2006年10月28日

●行ってきます

 わ〜い、わ〜い、今日からスリランカです。やりかけの仕事のことは忘れて、珍道中を楽しんできます。前半は内陸部へ観光、後半は沿岸部でのんびり、というスケジュールです。帰国したら報告します。
posted by 岩瀬幸代 at 04:27| Comment(0) | 日記のような | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月26日

●ベラルーシに行ってました

 フェスティバルが終わった後、ばたばたと仕事を片し、2日後の18日からはベラルーシに行って、昨日帰って来ました。旧ソ連の一部だった国です。
 いや〜寒かった。すっかり鼻詰まりが戻ってきました。毎日羽毛のジャケットを着て、ホカロンを腰にペタリ。
 それにしても、ベラルーシってどんな国???ってほとんどの人が思うと思うけど、まあ、チェルノブイリの事故があった国、といえば少しは親近感がわく?それとも、テニスのシャラポワ選手の両親はベラルーシの出身と言ったほうがいい?で、どんな国かって、ううう、、、とても静かな国でした。車の渋滞も、人ごみもなく、ごみも落ちてなくて、騒音もない。
 最も印象的だったのは、マルク・シャガールが幼少期を過ごしたという家が残っていたことでしょうか。。。彼は、もともとはフランス人ではなく、ベラルーシ人なんだそうです。ほかには世界遺産もあるけど、たとえばスリランカのシーギリアロックみたいに「うわ〜」と思わせてくれるものではなかった。たまたま修復の工事中だったってこともあるけど。。それから第二次世界大戦中ナチスに焼かれた町に作った、記念の墓地、これはインパクトがあったけど、くら〜い気分になりました。まるで、初冬の空のようにどんより。ほかに記憶に残ったのは、白樺林。毎日の肉料理とポテト。。。でも、帰国して、そんなことをしみじみ思い出してみると、それはそれで、いいじゃないかという気がします。観光客を呼ぶには、物足りないけど、観光客に媚びれば媚びるほど、町の特徴はうせていくから。

 28日からは、スリランカです〜。


posted by 岩瀬幸代 at 05:28| Comment(0) | 日記のような | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

●スリランカフェスティバルで

 お礼が遅くなりました。
 先日のスリランカフェスティバルの時に会いに来てくださった方、本を買ってくださった方、本当にどうもありがとうございました。両日とも晴天に恵まれたこともあり、用意していた本は、予定より早く完売し、実は日曜日は3時頃に開場を失礼してしまいました。もし、その後に会いに来てくださった方がいたらごめんなさい。
 完売したと言っても実は今年は、本そのものをあまり用意しませんでした。ある程度の知り合い需要があった去年と違い、今年はあんまり売れないかも。。。という気持ちがあったのですが、販売していて感じたのは、アーユルヴェーダのマーケットが少しずつ拡大していることでした。うれしいなあ。
 私の本をすでに読んだ、という方にもずいぶんたくさんお会いできました。それもうれしかったことの1つ。じかに感想を聞くことができたのは、これからの励みになりました。
 ありがとうございました。
posted by 岩瀬幸代 at 04:52| Comment(0) | 日記のような | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月04日

●go to スリランカwith母&叔母

 今月末スリランカに行こうかと目下計画中。いつもはぎりぎりにチケットを買っていくのだが、今回は独りではない。母と叔母を連れて行くことにしたのだ。たまには、親孝行しないとね。だからぎりぎりというわけにもいかず、すでに航空便を押さえてある。中味を今、検討しているところ。
 母を海外旅行に連れて行くと約束してから、もう10年位たっている。最初は「海外なんて」と腰が重かった母だが、徐々に行ってみようという気持ちになり、その頃はヨーロッパを考えていた。で、だいたいの行程も決めたものの、いざ「じゃあ、○月○日出発でいいね」と確認したら、「大事なことを忘れていた。。。法事が」と母。で、なんとなく行きそびれた。その後は、なかなかスケジュールが合わなかった。彼女は私より忙しい。。。
 年月がたつうち、母は「ヨーロッパまで行く自信がない」と言い出した。海外旅行は、20年近く前にグアムに行ったきり。つまり、初めてと同じである。じゃあ無理せず、近場に手軽に行くことにしようということになった。決めたのが上海。
 上海にはまだ行ったことのなかった私は、自分でアレンジせずに旅行会社のツアーに申し込んだ。「あなたが普段泊まるような安ホテルはやめてね」と私の貧乏旅行を知っている母からのリクエストで、珍しく最高級クラスのホテルを選んだ。そして出発の3〜4日前に、とんでもないニュースが届いた。「日本人が泊まる最高級クラスのホテルでテロが起きる可能性がある。。。」。。。ようやく行けることになったのだから、行っちゃおうかとも思ったが、母はすっかり行く気をなくして、さっさとスーツケースにつめた荷物を片し始めた。「私は、よほど海外に縁がないらしい」とボソリ。
 もちろん上海でテロは起きなかった。そして、スリランカに行こうという気になったのは、私の本を読んでからだ。もともと夏が気候的に苦手なこともあって、あまり行ってみたいとは思わなかったらしいのだが、自分の娘がそこまで好きになった場所をやっぱり一度は見ておかなくちゃと思ったのだろう。
 スリランカの北部および東部で起きているドンパチを、母も知らないわけじゃない。4月頃新聞で報じられたのを読んだときは「また行けないかもしれないの?」と肩を落とした。「じゃあ、香港でも行けばいいじゃん」と忙しかったのでテキトーに返事(すみません)をすると「そんなに簡単に諦めさせないで」と憤慨していた。今回は、彼女の意志は固かった。心配していたら、どこにも行けない、と思ったのだろう。
 というわけで、話が長くなったが、今回こそ行くつもりである。母は少しずつ用意を始めている。エコノミー症候群にならないように、血流がよくなる靴下を買ってきたり、下駄箱の奥からビーサンを引っ張り出したり。。。叔母からも今朝、電話があり持ち物のアドバイスをした。行く前も、旅を楽しんで欲しい。
posted by 岩瀬幸代 at 12:09| Comment(0) | 日記のような | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

●ピーストーク再開

 あまり嬉しくないニュースが続いているスリランカだが、昨夜入ってきたニュースは、久々に光明が見えた感じだった。今月末か来月頭にノルウエイで、政府とLTTEの和平に向けた話し合いが行われることになりそうだ。前進して〜。
posted by 岩瀬幸代 at 11:51| Comment(0) | スリランカの状況(終戦前) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月02日

●二週間後はスリランカフェスティバル

 例によって、おひさしぶりです。どんな週末を過ごされましたか?私はボーっと過ごしてしまい、反省しているところです。いかん!やることやらねば!
 さて2週間後の週末。。。ということは10月14日(土)と15日(日)は、スリランカフェスティバルが、東京都渋谷区の代々木公園で行われます。今年で3回目。昨年も同じ場所で、この時期に行われたので、なんとなくスリランカな週末を過ごした人もいると思います。はい、今年もそのスリランカ・フェスティバルが行われます。スリランカ料理のレストランが出展するので、もちろんスリランカ料理、食べられます〜。アーユルヴェーダ関連の企業も出展するし、雑貨のお店もあるので、買い物も楽しめます〜。メインステージではスリランカの伝統的なダンスが見られます〜。
 昨年は、スリランカ航空さんのブースの一部を借りて、私も『緑の島スリランカのアーユルヴェーダ』を販売させてもらいました。バーベリンホテルからの協力ももらって、無料宿泊券プレゼントもあり、おかげさまで盛況でした。また同じものを売るのも芸がない、と思って今年は単なる客としてフェスティバルを楽しもうかとも思ったのですが、、、よっしゃ、今年もスリランカ航空さんのブースの一角で本を売る予定です。遊びに来てくださ〜い。事前に、来ることが分かっている方はメールをくだされば、その時間には必ずいるようにします。連絡はsachiyoiwase@hotmail.com 
posted by 岩瀬幸代 at 01:20| Comment(0) | 日記のような | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする