶楽部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする