2005年12月30日

●改めて御礼を。。。

 毎日寒くて、外に出るのが億劫になってしまいます。やらねばならないことはいろいろあるのに、なかなか進まない、この年末の妙な精神的忙しさに、自分の日本人らしさを感じます。
 26日で津波から一年がたちました。スリランカでは、津波が来た午前9時30分に2分間の黙祷が行われたようです。あれから一年、早いようなそうでもないような。ただ、心を癒してくれる時間の重みを感じます。スリランカをはじめまだ多くの被災者が平常の生活に戻れず、テントや仮設住宅での暮らしを強いられています。そういう人たちがいることを忘れてはいけないと思う一方で、忘れることもまた悪いことばかりではないと思っています。その方がずっと、スリランカに行ってみよう!という気になるでしょうから。
 私にとっては2005年は、意義深い年でした。去年の今頃、まさか自分が100人の方々とスリランカへご一緒することになるとは、もちろん考えてもいませんでした。津波が起きてから、二度の友情プログラムを終えて帰ってくるまでの自分の気持ちは、今でも心の中にたやすく呼び起こすことができます。
 何かをしたいのに、日本にいる自分にできることはお金を寄付することぐらいしかなく、そういう状況に身を置いているしかない自分の不甲斐なさ、何もできない悔しさ、自分にできることはないのかと考えながらパソコンで現地の情報を集め続けていたひたすらな時間。旅行会社に提案したときの、彼らの腰の引けた態度。そのときの落胆と憤り。それなら自分でなんとかする!と決めた後の強い思い。。。。『スリランカ応援友情プログラム』は、私にとってはさまざまな思いの詰まったプランでした。
 そして、すべては初めての経験でした。お会いしたこともない方々と旅行することも、添乗員のようなことをやらなければいけないのも、ボランティアめいたことをするのも、何もかもが初めてづくし。にもかかわらず、結果的にうまく成し遂げられたのは、参加してくれた皆さんのおかげだったと心から感謝しています。あの時、本当に多くの人から「ありがとう」という言葉をいただきました。いまだに、友情プログラムのメンバーにお会いすると、感謝の言葉を言ってくださいます。自分の人生の中でこれほどたくさん「ありがとう」と言われたことはありませんでした。でも、本当のところは、私のほうこそ「ありがとうございました」なのです。たくさんのいい経験をさせていただきました。そういう経験ができた私は、本当に恵まれていたと思っています。
 多くの出会いがありました。今でも私にとっては、友情プログラムに参加してくださった方々は、とても特別な存在です。一生変わらぬ思いでしょう。帰国後に何度かお会いした方、メールでのやり取りをさせていただいている方、お付き合いの仕方はさまざまですが、連絡が途絶えてしまった方々とも、どこかで、、せめて思い出の中でつながっていることができたら素敵だと思っています。
 皆さんにとって、来たるべき年が明るく幸せな年でありますように。そして、スリランカに恒久的な平和が訪れますように。2005年の年末のご挨拶でした。

posted by 岩瀬幸代 at 02:11| Comment(2) | TrackBack(0) | スリランカ応援友情プログラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月25日

友情プログラムが本の一部に

 寒い日が続いております。クリスマス、楽しく過ごしましたか?香港のクリスマスイルミネーションはとてもきれいでした。仕事とはいえなかなか楽しかったです。わーい(嬉しい顔)風邪はつらかったけどふらふら
 今日は、知人の出版記念パーティーにお邪魔しました。以前このブログで「スリランカ応援友情プログラム」のことについてインタビューされた、と書いたと思うのですが、その内容が本になりました。といっても友情プログラムのことは本の中のごく一部です。
 著者はIPSという通信社の特派員をしているスベンドリニ・カクチさん。日本に住むスリランカ女性です。昨年の津波が起きた後、どんなボランティア活動が行われたか、11の事例を集めた本で、その中の1つとして友情プログラムは最初に紹介されています。どうやってあのツアーが出来上がったのか、というようなことが書かれています。よろしければ、お買い求めくださいませ。
タイトル:『あなたにもできる災害ボランティア/津波被害の現場から
出版社:岩波ジュニア新書 
定価:840円+税
 
posted by 岩瀬幸代 at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | スリランカ応援友情プログラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月16日

岩瀬@香港で、お久しぶり

 最近、なかなかブログを書く機会がなく、すっかりご無沙汰していました。岩瀬はいま香港にいます。本当は、スリランカの大統領選が終わったら、スリランカに行きたいと思っていたけれど、どうも年内はいけそうにありません。
 ここには15日間の滞在で、23日には帰る予定。到着したときは暖かかったのに、いまは結構寒い。。。と言っても日本の比ではないけれど、なぜか香港の方々はとても冷房が好きみたいで、マフラーをしてセーターを着ながら、レストランに冷房がかかっているという矛盾を感じる場所が多く、冷房嫌いな岩瀬は風邪を引きました。前回プーケットへ行ったときにも、冷房の話を書いた気がする。。。どこへ行っても悩まされています。
 今日はなかなか面白いスパ・トリートメントを体験しました。風邪を引いたと言いつつ、そういうものを試す私はかなり頭が悪いとは思うけれど、、、1つは、塩水の中に足をつけてからだの毒素を排出するというもの。最初は透明だった水が、終わってみると茶色に変色。体内の汚れを目に見せられてぞっとしました。もうひとつは、ひどい肩こりをしている箇所にぼわっと火をつけて体を温め、血流をよくするという治療。それから卵エステといってかたゆでした卵の白身で体をマッサージする、というトリートメントもあって、なかなか面白いですが、卵エステでは金をふんだくられて、腹が立ちました。でも楽しんでおります。では、また。 
posted by 岩瀬幸代 at 22:41| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記のような | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする