2008年12月25日

●季節のご挨拶

 メリークリスマス。ご無沙汰しておりました。具合を悪くしたという報告をして以来、ストップしてしまったブログを読んで、ご心配を下さった方、すみません。岩瀬は、なんとか回復して元通り暮らしています。
 実は最後まで理由のわからない、実に奇妙な病気でした。足が急に痛くなり、一時期は、座ることも寝ていることもつらくて、何もできなかったのに、今は遅いですが走れます。遅いのは単なる運動不足ですね。ただ寒いのだけが恐怖です。
 今年は例年以上に、スリランカに行くことが多く、個人的にいろいろと考えさせられた一年でした。多くの人が、まもなく内戦が終わることを期待しています。確かにニュースを読んでいると、終わるかも、という気がしてきます。終わらせるために、私たちの見えないところで、どれだけの人が犠牲になっているのだろうかと心が痛みますが、無益な戦争を続けるよりはまし、ということになるのでしょう。来年は明るい年になって欲しいものです。
 スリランカ以外のことでは、亡くなった人が多かった年という印象です。私が、素敵だなあと思っていた人が多く逝ってしまったという意味です。筑紫哲也さんとか、緒方拳さんとかね。そういえば、お金もなくなりましたね、額面上。少ない貯金の一部を投資信託に当てていましたが、みごと半分以下に。。戻ってくるんでしょうか?
 一年がたつのはあっという間なのに、今年一月のことを考えると、遠い昔の出来事のような気がします。熊野古道を40キロ歩く、という仕事で一年が始まりました。その後なれないトークショーをやってどっと疲れ、スリランカからはジャーナリスト賞などいただいて、4月のお正月には島根県の海士町のイベントに参加、フリーライターのほかにJTBヘルスツーリズム研究所をお手伝いし、そして病気をして改めて規則正しい生活を送る大切さを痛感しました。来年は、本来のフリーランスライターの仕事を、もうひとがんばりしようと思っています。
 今年一年お世話になった皆様ありがとうございました。来年も引き続きよろしくお願いします。どうぞよい年をお迎えください。
posted by 岩瀬幸代 at 14:52| Comment(0) | 日記のような | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする