2006年09月13日

●国内旅行てんこ盛り月間

 このところ、国内の出張続きで、あまり自宅のパソコンの前に座る時間がありませんでした。なんて…、時間があってもなかなかブログを更新できずにいる怠け者な性格です。すみません。

 国内旅行の一部をお話しすると、まずは山梨県の牧場で乗馬を体験しました。乗馬なんて生まれて初めて。動物はペットとして飼ったこともないし、子供の頃犬にかまれて以来、犬が怖くて触ることができない。一方、ネコは、住んでいた家のとなりがネコ屋敷で、母が魚屋で買ってきたアジや秋刀魚を、窓からひょいっとかっさらって行くという経験をしたために、これまた苦手意識がついてダメ。で、ほかの動物も、あまり触れなくなってしまった。そんな私が、乗馬。。。しかし、何しろ仕事ですから。はい、乗りました。馬に、私のビクビクがバレやしないかとはらはらしたけど大丈夫。よく手入れされた馬で、とてもラクに乗らせてもらいました。。。しかし、その馬を飼っている宿の奥さんの怖かったこと。もっと、笑って生活したほうが人生楽しいのに。。。この続きは、来月発売の雑誌に掲載されます。

 続いて奈良へ。東光寺というお寺で、山内宥厳さんという和尚が演じる1人芝居を見に行きました。写真を撮ってくる予定が、なぜか照明をやることに。なかなか面白い体験でした。芝居自体もとても心を打つ内容だったし、尺八(田嶋直士さん)とピアノ(堀江真美さん)の生演奏がストーリーを盛り上げ、1つの濃密な空間が出来上がった感じが、ありました。そこに含まれている心地よさが今も蘇ってきます。これは自主的な取材なので、いつかどこかに書ければと思います。

 さらに三重県へ。これは、「旅行に行って健康になる」ことをテーマにしたヘルスツーリズムの普及活動の一環、としてのお仕事です。

 いろんなことをやっているみたいだけれど、どの旅行も「癒し」や「健康」の関連です。アーユルヴェーダともスリランカとも直接は関係がないけれど、健康になるために旅に出てくれる人が増えれば、スリランカにアーユルヴェーダを受けに行く人も増えるでしょう。だから、私としてはまんざら無関係でもなかったりします。

 21日からは富山に行きます。アーユルヴェーダ学会の総会に出席してみようと思います。というわけで、今月は国内旅行てんこ盛り月間。

 11月にはスリランカに行きたいな〜。

 そうだ、書き忘れていたけれど、8月下旬、友情プログラム第一弾の参加者の方々と久しぶりにお会いしました。15〜6人が集まり、中目黒にあるスリランカ料理レストラン「セイロンイン」で、みんなでランチを食べ、お茶を飲み、お酒も飲むという、密着度の高い会合でした。久しぶりに会えて楽しかった〜。第二弾の人もよかったら企画してくださ〜い。
posted by 岩瀬幸代 at 13:13| Comment(0) | 日記のような | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする