2018年11月04日

●読むだけじゃ分かってもらえないから「スリランカ旅行講座」開きます。

s-DSC03727.jpg

文章を読むだけじゃ伝わらないことがある。

写真を見ただけじゃ分からないことがある。



日常生活でも同じですよね。

メールの返信をもらったけれど、どんな気持ちで書いたのかわからず、マイナスに捉えてしまって凹んだり。。。最近も、そんなことありました。

でも実際に会って話せば、全然違ってたなんてこともよくある。


だから写真だけじゃなくて実際に旅行することも、体温を感じながら話をすることもとても大事。


私は文章を書くとき、できるだけ熱を込めたり、普段着を心掛けるようにしているけれど、それだけじゃきっと足りないんだよなあと、感じることが近ごろ多くなって・・・、というのも講座、公演の依頼を受けることが増えたからなんだけど、

そんなわけで12月と1月に、新宿で『スリランカ旅行講座』を開くことにしました。


12 6日(木)16:0017:30  

119日(土)13:3015:00

詳細はこちら「KJカルチャーサロン」をクリックし、下の方へスクロール。



スリランカのどこが魅力なの、ってあたりを自らも掘り下げつつ、皆さんに分かりやすいように、かつ旅行に役立つように話そうと思ってますので、ちょうどスリランカ旅行を考えていたのよね〜って人も、いつか行ってみたいのよね〜って人も、来てくださいね。


16年間48回のスリランカ経験を携えて、ご説明申し上げまする。


そういえば先日、世界最大の旅行ガイドブック「ロンリー・プラネット」が2019年に最も行くべき旅行先として、ナンバー1にスリランカを選んだことがニュースで流れました

やった〜!


KJカルチャーサロンでの「スリランカ旅行講座」も、今が聞き時!

☝をクリックのうえ、お申し込みよろしくお願いします


ちなみに冒頭の写真は、オイルランプの儀式。

スリランカでは何か新しいことを始める時、オイルランプに火をともす習慣があります。



では、いつも通りスリランカへ行きたい人、どこでアーユルヴェーダを受けたらいいかわからずに困っている人、現地で勉強したい人など、下記までご連絡を。


sayura@outlook.com    sachiyohappy100@gmail.com (ccしてね)まで

posted by 岩瀬幸代 at 22:08| Comment(0) | スリランカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月29日

●女性誌の取材でスリランカへ、そしてバワのホテルへ

DSC03571.jpg

おひさです。ブログを更新しない間、再びスリランカへ行ってました。
某女性誌の取材で、再び女優の松田美由紀さんとスリランカを旅行しました。

と言っても仕事なので、普段とは違う真面目モード?
いつもの笑いどおしの旅行ってわけにはいかないけれど、楽しかった。

取材した内容はあまり詳しいことは言えないけれど、実は前回の S 旅の内容とかなりかぶっています。
仏教遺跡の揃う内陸ばかりではなく、南西海岸をもっとみんなに知ってもらおうと思って。
12月頃発売予定です。詳しくは後日お知らせしますね。

取材が終わって皆さんを見送った後、一人で今後のための取材を続け、ホテルを転々としていましたが、初日に泊まったニゴンボのジェットウィング・ラグーンはとても素敵でした。

ジェフリー・バワが最初にデザインしたホテルです。 
最初のホテルにもかかわらず、バワの特徴が全部詰まったようなホテルです。

ラグーンと海に挟まれたロケーションにあり、100メートルもある大きなプールは、インフィニティ・プールへの発想のつながりを思わせます。
半屋外になっているシャワールームや、敷地内に池を配した水辺の設え、部屋の窓からも緑が見えて、自然との一体感を味わえます。
ラグーン側からは朝日が、海側には沈む夕日が見えるというのも素敵。

冒頭の写真は、海に落ちた夕陽の後、美しく染まった空をプールサイドから写したもの。
ほんと、スリランカの夕焼けって美しいことが多い。
そして夕日っていつも、しみじみ・・・・いろいろ思い出します

DSC03573.jpg

こちらは、「バワ・スイート」というお部屋の中。
めちゃめちゃ居心地よかった。


DSC03555.jpg

バワのホテルに泊まると感じるのは、テレビとか音楽とかつけると騒音にしか聞こえないってこと。
逆にコロンボに戻った途端、部屋で音楽流し続けてました。
都会には、騒音を消すものが必要なんだよ。
他にも、数点ラグーンの写真をのっけておきま〜す。

DSC03611.jpg

DSC03579.jpg

DSC03603.jpg

DSC03562.jpg

DSC03586.jpg

このホテル、できれば次のS 旅に使いたいと思っていたら、
最後に泊まりに行ったウエリガマの新しいアーユルヴェーダ・ホテルもよくて。。。悩むなあ。

先の話ですが、来年GWの頃には、またS旅やりますね。

で、もろもろスリランカの旅の話をするために、12月と1月に、スリランカ旅行講座みたいなのをやることにしました。
この際、いろいろ聞きたいという人、楽しみにしていてくださいね。
詳細は追ってお知らせします。

それと、時々考えるのですが、アーユルヴェーダのセラピストさんになりたい方、すでにセラピストではあるけれどプロからきちんとテクニックを教わりたい方、現地の医師からトリートメントに特化した講義をスリランカで受けたいと思いませんか?
そういう旅を作ろうかどうしようかと悩み中。

では、いつもどおりスリランカへ行きたい、アーユルヴェーダを受けたい、だけどどうしたらいいか分からないという方は、以下までご連絡ください。
sayura@outlook.com  と sachiyohappy100@gmail.com(tしてね)まで
posted by 岩瀬幸代 at 00:21| Comment(0) | スリランカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月07日

●強い志を持てば目的は必ず達成できる

s-DSC02966.jpg

季節は秋に向かっているのか夏に向かっているのか・・・時々混乱します。

冷房をつけたり、暖房をつけたり。

半そでを着たり、ジャケットを着たり。


毎日いろんなことがありますが、最近印象的だったのはやはりノーベル医学生理学賞を受賞した本庶佑教授の数々の言葉です。


研究する上で大切な6C

好奇心(Curiosity)、勇気(Courage)、挑戦(Challenge)、確信(Confidence)、集中(Concentrate)、継続(Continuation


そして座右の銘として紹介された

「有志竟成 ゆうしきょうせい」

強い志を持てば目的は必ず達成できる、という意味だそうです。


世の中には大勢の研究者がいて、毎日コツコツとこういう思いで研究を続けているのかと思いながら聞いていたけれど・・・これって、どんなことをやっていても通じることですよね。


そう、だから同じ思いで、私も自分の道を歩いていたい


目下、新しいことを始めようと思って前を向いているのですが、前進するにあたり思考が少々混乱しています。

どの進み方が最も自分にしっくりくるのか、と。

霧が晴れて道がはっきり見えたら「こんなことはじめます!」と書きますね。


冒頭の写真は、スリランカで昔使われていた手動式扇風機。

ガイドさんが持っているひもを下に繰り返し引くと、オレンジ色の布がパタパタします。

ハエや蚊よけにもよさそうです。

内容とは直接関係のない写真ですが、すべては古い何かの積み重ねが今を作っているということで。


ではいつも通りのご案内。

アーユルヴェーダを受けたい、スリランカへ行きたいけど、どこへ行ったらいいか分からない、行くのが不安、相談に乗って〜という方からのご注文は以下の連絡先で受けています。

sayura@outlook.com   sachiyohappy100@gmail.com (tしてね) まで。

3連休なんですね〜。楽しんで


ラベル:スリランカ
posted by 岩瀬幸代 at 00:13| Comment(0) | スリランカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月25日

●バーベリンの新ホテル、サンズ、なかなかいい感じ


s-IMG_20180905_144733.jpg

中秋の名月ですね。ちゅうしゅうのめいげつ
昔は星を見るために夜空を見上げたけれど、月を見上げることの方が断然多くなった。
スリランカの影響ですね。
もちろん、満月の日は休日ですからね。

今日は、NHKで東洋医学の特集やってましたね。
西洋医学と、東洋医学が融合して互いに補う統合医療を望む患者の立場として書いたのが『迷走患者』という私の作品ですが、少しずつそういう流れになってきているんでしょうね。

医師の中には西洋医療以外の物を認めようとしない人もまだ多いけれど、若い先生たちがこのバランスを変えて行ってくれるといいなあ、と思っています。

私は昔から風邪を引けば葛根湯というタイプだったけれど、西洋医療以外の治し方を強く意識するようになったのはスリランカのアーユルヴェーダを知ったことがきっかけです。
最初に行ったのはバーベリン・アーユルヴェーダ・リゾート。衝撃的でした。。。語ると長いので、『緑の島スリランカのアーユルヴェーダ』を読んでくださいね。

そのバーベリンに、前回のブログで書いたゴールへの旅行の後、行ってきました。
2年前の12月にも行ったけれど、あの時は96歳のヨガ先生をお連れするのが一番の目的だったので、一人で行ったのは本当に久しぶり。

オーナーは「最近はあまり来なくなったね」と言いつつも笑顔で迎えてくれたけれど、
「日本人が多すぎて、私にとっては来づらくなった」と本音をこぼした私です。

本当に、日本人のお客さんがたくさんいて驚きます。

そのバーベリン、新しくバーベリン・サンズというホテルをオープンしました。
昔、別のアーユルヴェーダ・ホテルとして使われていた場所を買い取って改装したのですが、かつてのホテルも知っているので、その頃に比べると今の方が清潔感もあっていい感じに仕上がっていましたよ。

お部屋はこんな感じ。

s-DSC03172.jpg

こちらはパブリックスペース。


s-DSC03174.jpg

これは毎日出されるお薬ですね。

s-DSC03188.jpg

サンズは、砂州に立っているので車でもアクセスできるのですが、ボートでアクセスすることもできて気持ちのいい眺めも楽しめます。
冒頭の写真、きれいでしょ。

s-DSC03184.jpg

きれいな夕日も。

s-DSC03197.jpg


あ、この夕日はバーベリン・リーフから撮ったものでした。
リーフも、昔よりトリートメントの種類が増えているし、今回診てくれた先生はなかなか良かったです。

普通アーユルヴェーダの先生は国立の病院からお誘いがかかると、そちらへ動くものだと思うのですが、お誘いがあっても先送りにしているようで、なぜかと聞けば

「ここには多くの患者さんが来て、”良くなった”と言ってもらえるから、この場所が好きなの。必要な薬もオイルもたくさんあって、思ったように治療ができる。あまり重たい病気の人は来ないから、医師として力を発揮しきれないというのはあるけれど、改善したと感じた人はまた来てくれる」

と話してくれたのが印象的でした。
なんというか、医者だなあと。

私も最近は、腰が痛いという母にアーユルヴェーダマッサージを施しています。
実はうまいんです(笑)

では、スリランカに行きたい〜、アーユルヴェーダが受けたい〜、勉強したい〜、でもどうすればいいか分からない〜という方、岩瀬への連絡はこちらまで
sayura@outliook.com   と sachiyohappy100@gmail.com(ccしてね)
posted by 岩瀬幸代 at 00:17| Comment(0) | アーユルヴェーダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月18日

●楽しかった夏休みのスリランカ、ゴールへのS旅

s-IMG_20180828_153409.jpg
一週間前に、帰ってま〜す
全然ブログを更新する時間がなかった・・・。
スリランカにいる間は想像以上に忙しくて。

今回はゴールを中心に南西海岸を楽しむ旅でしたが、冒頭の写真が1.5カ月ぐらい前にオープンしたホテル「ル・グラン」。
世界遺産を眺めつつ、プールで泳ぐという稀有な体験ができる場所です。

シェフが市場に同行した後直々に教えてくれる料理教室や、取れたての魚介を使ったシーフード料理、歩いて行けるゴール砦の中での散歩&お買い物、眺めのいいスパ、近隣でのリバークルーズなど、さまざまな楽しみ方をしました。

まずゴールってどんな場所?と言う方のために、砦の中をお見せすると、
砦は、まずこんな風に立っていて(無邪気に楽しむ日本人2人。私、写す人)

s-DSC02834.jpg


古い町並みが素敵で、

s-DSC02850.jpg


s-DSC02858.jpg

こんな感じの路地が多くて、

s-DSC02865.jpg

猫が似合う町。

s-DSC02864.jpg


古い郵便局からカードを出してみたり、

s-DSC02857.jpg

おしゃれなショップで買い物を楽しんだり、

s-DSC02875.jpg


s-DSC02879.jpg

海を見ながらよく冷えたライオン・ビール(私、ミントジュース)が飲める、

s-DSC02905.jpg


そんな場所です。昼に遊んで、いったんホテルに帰って休み、雰囲気を変えた夜のゴールに再び食事に出かけるという楽しみ方もグッドでした。
日本人のスリランカ旅行は、内陸の仏教遺跡巡りが中心になっているので、ゴール砦の中の旧市街はあまり楽しんでもらえていない気がします。
でも、女子にはとってもいいと思う。気付いてもらうのは、これからだね〜。


そして、こちら市場へ行ってから料理教室を楽しむ我々

s-DSC02744.jpg


s-DSC02792.jpg


リバークルーズでは、こんなきれいな鳥に会えて、野生の猿もいる

s-DSC03092.jpg


s-DSC03087.jpg

最後の食事をとったのが、リバーハウスというホテルなんですが、私、こことても好きなんです。
静かで、落ち着きます。鳥がたくさんいて、自然に囲まれていて。。。何度も来ているのですが、とても素敵なのにいい写真が今まで一枚も取れたことがないホテル

DSC03106 (2).JPG

というわけで、参加者極めて少なめの今回のS 旅でしたが、存分に楽しんだ夏休みでした。
毎日、美味しいものを食べ過ぎて…目下体重と中性脂肪の新記録更新中。明日の血液検査が怖い

後半の私、久々に占い師に会ったり、久々一人でバーベリン行ったり、一人になってからの話はまた今度。

では、スリランカへ行きた〜い。アーユルヴェーダを受けたい〜、勉強したい〜などなど、岩瀬への注文はこちらまで
sayura@outlook.com と sachiyohappy100@gmail.com (ccしてね)
posted by 岩瀬幸代 at 15:23| Comment(0) | S旅友倶楽部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月26日

●2013年のS旅を今、やり直すような気分

IMG_20180821_095240_resized_20180824_015828192.jpg

今年の夏はなんだかとても移動が多くて、つい数日前、広島・名古屋へ行っていたと思ったら今はクアラルンプールにいます 。

広島では いつか訪ねたいと思っていた原爆ドームへ行くことができました。
映像では伝わってこない、生きた風が体を通り抜けていくような感覚があり、具体的に当時のことを想像せずにはいられませんでした。。。行けてよかったです。

IMG_20180821_073232_resized_20180824_015828937.jpg

個人的には、終戦の時期になると 私が思い出すのは5年前に入院していた時のことです。

ちょうど終戦記念日の8月15日に入院し、その時のことは自著の『迷走患者』に書くために、何度も反芻したから、今もものすごく鮮明に覚えています 。

その年も私はS旅を企画していて10月に行くことになっていたのですが、 長期入院で行けなくなり、参加してくれた15人は、私なしのS旅を体験してもらうことになりました。

そのことはずっと気になっていたのですが、実は今回、25日からのS旅で少しそのお詫びできることになりました!

明日、25日から始まるS旅はなんと驚きの参加者1名。
その1名というのが2013年に参加してくれて、 病院までお見舞いに来てくれた女性の1人です。

私は彼女1人だけが参加してくれることに、何かとても意味を感じています。
だって2人じゃなくて1人なんですよ。だから今回は、思い切り2人で楽しんで こようと思います !

今は乗り換えの クアラルンプールの空港でライチ水を飲んでいるところです 。
生のライチが入ってると美味しい。世界のキッチンのソルティライチ好きの方、come come です!

IMG_20180824_183625_resized_20180826_063919144.jpg



↑というところまでは、24日に書き、忙しいやら眠いやらでアップできないまま、今は26日の朝、コロンボにいます。

今日からS 旅、本格始動です。楽しんできます!!!!
次のS旅は、もっとみんなに参加してもらいやすいように早く発表しますね。

では、スリランカを旅したい、アユルヴェーダを受けたい、勉強したいという人はこちらまでご連絡ください。

sayura@hotmail.com  と sachiyohappy100@gmail.com (ccしてね)
posted by 岩瀬幸代 at 10:33| Comment(0) | S旅友倶楽部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月11日

●今年もスリランカフェスティバルが終わり・・・

s-1533389904260.jpg
こんにちは。
先週末はスリランカ・フェスティバルでしたね。
会いに来てくださった方、本を買ってくださった方ありがとうございました。


自分では写真を撮らなかったのですが、下は、私がアドバイスさせていただいたグループ旅行から帰ってきたばかりの女性たちが、旅の報告に来てくれた際、撮って送ってくれたもの。
二日目だったので、若干疲れていますが、ガンバ!って気分になれますよね。

s-1010027.jpg

一年に一度、この時にだけお会いする方もいて、ご挨拶するいい機会にもなっています。
FBページの「スリランカ旅行倶楽部」にも書いたけれど、この場で年に一度お会いする人たちと週末の2日間を共にしていると、「スリランカ」という一つのテーマを軸に、一緒に歩んで行っているんだなあという、一体感をふと感じた今回のフェスティバルでした。
年数を重ねたからこそ、沸いてきた感情なのでしょう。

今年は、ステージで1日目にアーユルヴェーダのお話をし、2日目には自分の本『アユボワン!スリランカ ゆるり南の島国へ』と『迷走患者』の宣伝もしました。
というわけで冒頭の写真。

珍しく、サリーも着てますね。
スリランカとの付き合いは今年で、17年目、47回行っているのに、サリーを着たのはこれで三度目。
サリーにはキャンディアンスタイルという、スリランカならではの着方があるのですが、キャンディアンはスカート部分がひらひらしているため、太って見えるなあと思っていたら、みんなに痩せて見えるだの、似合うだのと意外にもほめてもらい、その気になって翌日も着たのでした。

どうも、くせになりそうで。。。次回行ったときにまた買ってこようっと。

次回と言えば、8月25日からのS 旅ですが、ご一緒してくださる方、今回極めて少ないのですがそれはそれでとても楽しみ。
まだ募集していますので、行ける方はご連絡くださいね。待ってます。詳細はこちらをクリック。

それと、スリランカ&南インドを特集した『serendip travel セレンディップ・トラベル』が発売になっています。
私も14ページにわたって担当。

s-serendip 表紙.jpg


ぶっちゃけ、雑誌のための取材はかけておらず、写真も内容も今までの蓄積の中から使ったものです。
だから、ずっと私が書いたものを読んでくれている方には、知っていることばかりかもしれません。。。
残念ながら、編集部からそういうご依頼だったもので。

でも、読み易いし、きれいなページになっていますよ〜。
ぜひ、開いてみて下さいね。

夏休み真っ盛りですね。
皆さんは、どちらへ?
私は、今日から二泊だけ、富山へ。
富山は両親の故郷なんです。お墓もあるし、近況報告がてらお墓に手を合わせてきます。

暑いので、どうぞご自愛くださいね。いつかまた、会えますように💛

岩瀬への連絡は、sayura@outlook.com と 
sachiyohappy100@gmail.com(CCしてね)

S旅に参加したい!スリランカでアーユルヴェーダ受けたい、勉強したい、スリランカ旅行を満喫したいという方からのご連絡、待ってます!
posted by 岩瀬幸代 at 12:47| Comment(0) | スリランカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月29日

●バリ島のアーユルヴェーダが知りたくて。そしてジェフリー・バワ好きにお勧めスリランカ旅行、絶賛募集中!!


s-DSC02537.jpg
バリ島から帰っています!
インドネシアのアーユルヴェーダのことが知りたくて、今回バリ島へ行きました。
知りたいこと、経験したいことはたくさんあって、11日間の旅行を終え、24日に帰国するとへとへと。


春に大学を卒業し、その後も授業だけ取っている関係で帰国早々試験があり、さらにへとへと。
やっと昨日はよく眠れて、そして今日は春のS 旅の同窓会で、みんなでスリランカ料理を食べに行きます!
自分の体力のなさに時々凹むけど、なんのなんの、まだまだ頑張っているじゃないか!


8月25日からのS 旅は、正直なところ今までにない不振ぶり。
4連泊はハードル高かったかなあ・・・。
しかし、ジェフリーバワに興味がある人には、とってもお勧めの内容になっています。
普段の生活に疲れちゃったよ〜と言う人にも、ぜひのんびりしに行って欲しいです!
だから、ぎりぎりまで待ってますので是非ご参加くださいませ。一緒に行きましょう。

ところでバリのアーユルヴェーダは、ジャムウという飲み薬が知られていますが、最もよく使われている材料が、ウコン(ターメリック)です。

s-DSC02476.jpg

ウコンの力って、体にいいことはよく知られていますが…
自分の体を実験台に、いろんなところで試したところ、私、飲み過ぎました。

s-DSC02375.jpg


生のウコンをジューサーにかけて「生は効きそう〜」とか何とか言いながら、毎朝飲んでいたのですが…
ウコンは、薬にもなるし、毒にもなる。。。そんな印象です。

帰国翌日、たまたま病院で血液検査をしたところ、結果を見た医師が、
「何か、変わったことやりました?」と。
「えっ?変わったこと?」
「肝臓の値が」
「肝臓?ああ…ジャムウ…、たぶんウコンです。インドネシアの伝統医療です!」

驚きますね、肝臓の値が一気に上がって正常範囲を超えてました。
ダメだってば、飲み過ぎだってば、適量を超えると毒になるんだよ〜と自分に突っ込み入れました。
しかし、適量ってどのぐらい?と思うし、こんなにも簡単に影響が出るウコンに驚かされもするのでした。


s-1532841169497.jpg



以下、ジャムウで肝臓を悪くして黄色くなった岩瀬です(笑・服が黄色いだけです)。
現実の三倍増しだね。さすが、プロのカメラマン撮影。

s-1532398814290.jpg

来週の週末は、代々木公園でスリランカフェスティバルです。
アーユルヴェーダホテル、カルナカララさんのブースで自分の本を売っている予定。
S旅のこと知りたい人もぜひ立ち寄ってくださいね。



S旅に参加したい、アーユルヴェーダを受けたい、スリランカに行きたい、という人からの連絡待っています。
連絡は sayura@outlook.com    と sachiyohappy100@gmail.com (ccしてね) まで
posted by 岩瀬幸代 at 16:36| Comment(0) | アーユルヴェーダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月16日

●バリ島でいろいろ考え中、もちろんS旅募集中

おめでとう1.jpg

バリ島に来ています。
S旅に関する問い合わせ・申込みは、もちろん継続中!!
航空券の取得で悩んでいる方が多い様子ですが、アドバイスしますので、なんなりと問い合わせてくださいね。

そして私、なんとバリ島に最後に来たのは32歳の頃で、すっかりこの島とご無沙汰してました。
若い頃、人生で初めて住んでみたいと思ったのがバリ島。
その後「ニューヨークで暮らしてみたい」に希望は変化し、それ以来来ることもなく時は流れ、そして今、町の変わりように目を丸くし、年月の重さを感じています。

あの頃から、何度も何度も誕生日を重ね、当時描いていた自分の将来像とは、全く違う自分がここにいます。

「書く」という芯になっているテーマは、ずっと同じだけれど、一人身の自分は想定外だったもので…。
だって、30代の初めに漠然と描いていた将来像は、二人の子供と夫がいる、普通な家族だったんですよー。

でも、その将来像が自分で描いたものではなく、自分の育ってきた家庭環境がそのまま自分の将来像になっていたのだと気づいたのは、ずいぶん後になってからのこと。
幸せに育ってきたから、そのまま将来像にすることができたわけですが、その殻を抜けてからやっと、本来の自分の道を歩き出したということになるのでしょう。


これでよかったと思うけれど、前者の道を歩んでいてもきっと、これでよかった、と言うにちがいないって思っています。
一生懸命自分で歩いていく中で、転んだり、躓いたり、時々弱音を吐いたりしながら少しずつ前進して、気が付いたら昔思っていたカタチとは違うことになっていたとしても、信じたことを一生懸命積み上げてきたという思いで振り返ることができるなら、きっとそれでいいのです。と、思いませんか?

おめでとう2.jpg


さっ、ではこれからもゴールまで歩き続けるために、もう少し私も頑張ってみます。
バリ島は乾季なのに雨続きで、きれいな写真が撮れず、、、代わりに、きれいな色の花びらに気持ちを込めて。
若者たちよ、素敵な人生を


では、S旅とほかにも、アーユルヴェーダ受けたいよ~スリランカいきたいよ〜のお問い合わせは
sayura@outlook.com と  sachiyohappy100@gmail.com (ccしてね)まで
続きを読む
posted by 岩瀬幸代 at 13:15| Comment(0) | 日記のような | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月12日

●8月末のS旅絶賛募集中!一緒にスリランカへ行こう!

s-DSCN7213 (2).jpg

すっかり真夏ですね。
夏休みのプランはお決まりですか?
「まだですよ〜」って言ってくださ〜い。

多くの方から「このS旅行きたい、行きたい。でも、もう用事が」というメールを頂戴し…。
あちゃ〜、やっぱりちょっと遅かったのねと、岩瀬は汗をかいていますーー;

でも、夏プランはこれから、という人もいるはず!

時々、「もうこの旅行は、催行することが決まったのでしょうか?」という質問をくださる方がいるのですが、旅行会社のように最低催行人員を決めているわけではないので、たとえ一人だとしても行きますよ〜。
だから、安心して申し込んでくださいね。

4泊同じところに泊まるのは、もしかしてハードルの高い旅の仕方かもしれないけれど、のんびりといい休暇になるはずです。

今回、最初に申し込んでくれたのは、2013年の幻のS 旅に参加してくれたD さんです。
2013年は、実は私のいないS旅だったんです。
遠くから見守って、影だけ参加していたような。。。

『迷走患者』を読んでくれた人には、理由は分かってもらえますね。
だから、今回一緒にのんびり過ごせるのはとても楽しみ。

あの年は、私にとってターニングポイントになった年だったのかもしれない、と最近そんなことを思い始めています。
いくつかの貴重な出会いがあり、不運なことも重なり、考え方も生き方も自然に変わっていった・・・。
そして、それはたぶん、とてもいいことだった・・・。

今年もすでに半分過ぎたけれど、よく分からない6か月間でした。
いろんなことが目下中途半端な状態です。
いろんなことと言っても、全部、仕事についてだけどね。
後半に向けて、何かが見えてきそうな……期待を持って進もうと思います。
いつか「やった〜!」と報告したいから。

では、S旅およびスリランカ&アーユルヴェーダな旅行についての連絡は
sayura@outlook.com
sachiyohappy100@gmail.com (ccしてね)まで。

S旅参加について、迷っていることがあったら、気兼ねなくお聞かせくださいね。
冒頭の写真は、コロンボのパラダイスロード・ザ・ギャラリー・カフェです。ここも行くよ〜。

posted by 岩瀬幸代 at 00:35| Comment(0) | S旅友倶楽部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする