2006年08月26日

●スリランカ・セミナー

 昨夜は久しぶりに寝やすい夜でしたね。目が覚めたらお昼を回っていたので、びっくり。疲れていたのだと、知らされました。

 スリランカの情勢は、ニュースを読んでいると相変わらず気が滅入るものが多いです。現大統領は、とても庶民派で、支持率が高いと聞いていますが、彼が去年の大統領選で敗れていたら、こんなことにはなっていなかったかも、、、と思ってしまいます。
 9月9日、「分離主義テロリズムに反対しましょう」というタイトルで、スリランカセミナーが行われるそうです。ゲストとして、ランジット・ウヤンゴダ駐日スリランカ大使、桜井新自民党参議院議員を招き、講師はスサンタ・ヘラス教授(G.R.ハーバーガービジネスカレッジ教授、米国セントクロード州大学教授)と、堀池尚哉アジアヴォックス代表取締役だそうです。私は、この日は奈良にいる予定なので、残念ながら出席できません。どなたか出席される方がいたら、どうぞ代わりに報告してくださいませ。
日時:9月9日 午後3時から午後7時まで
場所:早稲田大学学生会館・戸山キャンパス30号館 
   東京都新宿区戸山1-24-1
   Tel 03-32-3-6585
   東京メトロ東西線・早稲田駅下車徒歩3分
posted by 岩瀬幸代 at 14:05| Comment(2) | スリランカの状況(終戦前) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月19日

●何千人もが参加した平和行進

 今月に入ってから、シンガポール(7月に続き2度目)、上海と出張が続き、あまり日本にいませんでした。しばらく、飛行機には乗りたくないです。帰国後、不在中の出来事をネット上の新聞で読んでいると、目を覆いたくなる出来事ばかり。スリランカはいったいどうなっちゃうんでしょう……私にはまったく先が見通せません。海岸沿いの知り合いのホテルに電話をすると「北部および東部で起きていることだから」と言うし、確かにそうだとは思うけれど。。。
 昨日、sirasaTV(スリランカの民放局)を見ていたら、市民が反戦のための平和行進を行ったというニュースが出ていて、こういうみんなの熱い思いが、政府とLTTEに届かないものだろうかと、心を動かされました。何千人もの群集が行進している姿が画面に映し出され、もう内戦なんてこりごりだ!という気持ちが伝わってきて身震いがしました。行進の後、ヴィハーラ・マハデーウィ公園で大集会が行われたそうです。民衆の力が、平和を後押しすることを信じたいです。
posted by 岩瀬幸代 at 11:12| Comment(0) | スリランカの状況(終戦前) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする