2009年09月15日

●スリランカフェスティバル無事終了

週末のスリランカフェスティバル、いろんな方に会えて楽しかったです。土曜日は雨で、来場した人の数は2日目ほどではなかったけれど、その代わりブースに来てくれた人たちとゆっくり話すことができました。本を買ってもらったときも嬉しいけれど、私の本を読んでスリランカへ行き、また行きたいと言ってくれる人に会えるのは、別の喜びがあります。話しているとスリランカへの思いを共有できるのも楽しい。
 こうして毎年出ていると、スリランカに関係した仕事やボランティア活動をされている人と顔馴染みになり、だんだんつながりが深くなっていくのも面白い。今年は内戦が終わり、これから旅行者も増えていくことでしょう。来年のフェスティバルは、もっと盛り上がりそうな予感。
 本を買ってくださった方、ブースに遊びに来てくれた方、ありがとうございました。
posted by 岩瀬幸代 at 00:00| Comment(3) | 日記のような | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月07日

●不景気に巻き込まれた二冊目の本

 残念なお知らせです。本当は今回のスリランカフェスティバルでは、新刊を販売する予定にしていたのですが……不景気に巻き込まれました。
 2年がかりで書いた原稿、どないすんねん!
 つまりですね、5月始めには書き上がっていたのに、そして今頃は書店に並んでいる予定だったのに、出版を予定していた会社の経営不振により、突然出版が差し止めとなった…ありえない…信じられない……でも、そういうことになってしまったのです。私の本だけではなくて、はっきり売れることが分かっている参考書以外の出版は、しばらく見合わせることになったそうです。こういうこともあるんですね。
 なんとかして、別の出版社を探そうと思っています。「次の本を楽しみにしています」と今まで何人もの方からありがたいお言葉をちょうだいし、それを励みに書き続けていました。愛情をこめて書いたスリランカの本が、いつか皆さんにお届けできる日が来ますように。もし、出版関係の方でこのブログをご覧になり、興味を持ってくださる方がいたら、ぜひご一報くださいませ。よろしくお願いします。
posted by 岩瀬幸代 at 23:08| Comment(0) | 日記のような | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

●今度の週末はスリランカフェスティバル

 今年もスリランカフェスティバルの季節がやってきました。今度の週末、12日(土)と13日(日)に、代々木公園で開かれます。美味しいカレーが食べられますよ〜。もちろんアーユルヴェーダのグッズも買えるし、簡単な体験コーナーもあり。占いの先生も来るので、興味のある人は、ご自分の生まれた時間と場所を調べて(母子手帳参照)占ってもらうといいかもしれません。
 私も行きますよ〜。昨年は、残念ながら参加できなかったけれど、今年は2日間とも参加します。ステージでアーユルヴェーダやスリランカの魅力についてちょっと話すことにもなっています。大半は、スリランカ大使館のブースにいると思います。例年、スリランカ航空さんのブースをお借りしていましたが、今年は大使館のブースです。間違えずに来てくださいね。そして今年も本を携えて行きますので、よかったら買って下さいね。といってもね、スリフェスに行くと「もう読みました」といってくださる方が多くて…。ありがたいことです。
 とにかく、本は買わなくても、会いに来てくださ〜い。スリランカやアーユルヴェーダに関する質問にもお答えします。
posted by 岩瀬幸代 at 22:40| Comment(0) | 日記のような | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

●『シンプル族の反乱』に書きました

 短かい夏でした。朝晩はすっかり秋ですね。毎年のことながら、やっぱり夏から秋への季節の変わり目は、好きですね。あ〜日本人に生まれてよかった、とこんなときは感じます。
 いくつか報告があります。まず「スリランカ応援友情プログラム』実施の際にお世話になった三浦展さんの新刊『シンプル族の反乱』(KKベストセラーズ刊)に、友情プログラムの話を書きました。P178から数ページ書いています。もしよかったら読んでみてください。
 この本の帯には勝間和代氏推薦!と書いてあるのですが、その勝間和代さんは、先日スリランカへ視察に行っていらしたようですね。たまたま原稿を寄せた本を推薦している、今をときめく人がスリランカへ行っていることに、妙な縁を勝手に感じたのでした。彼女のスリランカ訪問は、本の印税の20%をスリランカのNPOに寄付するボランティア活動を行っているため、支援している地域を直接見に行ったようです。
 内戦が終わって、海外の資産家たちは投資先としてスリランカに熱い期待を寄せているようです。きっといろんなことが変わっていくのでしょう。
 それから、今出ている『セラピスト』という雑誌には、スリランカのアーユルヴェーダについて書いています。よかったら、こちらも読んでみて下さい。
posted by 岩瀬幸代 at 22:27| Comment(0) | 日記のような | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする