2019年08月13日

●10月5日発、生活交流+アーユルヴェーダのツアー「つながろう!スリランカ」で私は浴衣を着るぞ!

祐雄先生とB 025 (2).jpg

危険な暑さの続く三連休中、私にとって一番のイベントは「自分で浴衣の帯を締めて花火を見に行く」だった。
思い起こせば、最後に浴衣を着たのは昔々、隅田川に花火を見に行ったときだ。ポッ


以来、長らく着ていなかったレトロな浴衣を引っ張り出したのは、10月5日発で予定している応援ツアー第二弾!「つながろう!スリランカ」で、浴衣を着たいと思ったからだ。

このツアー、前半はコロンボに泊まって、日本語を勉強している女子高生を訪ね、生活レベルの何気ない交流を図る。

帯なぞ結べぬ私は、先日、わざわざ「浴衣の着方教室」へ出かけ、帯の結び方を習得した。
指導者から、
「あら、あなた覚えが早いわね。じゃあ、特別に、ほら、こうやるともっとかわいくなるの」
とお褒めの言葉と手ほどきを受け、「簡単でござる」と思って帰宅。


仕事に忙殺され、暑さに脳みそが煮え立ち、本番を迎えた10日後の土曜、、、、えっ?帯が結べない。
おかしい・・・何がいけないのかわからず、結局You Tube 様のお世話になるも、私の慌てふためく様子を見て母は、たまらず吹き出した。

「あなた、本当に一人でスリランカで、帯結べるの?」
「たぶん・・・大丈夫・・・だと思う。じゃあとりあえず、今から練習がてら出かけてみるから!」
と履きなれない下駄に足を乗せる私の背中で、
「途中で、その帯、変な形にならなければいいけど・・・」
と、母はつぶやいた。

同じことを心配した私は、いざという時に備え、最も薄手でしわにならないワンピースをバッグに忍ばせておいた。

だが期待を裏切るようで悪いが、結果、私は花火をちゃんと楽しんでとっても無事に帰宅した。

そもそも、「つながろう!スリランカ」で学生たちと交流する際、浴衣を着ようと発案してくれたのは、当初の予定だった6月催行の時点から「参加します!」と手を挙げてくれているKちゃんなので、私は帰宅後彼女に
「一歩前進!自分で帯を結んで、浴衣を着て初外出」
とLINEしたところ、若いK ちゃんは、
「へこ帯なららくちんだし、普通の帯より涼しいですよ」とのコメントと共に楽天市場のリンクを送ってきた。


ふむ。。。サイトを開いてみると、しわ加工を施したふわふわ状のカラフルなへこ帯なるものが写っており、浴衣の背に、かわいらしく蝶々結びした帯が写っている。


あー、これは、花火大会会場でも見たぞ!
子供たちのふわふわした蝶々結びの帯を見て、「これは、なんだろう?」と疑問符を浮かべていたので・・・これがそれなのか!と色とりどりの楽天サイトに見入った。
浴衣だけでなく、人間までレトロになったような気がした瞬間であった。


というわけで、自力で結ぶもよし、ふわふわのへこ帯もよし、一緒に浴衣を着ても、着なくても。。。楽しくスリランカの女の子たちと過ごしたいと思う。
日本のお菓子も持っていこうかなあ。。。


絶賛募集中の文化交流+アーユルヴェーダのツアー「つながろう!スリランカ」みんなも来て来て〜。
ぜったいに楽しいって💖

後半のアーユルヴェーダの時に泊まるマハゲダラの写真をもっと見たいと言う声があったので、前回使っていないものを数点こちらに。
コロンボで泊まるゴールフェイスも、は、冒頭に一点だけ写真入れました。ベランダ・レストランからの写真。めちゃめちゃ素敵。コロニアルホテル大好きなので、嬉しー。


IMG_20171007_094845_resized_20190810_100837354.jpg


IMG_20171009_134649.jpg

IMG_20171009_090409.jpg

旅行を一緒に作っているピンクさんが、ツアー内容を新たなページにまとめてくれたので、どうぞ。

8月18日と24日には説明会を兼ねたランチ会をしますので、「とりあえず聞いておきたい〜」「岩瀬を確認しておきたい」などという方は、どうぞどうぞお気軽に。

日時 : 8月18日(日)12:00〜17:00の好きな時間に

日時 : 8月24日(土) 13:00



ちなみに9月15日発の応援ツアーは締切日を迎え、おかげさまで20人からの申し込みをいただき、今もキャンセル待ちの方が数名いらっしゃいます。声援、ありがとうございます

企画した当初は、15人なら一週間で集まるかなと思うぐらい特別なツアーだったので、30人ぐらいで行けたらなんて思っていたのですが、実際のところホテルの部屋が混んで、取れなくなりました。
あと数名、キャンセル待ちの方だけでもご一緒できないかと思っているのですが…。


テロがあったために、まだ不安に思っている人もいると思いますがほかの国からの旅行者はどんどん戻ってきているのが現状で、アーユルヴェーダホテルは特に、予約で埋まっていてお部屋がないというケースが頻発しています。
そういう場所は、えてしてドイツ人のお客様が多いリゾートですが。


9月には、春のS 旅に参加予定だったメンバーたちも、予約を延期してあったAYURVIEアユルヴィーに、次々旅立ちます。
先日、みんなで集まってご飯食べたけど、楽しかったー。
何を話したのか、よく覚えてないんだけど、よく笑ったー。写真@セイロンイン、食べ終わった後ですが(笑)

@セイロンイン.jpg


8月8日には、ツアー説明会を兼ねてウキウキわくわくのスリランカ会@バンダラランカをやったところ、S旅参加者も混ざっていたため、これまた楽しくて。
似たような写真で恐縮ですが。

バンダラランカの会と.jpg


「幸代さん、これ、定期開催してくれませんか」という声が上がったので、ツアーのあるなし関係なく、時々はみんなで「わくわくウキウキのスリランカご飯会」ができたらいいなあ、と思っています。
笑いは大事だね。熱中症対策はもっと大事だよね💦気を付けて。


ではツアーに参加したい、個人的にスリランカへ行きたい、アーユルヴェーダを受けたい、ツアー説明会に参加したいなどなど、もろもろの問い合わせは、sayura@outlook.com  と  sachiyohappy100@gmail.com (cc してね)まで
posted by 岩瀬幸代 at 10:58| Comment(0) | アーユルヴェーダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月07日

●え?10月にもやるの?はい、延期したアーユルヴェーダ・ツアー再開!

DSCN1592.jpg
「岩瀬さん、ちょっとおかしくなったんじゃないですか?」
暑かった先週末のスリランカフェスティバルで、そんな衝撃的(?)な言葉を掛けられた。


熱中症じゃないですよ。
先日来大騒ぎしている9月15日発「応援ツアーWe Love SRI LANKA 6泊8日ツアー」に続き、10月に生活文化交流とアーユルヴェーダをテーマにした「つながろう!スリランカ6泊8日ツアー」をやることにした私を見て、こんな時期に2本も無理だ、と思われたのです。


私もですね、やると決めてふとカレンダーを眺めると募集するためにあまり時間がないことにハタと気づき、ありゃりゃとは思ったけれど、気がせいていたんです。


だってね、やっぱりホテルの稼働率なんかを聞いていると、20%とか30%とか言っているところも少なくなくて、どうせやるならみんなが困っている時期にツアーをやって、少しでも元気づけてあげたい、って思ってたら、早くやらなくちゃって気がしたのです。

というわけで、立て続けにはなりますが、10月5日発で「つながろう!スリランカ6泊8日ツアー」をやることにしました!
旅行会社ピンク・トラベルさんのHPに案内出ていますよ。

こちらには、チラシを貼り付けておきます。
img038.jpg


img039.jpg

集まって〜。

これ、本当は6月にやる予定だったツアーです。
もしかしたら、覚えてくれている人もいるかな。テロで延期になったのです。

このツアーをやることになったきっかけとか、思いは、以前のブログに書いたので、そちらを見てくださいね。
「つながる」ことをテーマに、コロンボで日本語を勉強している女学生たちと交流をすることになっています。
つまり、応援ツアーの第二弾という位置づけとしてやるにも、内容的にちょうどいい気がしています。


6月に予定していた時とは使うホテルが違っていて、アーユルヴェーダ・ホテルはマハゲダラにしました。
スリランカが誇る建築家ジェフリー・バワがデザインしたホテルで、アーユルヴェーダが受けられるという、一粒で二度おいしい的な場所です。

IMG_20171010_150915.jpg

IMG_20171008_124219.jpg


で、詳しく話を聞きたいという人のために、またもや説明会を兼ねたスリランカ・ランチ会を設けることにしましたので、興味のある人は連絡くださいね。とりあえず6人分予約してあるのでmail me です。

日時 : 8月24日(土) 13:00
アプサラさんのランプライス(1728円)がおいしいと、カレー女子からおすすめいただいたので、一緒に食べよー。


この日がだめという人もいるかもしれないので、もう少し緩い説明会もやります。
私が12:00〜17:00までカフェでまったり本を読んだり、時々伸びをしたり、あくびをしたりして過ごしてますので、ゆるゆる話がしたい人はこちらに、都合のいい時間に来ていただいて大丈夫。できれば事前にmail me です。

日時 : 8月18日(日)12:00〜17:00の好きな時間に
14:00まではドリンク付きのブランチセット1200円があるそうな。それ以降はドリンク450円〜、食事1000円〜


どうしていつも、私の計画は時間がないんだろう…でも、アーユルヴェーダ、みんな受けたいよね?学生との交流楽しそうでしょ!
ウエルカムですよ―来て来て−。


冒頭の写真は、マハゲダラで食後のハーブ薬を宿泊客のボックスに分けているところ。

ではツアーのこと、説明会のこと、アーユルヴェーダホテルのことなどなどなどなど、連絡は
sayura@outlook.com と sachiyohappy100@gmail.com(ccしてね) まで
待ってます💖
posted by 岩瀬幸代 at 02:49| Comment(0) | アーユルヴェーダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月26日

●8月8日と17日に「わくわくウキウキのスリランカ会」やりまーす。集まって〜

rainbow in colonbo.jpg

8月8日と17日に、わくわくウキウキのスリランカ会を急きょ、開くことにしました!

前回お知らせした9月15日発の特別企画「スリランカ応援ツアーWe Love Sri Lanka 6泊8日」は、当初の私の予想では、一週間か10日もあれば、あっという間に15人ぐらい集まるだろう、と思っていたら、あれれ?みんなどうしちゃったのー?

その現状を知った友人@は言う。
「スリランカが、すでに安全に旅行できるってことがみんな分かっていない。だから腰が引けている」

友人Aは言う。
「行ったことのある自分が、これに参加すると悪いんじゃないかと思って。新しい人に行ってもらった方がいいと思ったんだけど、行っていいの?」
 ➡ 「もちろんですとも〜。むしろ、初心者には精神的なハードルがあるかもしれないから、行ける人から行ってもらわなくちゃ」

友人Bは言う。
「スリランカへ行ったことがない人には、あの内容がどんなにすごいか、分からないんだと思う」

友人Cは言う。
「知らない人は逆に、安全じゃないから安いのかもと思うかも」
 ➡ 「ままままじで?そんな〜、みんな利益度外視してるからできるのに…」 
っていう、いろんな意見を聞くにつれ、ツアーの説明もちゃんとしたいし、私に会えば安心できるという人もいるかもしれないし、スリランカに興味を持っている人はたくさんいるはずだから、そんなわけでとりあえず「わくわくウキウキのスリランカ会」を開くことにしました。

ツアー参加を決めた方、迷っている方、興味のある方、急なお誘いで恐縮ですが、おしゃれなスリランカ料理店として話題の「バンダラランカ」さんで、以下の通り集まることにしました。じゃんじゃん申し込んでくださいね。


スリランカ応援企画ということで、お店にもご協力を頂き、特別な料金でお料理を用意していただけることになりました!やったー!
1回目/8月8日(木) 19:00〜 参加費3800円
  1ドリンク付きスリランカン・プレート
2回目/8月17日(土) 15:30〜17:00 参加費1000円
  素敵なお茶タイム、スイーツとスリランカ紅茶

バンダラランカさん、女性誌などでも取り上げられているとーってもおしゃれなお店です
東京都新宿区大京町12-9 アートコンプレックスセンター1階
TEL03-6883-9607


応援ツアー、そして「わくわくウキウキのスリランカ会」に参加希望のある方は、お気軽に岩瀬幸代宛て

sayura@outlook.com
sachiyohappy100@gmail.com (ccしてね)まで。待ってます



参加できないという方のために、「今、スリランカへ行くといい理由」について書いておきます。

・6月25日付で、外務省の危険情報は危険レベル2から1に下がっています!
・観光客が少ないので、現地の人たちはいつも以上に歓迎してくれる!
・テロ後にいったん延期になったビザ免除(35ドル)、再び行われることになった!
・ホテルも、通常より魅力的な金額にしているところが多い。
・人気建築家ジェフリー・バワの生誕100周年を記念して、魅力的なイベント続々。


そしてツアー詳細も貼り付けておきますが、下に内容を分かりやすくまとめておきます。本当にびっくりの内容!

img030.jpg



日程:9月15日発 68

特徴:祈りと、人気の観光地を組み合せた珍しいプラン。

世界遺産のゴール旧市街、シーギリヤロック、キャンディ仏歯寺に加え、

紅茶畑が美しいヌワラエリヤでは紅茶畑の中にあるホテルに泊まり、紅茶列車にも乗って、

聖地カタラガマ寺院やコロンボのキリスト教会で祈りを上げ、

昔ながらのビレッジ体験をし、野生の動物に会えるヤーラ国立公園でのジープサファリも体験できる。もちろんお買い物も楽しめちゃう。

ホテル:コロンボは「キングスバリー」、ゴールでは日本人経営の超高級な「ル・グラン」、リゾート感あふれる「キタラ」、女子の憧れ「ヘリタンス・ティー・ファクトリー」、キャンディでは由緒ある「クイーンズ」。

料金:17万4000(一人部屋追加料は36000) 普通なら、プラス10万円はする内容だよ。

料金に含まれるもの:航空券、宿泊、全食事、観光、ガイド、ぜ〜んぶ!ほかに必要なのはチップとお土産代程度。

ちなみに、一応ツアーの申込は8月9日となっていますのでご注意を。

「わくわく会」には来られないけれど、直接会ってツアー内容の確認をしたいという方はご連絡ください。会場内で会いましょう。


いつもどおり、アーユルヴェーダを受けたい、学びたい、という人からの連絡も受けています!

sayura@outlook.com
sachiyohappy100@gmail.com (ccしてね)まで。待ってます

posted by 岩瀬幸代 at 13:49| Comment(2) | アーユルヴェーダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月07日

●がんばれ!スリランカ応援特別ツアー発表!要注目。こんなツアー2度とない!


img030.jpg

ただいま!

セラピストさんたちとご一緒したスリランカの旅を終え、2日夜に帰国して、昨日はスリランカの盛り上げイベント「アユボワン!スリランカ」に参加。忙しかった〜。


本当は7人が参加する予定だった「セラピストさんブラッシュアップ・コース」は3人のみの参加となったけれど、その分めちゃくちゃ濃厚で、参加してくれた人たちはみんなかなり満足してくれたし、それについて私はとてもうれしかった。


しかも、講習時間以外は、完全なる女子旅状態。毎日たくさんしゃべって、たくさん笑った〜。

その様子をまずはレポートしたいところだけれど、前々から予告していた「スリランカ応援ツアー」が完成し、昨日イベントで発表したので、それを先に紹介させてください! 申し込み締め切りは一カ月しかないので〜、早くしないと💦。


長いし、文章だらけだけれど、スリランカに興味あり!行きたい!スリランカを応援したい!と思ってくれている人は、どうか最後まで読んで。日程が合うなら本当に行かないと損しちゃう、という内容です!


さっきFBページ「スリランカ旅行倶楽部」に書いた文章です。こちらにコピペします。


【スリランカを応援する特別企画のツアー】

出来ましたー。本当に、ほんとに、特別ツアーの誕生です!

ごちゃごちゃ説明するより、チラシを貼り付けた方が早いと思ったので、上に貼り付けたチラシを拡大して隅から隅まで見てくださいませ。スリランカに一度でも行ったことのある人なら、これがどんなに濃い内容で、お得だかすぐにわかるはず


観光客が減って、意気消沈しているスリランカの人たちを応援したい!そのために、みーんなに協力してもらって(もちろん私もメチャメチャ協力して)、特別に企画したツアーなので、なんと6泊8日、航空チケットも、観光も、食事も全部入って、料金は17万4000円!!!信じられません!!って価格です


しかも日程は9月15日発の6泊8日で、3連休をうまく利用しているため、カレンダー通りにお仕事している人なら、4日間だけ、お休みすればいいんです。


泊まるホテルは、どこも高級ホテル。コロンボは被害を受けた後すぐ再開した「キングスバリー」、ゴールでは一年前に日本人がオープンさせた超高級な「ル・グラン」、リゾート感あふれる「キタラ」、女子の憧れ「ヘリタンス・ティー・ファクトリー」、キャンディでは由緒ある「クイーンズ」。ティー・ファクトリーは通常期間ならなかなか予約が取れない、紅茶畑のど真ん中に建っているホテルです。


さらに一度は経験したいと思っている人も多い、ヌワラエリヤとキャンディ間紅茶畑列車も盛り込んであります。嬉しすぎませんか?ヤーラ国立公園でのジープサファリだって入っているんです!


応援ツアーですからね、その意味合いを込めて被害に遭ったキングスバリーに泊まり、最も被害のひどかったコロンボの教会を訪ね祈りも捧げます61日には改修を終えて再オープンしているのですよ。「元気です!」という発信の象徴であるかのように、すごい速さで改修を終えたのです。このコッチカデの教会で特別に神父様よりお話を頂きます。そして、南部のカタラガマは仏教徒にとってもヒンドゥー教徒にとっても聖地であり、宗教を問わず多くのスリランカ人が深い祈りをささげに来る場所です。こちらへ、みんなでお参りに行きます。祈りの国スリランカでの観光には欠かせない場所です。


南部の世界遺産ゴール砦の旧市街へも行くため、お買い物を楽しんでもらえます。ほかにも、お買い物チャンス作ってあります。


スリランカが初めてという人もいると思うので、シギリヤロックと仏歯寺も外していません。何度行っても、いい場所です。スリランカの昔ながらの暮らしも感じて欲しかったので、シギリヤへ行った際にはヴィレッジ体験も盛り込みました。


そしてなんと最後は、ジェフリー・バワがデザインしたホテル、ジェットウィング・ラグーンでランチをして、それから帰国の途に就きます。


本当に、深くて広いスリランカの魅力を垣間見てもらえる内容です。

これまでいろんなスリランカ旅行を企画してきましたが、めちゃめちゃ自信作。今、スリランカへ行くことの意味も感じてもらえる、すごい内容です。


しつこいですが、こんなにすごい内容なのに、料金は174000(一人部屋追加料は36000)です。

お安い料金で出しているのは、応援企画だからです

スリランカが好きな人、スリランカがこれから好きになるであろうという人たちと一緒に旅行をしたいのです。

そして、せっかくの今回の旅行経験を生かして、参加した人にはぜひ、何らかの方法でスリランカの安全性、スリランカの魅力を発信して欲しいのです

インスタ、FB、ブログ、ツイッター、アナログ利用の回覧板()、何でも構いません。でも、こちらからお願いをしなくたって「スリランカ、めちゃめちゃよかった!」と、自ずと発信したくなるはず。そんな話を一緒にすることも楽しみの一つに入れながら、8日間の旅をご一緒できればと考えています


15人以上の催行ですが、16人目以降は料金が高くなる可能性もあるため、どうか、興味のある人は早めにお問い合わせをお願いします。

皆さんの、思いを旅にのせて〜💖 行こうよ、スリランカ!


昨日のイベントもそうだけれど、とにかく今はスリランカ、スリランカと発信することが大事。その思いを広めたいので、皆様ぜひ、この応援企画のシェアをお願いできたら嬉しいです!よろしくおねがいします


あ、それから以前延期を発表した学校訪問+アーユルヴェーダの旅行は10月の予定です。近々日程を詰めます。


スリランカに行きたい、アーユルヴェーダを受けたいなど、もろもろな岩瀬への問い合わせは sayura@outlook.com と   sachiyohappy100@gmail.com (ccしてね)まで

posted by 岩瀬幸代 at 23:32| Comment(0) | スリランカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月17日

●7月6日イベントに合わせ、買ってきて欲しいもの募集します!!

DSC04446.jpg

ごめんなさい、7月のツアーは残念ながら断念しました。
一生懸命練り上げたプランは、正直なところ、今やるからこそ意味がある、みたいな内容なんですが…

大きな理由は、エアライン・チケットが高い・・・
急に集まってもらえるほど魅力的な料金のツアーにはできない気がして…
それなら、もっと皆さんが安心して行きたいという気持ちになってくれる9月にしましょうということに、旅行会社と話し合いました。
もし、詳細を、待ってくれていた人がいたら、、、お騒がせして、ごめんなさい

ちなみに、危険だから延期したわけじゃないですからね。誤解なく!!
危険度レベルを下げる国は、どんどん増えているのですから。

DSC04451.jpg

さて、本日のお知らせの中心は、前回ちらりと告知した7月6日のスリランカ・イベント「Ayubowan! Sri Lanka」
日時は以下参照。
簡単に言えば、プチ・スリランカフェスティバルみたいな内容です。
スリランカ・グッズを販売するブースと、食べ物のブースがあって、ステージで何かやっている。
岩瀬は、開催時間中ずっと自分のブースにいて、少しだけステージでアーユルヴェーダについてしゃべります。


この日は、TBSのアナウンサー、秋沢淳子さんが通しでMCをしてくれるので、絡んでもらおうと思っています。
秋沢さんは、本当に熱心に、すご〜〜く以前から、スリランカのために尽力している人なのですよ。
仕事で忙しいのに、いつもとても熱心にボランティア活動をされていて、体力と優しさに驚かされます。

さて、皆さんにお願いしたいことがあるので、この下に書きますね。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

日時:2019年7月6日(土)
   12時〜17時

会場:DMM.com本社内イベントスペース
   東京都港区六本木三丁目2番1号
          住友不動産六本木グランドタワー24階(南北線/六本木一丁目駅直結)

https://dmm-corp.com/company/com/

入場料:1,000円

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

お願い@
岩瀬は、12〜17時の間ブースにいますが、そこで本の販売と合わせて、スリランカグッズを販売しようとしています。
何を用意しようかと考えているのですが、、、、
この際、買ってきて欲しいものを募集することにしました。

このイベントの入場料の一部は、被害を受けた東海岸の教会に寄付するそうですが、私もブースで販売したグッズの利益を寄付しようと考えています。
なので、もちろん、スリランカで買ってきた金額でお売りするわけにはいかないのですが、「買ってきて欲しい〜」というものがあったら連絡をいただけないでしょうか?

今月23日から、予定通りセラピストさんのためのブラッシュアップコースをやるので、この週末には再び渡航します。そのときに、買ってきますので―。
難しいものはだめですよー。スーパーにあるものなら、もちろんOK。


お願いA
当日、お手伝いしてくれる方を1名、募集します。
ボランティア・イベントなので、交通費と入場料しかお渡しできませんが、どなたかお時間あればよろしくお願いします。
(追記6月17日:ありがとうございます!さっそく手を挙げてくださる方がいらっしゃいました!)

お願いB
遊びに来てくださ〜い。

ではでは、スリランカに行きたい、アーユルヴェーダを受けたい、勉強したい、でもどこへ行ったらいいか分からない、などの問い合わせは
sayura@outlook.com   と sachiyohappy100@gmail.com(ccしてね)  まで
ちなみに、写真ばコロンボの素敵なホテル「ゴール・フェイス」で撮影したものでしたー。
posted by 岩瀬幸代 at 00:04| Comment(0) | スリランカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月11日

●行ってきました!読者とアーユルヴェーダのスリランカ旅「2019春のS旅」報告@Ayurvie

DSC04643.jpg

7月にスリランカへの特別ツアーを作れないだろうかとあれこれ動いていたので、S旅報告、遅くなってしまいました。でも報告の前に・・・

7月15日発の旅行を目下検討中。
旅行出発まで、時間、ないですねー。集まってもらえない可能性も高いのですが、たとえだめでもやってみなくちゃ。
(追記6月17日/ごめんなさい。とりあえず7月は断念しました・・・。理由は6月17日のブログに書きましたが、時期をずらしてやります。)


スリランカへの渡航危険度はすでにイギリス、ドイツ、中国、インドなど10か国が危険度レベルを下げ、日本もおそらく近いうちに…と予想される状況です。
空港にも、ガイドさんやドライバーさんが入れるようになり、通常通り利用できるようになっています。


スリランカを何とかしなくちゃと思っている人たちはたくさんいて、
こちらにも顔を出させていただく予定。1:50頃から、登壇してちょっとしゃべりますね。
相変わらず、得意ではないのですが、がんばらねば!よいしょっと


さて、今年のGWの「S 旅」には、13人のメンバーが申し込んでくれました。
例によって、アーユルヴェーダ・リゾート滞在を目的にする「S旅(スリランカと幸代の頭文字を取ってS旅)/岩瀬と旅するスリランカ旅行の略です」は、自由度満点。
滞在するホテルだけを決め、だいたい同じ頃に集まって、みんなで滞在を楽しもーってことを目的に、それぞれに自分の都合のいい日程で来てもらうプランなんです。

今回選んだ場所は、S 旅では初の、ウエリガマにあるAyurvieアユルヴィーでした!
最初に言っちゃいますが、アユルヴィーを選んでよかった。皆、めちゃめちゃ気に入って、楽しんでくれたから。


私は24日から行ったのですが、一番乗りしてくれたMさんは22日の夜に日本を出発し、23日にスリランカに到着。
つまりテロが起きた翌日に、私より一歩早く旅立ったのでした。
メンバーの中での一人目ですもん、当然ながら、かなり迷った末の決断でした。中止を考え、延期を考え、最終的には私に「空港の様子がはっきり分かれば、行きます」というメールをくれて。
私は、ホテルと何度もやり取りをして、空港の様子、迎えの段取りを調べて伝えると、「行くと決めました!」ときっぱりしたメールをくれて出発!
到着後は、その後に続くメンバーのために、本当に詳細な情報を送ってくれて、とても助かりました。

結局のところ、参加したのは13人中8人です。
4人は、年内に訪ねるということで延期を選び、一人はしばらく休暇が取れそうにないことから完全にキャンセルという結論を出しました。
それぞれに悩んで、それぞれに決断を下した旅行です。そして結果的に、笑顔の絶えない旅行になりました。
それはもちろん、細かい気持ちの揺れは誰もがあったと思うけれど、でも全員「来てよかった」と思える旅になったことは確か。

こちら、着いてから数日後の4人だった頃の写真。

DSC04503 (2).jpg



毎回のことですが、アーユルヴェーダという同じ目的で来ているので、すぐに親しくなれるのがいいですよね。
朝に夕にプール脇やヨガ・ルームで、一緒にヨガをやったり、


DSC04717.jpg

DSC04785.jpg

今日のトリートメントはどうっだったなんて話をしながら一緒にご飯を食べて。
ダイエット食を注文した(下の写真)私は、みんなより少なめで、ダイニングの女性がいつも「これだけで、ゴメン〜」って感じで、笑いだしそうな表情で運んでくる。

DSC04556.jpg
IMG_20190428_133627.jpg
DSC04570.jpg

伝統的なスリランカのスイーツが食べたいと、キッチンにリクエストしてみたり(上の写真はハラペ)、そんな風にして過ごしているうちに、以前からの知り合いだったような気さえして来ます。



DSC04512.jpg


人数は徐々に増えて、写真撮ろうってことになったけど、上の写真、ほとんど全員シロダーラ中ですね。
2週間以上の滞在じゃないとシロダーラを行わないところもありますが、Ayurvieはそんなことはなく、全員体験できました。

最初のうちは、みんなおとなしくホテルの中にいたのですが、だんだん外に行きたい気持ちが芽生えて。…いざ、世界遺産のゴール砦へ!!

出かけて大丈夫なの?という不安は、最初はあったものの、ホテルの人も「平気だと思う」というので、ボディーガード代わりに(頼りないけど)日本語通訳のアイス君も、一緒に行くことに。

アイス君、本名はアエーシュ君ですが、覚えやすいようにアイス君と命名。
日本に4年ぐらい住んでいたので、日本語しゃべれますよー。しかも若いので、新しい単語を覚えるのが早い。
滞在中も、みんなで新たな単語を教えてあげているうちに、上達も明らか。これからAyurvieへ行く人には、とってもありがたい存在です。

というわけで、こちらはゴール砦の旧市街へ遊びに行ったときの写真。


DSC04634 (2).jpg

DSC04653.jpg


ゴール砦の中は、街歩きが楽しいです。
こじゃれた店がそこそこあって、古い路地は風情があるし、カフェやレストランも多く本当に女子にはお勧めの場所。
でも、この日は声も聞こえないぐらいの大雨・・・だったんですが、

象さんのうんちで作ったペーパーを売っているショップ(冒頭の写真)や、カラフルな布織物のお店ベアフット、かわいいorローカルな雑貨屋さんを覗いて歩きました。
それから、おしゃれなホテル、アマンガッラへ紅茶を飲みに。
アーユルヴェーダ中につき、アフタヌーンティーは控えて、お茶だけでしたが、やっぱりいいですよね。


DSC04660.jpg
DSC04669.jpg
DSC04672.jpg


最後はスーパーマーケットに寄って、思う存分お土産を買って帰りました。
そしてメンバーが少しずつ入れ替わり、この時は3人。

432.jpg


私が帰った後も、スタッフと楽しく過ごした様子を次々に伝えてくれて。
スタッフと「命」(ゴルゴ松本さんの)写真を撮って送ってくれたり(足が逆だったと、後から大笑い)、以前のブログで写真を載せましたがヴェサックの飾りで沸き立つホテルの様子を送ってくれたり。


S__5595142.jpg

S__5595144.jpg


アイス君との写真も送ってくれました。とっても性格のいい男子です。からかったりすると、ころころとよく笑う。頑張って、続けていってね〜。


S__17104906 (2).jpg


というわけで、みんな楽しく充実したGWを過ごしたのでした。
延期チームは、これから旅を計画します。私も、Ayurvieにはまた行きますよ〜。


アーユルヴェーダリゾートは、どこもそれぞれに良さがあるし、人によって合う合わないがあると思うので、私のところに相談の連絡をくださる方には、行く目的や予算を聞いてその方に合った場所をご紹介しています(ちなみに私を通して予約をしてくださる方からは、特別な料金はいただかずにご案内していますので、ご相談のある方はお気軽に)が、うまく希望にこたえられないと感じる時があります。
でもAyurvieは、抜けていた穴を一つ、埋めてくれたような感じがあるのです。


DSC04721.jpg


DSC04529.jpg

DSC04572.jpg


まずは、外観の写真載せてみましたが、どうもうまく写せない。。。部屋数は26室。
時間が空いたら、プール脇でゴロンとしてもいいし、敷地のあちこちには、下の写真みたいな休める場所があるので、本を読んだりのんびり音楽を聴いたり。

DSC04749.jpg

DSC04827.jpg


Ayurvieの一番の魅力は、トリートメントがとても充実していると、実感させてくれることです。
すべてを一人のセラピストさんが担当し、少なくとも1日2時間はたっぷりトリートメントをしてくれるので、毎日トリートメントが終わると満たされ感が漂います。
フェイスやレッグは、半戸外のスペースで行います。

DSC04523 (2).jpg

DSC04822.jpg
DSC04873 (2).jpg

それと、Ayurvieを所有しているのが、もともとアーユルヴェーダではない通常のホテルを運営している会社なので、ホテルとしてとても使い勝手がいいのも特徴です。シャンプー&トリートメントなどシャワー周りの必需品はもちろん、草履や体重計、ビーチで使うゴザが置いてあったり、洗面台やシャワーもきれいで使いやすい。


部屋の海側の壁は一面ガラスなので、部屋にいてもとても開放感があって。
バルコニーはヨガが出来そうなほど広くて快適。
写真の部屋は特に、コーナーなので二面がガラス。ただし、昼間はまぶしすぎて片面はカーテン引いてましたが。
薄暗い方が心が落ち着くということもあるので、一概に明るい部屋がいいとは言わないけれど、きっと好きな人が多いはず。


DSC04585.jpg

朝、昼、夜、いつも部屋からは空と海を眺められて、晴れた日の夜は星がめちゃめちゃきれいだし、夕暮れ時は様々な空の表情を見せてくれて。

DSC04713.jpg
DSC04769 (2).jpg
DSC04765.jpg



ビーチに行きたいという人にも、ホテルの脇がすぐに海なので、はいOK!
とことことトゥクトゥクが走るのどかな通りを渡ったところにビーチがあって。砂浜も海も、とってもきれい。



DSC04801.jpg

DSC04546.jpg

DSC04830.jpg



ちょっと外に出たい人には、ゴール砦やスーパーマーケットや紅茶工場などへ遊びに行けるのもうれしいよね。
そしてスタッフも頑張っています。


オープンして一年半ぐらいなだけに、あと一歩頑張って!というところもあるけれど、本当にみんなに紹介したいホテルなので、予約もこちらで受けることにしました。絶賛、応援中!
今まで通りバーベリン、ヒルヴィラ、アーユピヤサ、シャンティランカ、シッダーレーパ、マハゲダラなどの予約も受けていますので、ほかのホテルと比べてどうなの?自分にはどこがいいの?ってあたりは、メールでご希望を聞かせてくれた時に、ご相談に乗ります。


DSC04528.jpg

DSC04817.jpg

ちなみに料金は、8月がシングル228$でツインが369$、9月・10月がシングル206$でツインが335$。トリートメント、全食事、様々なハーブティーやフレッシュジュース、一日2回のヨガ、税金、そしてアイス君の通訳込みの料金です。


スリランカへ行きたい、アーユルヴェーダを受けたい、勉強したい、様々な問い合わせは、sayura@outlook.com と sachiyohappy100@gmail.com (ccしてね)まで。
ほかにもいろいろ書きたいのだけれど、あまりにも長いので、この辺で Love&Peace 
そして、いつも私を応援してくれている人に心から
posted by 岩瀬幸代 at 12:37| Comment(0) | アーユルヴェーダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月30日

●テロより、暴動より、人が来ないのが恐い……。

羽田.jpg


無事にヴェサックが終わり、ようやく子供たちの学校も本格的に再開された今、きっとスリランカの観光業に関わっている人の多くは「テロより、暴動より、人が来ないのが恐い……」そんなふうに感じているんじゃないかと思う。


スリランカに住んでいる人や旅行中の人達と話していると、一時期の不安や緊迫感は伝わって来ない。
代わりに、皆んなが教えてくれるのは、観光地やホテルにどれほど人がいないか、という話だ。

外務省の危険度が下がっていない以上「もう大丈夫だから来て〜」とは、言えない。
でもこの夏に計画したいという人からの相談が、私のところにもぼちぼち入ってくるようになったし、なんとなく戻り傾向を感じている。


先日、旅行会社さんと「他国に比べ、日本人がいかにこうしたことに敏感に反応し、戻りが遅いか」という話しをした。
個人に性格の違いがあるように、国民性によって、捉え方の違いがあるのは、当然のこと。
だから仕方ないのだが、皆んなが、1ヶ月でも前倒しして考えてくれたらと思う。
たとえば来春に先延ばしした人は今冬に、10月に予定している人は9月に、9月に行こうかなと思っている人は、8月に…… という具合に。
もちろん自身の判断で、ということになるけれど、そうすれば現地の人たちが助かる。


ブログやFBに私が書いたものを読んで、ほかの何かを読むよりも、大丈夫そうな気がしてくると言ってくれる人たちがいる。
現実を知ること、お知らせすることは、判断する上で、とても重要。
でも、不安になるようなことだけが現実ではない。不安は不安を呼び、心配は心配を呼ぶ。
心配するから、危険を回避できるんだろうけど、 明るい要素だってあるのだから。


私の立ち位置や発言を、楽観的という人たちもいるけれどは、短絡的な考えで言ってるわけじゃない。
たぶん昔、旅行業界の記者という立場で仕事をしていたことが影響しているのだ。


その頃こんな風に訴えに、海外からやってくる観光業の人達に会う機会が多かった。
「先日テロがありましたが、 我が国は 既に安全を取り戻しておりますので、どうぞ皆さんまた旅行にいらしてください」とか、
「 自然災害による被害は限定的なものなので、国の全部が壊滅したように誤解しないで欲しい」と伝えるために、 日本に来て記者会見やパーティーを開いた。


若かった私には最初、よくわからなかった。
一箇所が被害を受ければ国全体が渡航できないイメージを、ご多分に漏れず持っていたし、一度事件が起きればしばらくそのイメージを払しょくできなかったからだ。
観光業に携わる人たちがどれほど被害を受けるのかというのもその頃学んだことだ。
スリランカが津波で被害を受けた時、ボランティアツアーを主宰したのはこういう経験が背景にあって、黙っていられなかったからだ。


そして今も、少し先に何かできないかと模索したり、こうして「少しだけでも前倒しして考えてみて」と言っている。
今、踏みとどまっている人へのせめてものお願いは「せめてスリランカを忘れずにいてください」だ。
世界中に魅力的な旅行先はたくさんあるけれど、忘れずにいてくれればやがて来てくれるだろうから。


こんな中、なぜか突然、昔の仕事に呼ばれ、26日からオーストラリアのシドニーへ来ています。
今日の夜の便で、もう帰りますので、帰ったら今度こそS旅の報告をしますね。
全員が無事に旅を終えたので。


というわけで、冒頭の写真はオーストラリアへ来るために使った羽田空港にて。
では、スリランカへ行きたい、アーユルヴェーダを受けたい、勉強したいという方は
sayura@outlook.com  と  sachiyohappy100@gmail.com (ccしてね)まで、お名前と電話番号を書いて連絡を。

6月23日からのセラピストさんコースも予定通りやりますよ~。
だって、行きたいと言ってくれる人たちがいるんですから。細かい変更があるので、興味のある方はお問い合わせください〜 
posted by 岩瀬幸代 at 01:18| Comment(0) | スリランカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月19日

●スリランカに行きたいよー、6月セラピストさんコースもやりまーす!

S__17104916.jpg

ヴェサックですよー。
5月の満月は毎年、お釈迦様の誕生と開眼と入滅をお祝いします。
家の軒先にはランタンを飾り、道路沿いも、大きなビルも、湖の周りも、いたるところが電飾で飾られて、とてもきれい。
電飾で照らすのは、お釈迦様の智慧を意味しています。

今年は、事件があったので、ヴェサックは自粛ムード。
パンドールという大きな飾りなどは出ないけれど、各家々での飾りは今年も行われているみたい。

私は今、日本。でも、なんだか久しぶりに明るい気持ちになっている。
たぶん重たいニュースが続いていたからだ。
泊まっていたAYURVIE からも、ランタンを飾った写真(ここにアップしてある写真)が送られてきて、嬉しくなった。
だって、これみんな、手作りなんだよ。すごくない? みんなさあ、こういうの作るの、頑張るんだよね〜。
そういう純真さというか、無邪気さというか、そういう場面に出会うと胸がきゅんとするんです。

60343492_303984470479968_3687611413712338944_n.jpg


60353760_2084188508541248_1047779433890447360_n.jpg

10日前に帰ってきたばかりなんだけど、今、すごくスリランカへ行きたい。
まるで、ずっと会っていない憧れの人に会いたいみたいな、そんなしみじみした気分・・・昨日からずっと・・・うっ。
スリランカにそういう人は、いませんけどね(笑)

なんだかもう、事件後の不安とか、心配とか、そんなものも気分的には吹き飛んじゃって。。。
もちろん、能天気に行ける時期ではないんですよ。用心しなくちゃいけないんですよ。


でもこの一週間、スリランカ関係の人と会って、しゃべって、事情説明をして…。
そうするとね、そりゃあ今はちょっと落ち込んでいるけど、もう少ししたら大丈夫って気になりますって。
先日の暴動も、2日後には容疑者が逮捕されて、落ち着いたし…って…


じゃあ、今後何もないかと言えば、そんな保証は全然ないんだけど、スリランカの警察が事件後に取ったあの素早い対応、つまり一斉に夜間外出例を出し、SNSを遮断して、急いで鎮静化に努めた。
その強さに、力をもらいます。
誰も彼もが、今、何かがあっちゃ本当にまずい、という思いを持っているのが分かるから、きっと大丈夫という気になるんです!


日本にいて「夜間外出禁止令」とか聞くと、怖いイメージあると思うけど、だだだっと抑え込むためには、そしてみんなの気持ちが熱くならないようにいったん冷静になってもらうためには、必要なことなんです。
「銃を持っている人が、立っている」のだって、怖いと思うかもしれないけれど、あの人たちがいなかったらもっと怖いです。
めちゃくちゃ安心感あります。
コロンボのホテルやショッピングセンターで、一人ひとり検査されるのも、おかげさまでめちゃめちゃ安心して過ごせます。


コロンボで、記者会見があって出席したら「自分たちには30年間の経験がある」と誇らしげに言ってましたが、ほんと、実力あります。
容疑者を捕まえる早さったら、もう〜〜。取り急ぎ、ダーッと捕まえましたから。

今、旅行を控えている人の中には、
・怖いからしばらく行かない
・様子を見て落ち着いたら行く
・今、言っても楽しめない

そんな風に思っている人が多いんじゃないかと思けれど、
私もね、4月24日から行ったとき、こんな大きな事件の直後に行って、本当に楽しめるものだろうか?と少し自信がなかった。

光文社の「本が好き」というページに、そのことをちょっと書いたので、よかったら目を通して欲しいのだけれど、到着直後は心がぎこちなかったというか……でも時間が経つうちに想像以上に気にならなくなって、心の自浄作用みたいなのをね、感じたのよ。

事件を忘れるわけじゃなくて、危険性を無視するわけでもなくて、ちゃんと気持ちを分けて考えられるようになるものなんだと知ったのは、いい体験だった。
あちこち回るような旅行だったり、コロンボでの滞在だったら、気持ちは違っていたかもしれないけれど、なにしろ基本はアーユルヴェーダホテルにおこもりだったから。


だらだら書いていますが、暴動もいちおう収まったし、先生とも相談して、6月は予定通りにセラピストさんコースやりますよ。
もう、チケットを購入されている方もいるしね。
私としては、行きたいと言ってくださる方がいるなら、喜んでやらせていただきます、というスタンスなんです。
そして、皆さん忙しいようなので、少しだけスケジュールを短くしました。

6月23日 午後2時から4時間授業
24日以降 午後1時から4時間
29日または30日のどちらか1日だけ 休みを取りつつ8時間
7月1日 午前中4時間

という予定です。
つまり最短で来る場合、6月23日の午前中に着くようにして、7月1日の午後のフライトに乗れるということになります。
宿泊は、コロンボはやめて、マウントラビニアにしました。

今のコロンボが危険だとは思わないけれど、その方が参加してくれるみんなの気持ちがラクになるかなあと思って。
しかも一泊40ドルなので、10ドルダウン。さらにリーズナブルに!
案内は、雑誌『セラピスト』のWEB版『therapy life』にも出してもらっています。
細かい訂正入っていませんが、ご参照くださいませね。

さ〜、腰を上げて、みんなに行ってもらえるような次の面白い企画、考えるぞー。

では、スリランカに行きたい、アーユルヴェーダを受けたい、学びたいという方、連絡先はこちらです。
sayura@outlook.com  と  sachiyohappy100@gmail.com(CCしてね)まで。
posted by 岩瀬幸代 at 11:36| Comment(0) | アーユルヴェーダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月14日

●憎しみは憎しみによってやまず・・・

DSC04769 (2).jpg

9日の夜遅くに無事に帰ってきました。
ご心配くださっていた方、報告が遅れてごめんなさい。ありがとうございます。

忙しいというほどではないのに、なかなかブログが書けなくて。
なんだかね、落ち着かないんです。。。。
スリランカは大丈夫だろうか、という思い、そして、今何かを書くと明日には何かが変わっていそうで。

その点フェイスブックは手軽で、滞在中に行った世界遺産「ゴール砦の様子」や、帰りに寄った「コロンボでの様子」を Facebook ページの『スリランカ旅行倶楽部』に少し書いているので、よかったら見てください。
滞在中も、いろんなニュースがあったけれど、あまり後ろ向きなことは書きたくなかったので、楽しいことしか書いていません。

DSC04756.jpg

実際のところ、日に日に何かが変わっているのは事実で、たとえば、少し前に私が途中まで書いたブログには
「すでに外出禁止令が全土で解かれ、大統領が『99%の容疑者を逮捕し、旅行者が戻ってこられる安全を確保できた』というある種の安全宣言が出た」と書いたけれど、、、、昨日再び、外出禁止令が出されました。
テロの置き土産が火種になったのです。

確かに、スリランカの軍人&警察官は、事件後驚くべき働きをしたと思うし、99%という数字をどうとらえるかという疑問はあっても、かなり安全性が高くなったことは確か。

でも、知り合いのシンハラ人(スリランカの多数派民族)たちが「今まで知り合いだったイスラムの人たちを、違う目で見るようになってしまった。大丈夫だろうかと疑うというか…」と言ったのを聞いて、今後、大ごとにならなければいいけれど・・・と、心に影が差したのも確か。
それをもっと端的に話してくれた友人もいて、
「岩瀬さん、今はね、みんな必死に我慢しているんです。今怒っちゃいけない、怒り出したらとんでもないことになる…」と。

ちなみに去年の12月にその友人に会った時には「スリランカはやがて、仏教の国じゃなくなるかもしれない。コロンボには、もう仏教徒のシンハラ人は半数もいないんですよ」と話してくれたのがすごく印象的で、イースターのテロが起きた後も、その話を思い出した。
実際に人口統計上、シンハラ人はコロンボにおいては、すでに4割をも切っている。
出産数がどんどん減っているシンハラ人に対して、イスラムの人たちは子供をたくさん産む。

話が遠回りしたけれど、実際のところ、イスラム教徒の人たちやモスクに石を投げたり暴言を吐いたり、そんなことが起きている。
昨日は、まずイスラム教徒がフェイスブックを使って暴言を吐き、それが火種となってクルネヤガラという地域で、小競り合いがあり、ことが大きくならないうちに、外出禁止令が出てSNSがすべて遮断された。
今朝になって、日本の報道もそれを取り上げている。

ああああ。。。。。。
私がしょげたところで、どうしようもないんだけど‥‥自爆テロとは別の意味で、へこむ。
頑張らなくちゃと立ち上がろうとしていた時だけに、スリランカの善良な人たちは、本当にへこんでいるに違いない。
へこむならまだしも、、、どうかこれ以上の怒りに発展しませんように。どうか、我慢して‥‥

DSC04714.jpg

こんな状況ですから、6月のツアー「つながろう!スリランカ」は延期です。いつ頃になるかはまた、近々発表します。
 その後に企画しているセラピストさん向けのコースは、再確認します。
向こうにいる間にたくさんの方に、6月下旬にスリランカに来ることについて意見を聞きました。
皆さん「その頃なら大丈夫だよ」と よどみなく言うし、担当してくれる先生はとても用心深い人ですが「 6月下旬にもなればもう大丈夫よ」と言うので、やるつもりでしたが、もう一度いろんな人に確認するつもりです。

S旅の様子は、まだ旅行中の人たちがいるので 彼女たちが全員日本に帰ってきた時に報告します
一言だけ報告しておくと、とても和気あいあいと、楽しい旅行でAyurvie にも、とても満足しました。
写真は全部、Ayurvie 滞在中に撮った夕焼け。

今、私ができることって、何なんでしょう? 現地の観光局に、キャンペーン・アイデアを出したけれど、スルーされるんだろうなあ。

お問い合わせはsayura@outlook.com  と  sachiyohappy100@gmail.com(CCしてね) まで

岩瀬幸代 Sachiyo Iwase
posted by 岩瀬幸代 at 11:56| Comment(0) | スリランカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月02日

●だいじょうぶだよスリランカLove& Peace

2019-4S旅Ayurvie 043.jpg

やっと晴れた〜
来てからずっと曇り、そして雨だった。
久々に青空を見ると、過去の事件は全部解決!とお気楽な気分にさせてくれるのだから、お天気って素晴らしい。

日本はGWですね。
友達に連絡すると「日本ではスリランカのニュース、全然流れませんよー」と報告してくれて、どうかこのまま忘れてください・・・という気分です。

正直なところ、不安はまだコロンボを中心に、いくつかの地点でくすぶっているけれど、セキュリティー・レベルはかなり上がっているし、人々の暮らしも平常に戻りつつある。
あと少しだけ待ってもらえれば、「コロンボも大丈夫」と言えるんじゃないかという感じがしています。

2019-4S旅Ayurvie 009.jpg

それでも、6月のツアーのことを考えると、自分の感覚だけでは不安なので、コロンボの中心部、事件現場のすぐそばで仕事をしているスリランカ女子に正直な意見を聞いてみました。

「本当の気持ちを言ってくれる? 私ね、6月にツアーを企画していて、コロンボが入っているんだけど、やっても大丈夫だと思う? 私は平気な気がしているんだけど、やっぱり参加を考えている人たちの中には不安を抱えている人もいて」

と聞くと、

「サチヨ、テロリズムはスリランカだけの問題じゃない。世界中のどこにいたって、安全なんてことはない。今回の事件については、もう最悪な現状は乗り越えたし、バカげた奴らはすでにコントロール下にある。コロンボは、平常に戻りつつあるのよ」

と返されたコメントを見て、あほな質問をしたもんだと思った。
それは、私だってわかっていることじゃないかと。でも、気になった、心配だった。だから聞いたのだ。

じゃあ、何が気になっているのだろう…?そうか、たぶん、一番大きい問題は気持ちなんだ。

2019-4S旅Ayurvie 010.jpg

テロが起きたと知った時は、なんでこんなことが起きたのかと疑問だらけだった。
でも、時間が経つにつれ、これが国際的なテロで、原因の多くは戦後のスリランカのセキュリティーの甘さにあると知った時、日本だって危ないんだと痛感した。

あえて書かないけれど、毎日のニュースの中で自爆テロ後にも、不安になるような報道はずいぶんあった。今はもう少なくなったけど。
てもそれは、スリランカ政府が、今回の事件の残党を徹底的に根絶やしにしようとしているからなのだ。

だから、テロ前より確実に安全になっている。それなのに心配になる。

きっと日本にいる人たちも同じだろう。
でもおそらくこれを乗り越えていくのは、今まで続けてきたことを熱心に続けることが基本のように思う。
つまり私なら、今まで通りスリランカの魅力を伝え、一緒にスリランカに来てもらう。

といっても感じ方はいろいろに違いない。
だから「私は平気だよ~」という人からスリランカへ来て欲しい。
周りの誰かがスリランカを旅して、平気だと分かれば他の人もまた行こうという気持ちになってくれる。
今、続行中のS旅も、最初の人が来てくれることで、ほかの人も大丈夫そうだと思ってきてくれた。ありがたい。

2019-4S旅Ayurvie 008.jpg


でも、ちょっと残念なお知らせ。6月の「つながろう!スリランカ」は延期です。
このツアーは、旅行会社さんとの企画なので、スリランカの危険レベルが1から2に上がってしまった段階で、催行は無理かなあと思っていました。
でも延期して、必ずやりますのでどうか応援してください。
テロ後とあって、スリランカの人たちへの応援メッセージを込めたツアーになると思うので、できるだけ早くやりたいです。


一方、ツアー後に企画していた6月23日からのセラピストさん向け学習コースは、やるつもりでいます。
もちろん、不安を感じる人は無理しないでください。

そんなわけで、5月11日に予定していたツアーの説明会を兼ねたランチ会は、セラピストさん向けコースに興味のある方に集まっていただければと思います。
帰国前にコロンボに寄って雰囲気を見てから帰りますので、それも合わせて11日に現状をお伝えできます。
10日に帰国します。

ちなみに、S旅の報告を待ってくださっている方もいるかもしれませんが、楽しく続行中ですよー。
アーユルヴェーダを受けて、みんなのんびりしながら笑って楽しくしています。最初は外出を控えていましたが、明日はみんなで出かける予定。

また追ってお知らせしますね^^
(あの~、この文章書いたの昨日で、本日またじゃんじゃん雨降りなんですけど……)

では、スリランカに来たい、アーユルヴェーダを受けたい、ランチ会に参加したい、次のS旅に参加したい(いつ?(笑))などなど、お問い合わせはsayura@outlook.com と sachiyohappy100@gmail.com(CCしてね) まで

posted by 岩瀬幸代 at 18:23| Comment(0) | スリランカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする