2009年11月27日

●ウォーキングをしませんか?

 このあいだのブログで、佐久のパンフレットをアップしますので、興味のある方は、と書いたけれど、なんだかうまくアップできず・・・要はポールウォーキング(ノルディックウォーキングのようなもの)でさくさくと散歩を楽しみながらサクマ製菓に行ったり、お寺に行ったり、眺めのいいところを歩いたりという内容のツアーです。東京から新幹線利用です。全食事付き。9800円。
 あまり時間ありませんがご興味のある方は連絡ください。ちなみに、写真はこのあいだ食べた大根。佐久の大根ってこんなに青い。甘くてほんのり辛くて美味しい大根でした。りんごもたくさん育ってたよ〜。
佐久大根
posted by 岩瀬幸代 at 00:23| Comment(0) | ヘルスツーリズム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月24日

●避難民解放でほっ。

 2〜3日前、少しほっとするニュースを読みました。

 スリランカ政府は21日、内戦が生んだ数十万人の国内避難民に対し、移動制限を12月1日以降解除し、来年1月末までにすべての国内避難民の再定住を完了させると発表したそうです。

 難民キャンプに収容されたタミル人の中にLTTEの残党が潜んでいる可能性があるとして、内戦終結から半年たっても避難民の移動を制限していたのでした。

 滞りなく、制限が解かれることを、そしてさらなる平和がやってくることを望みます。晴れ
posted by 岩瀬幸代 at 00:37| Comment(0) | スリランカの状況(終戦前) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月21日

●長寿の町、佐久へ

3連休、いかがお過ごしでしょう。木・金曜と長野県佐久市へ行っていました。スリランカ・アーユルヴェーダ、に次ぎ私がもう1つこだわっているのがヘルスツーリズム(旅行をして元気になろう!)という分野。日本には、ヘルスツーリズムを推進していこうとする地域が何箇所かありますが、長寿の町として知られる佐久市も、健康をテーマにプロモーションしようとしています。
 今回に続き、12月1日、2日にもモニターツアーを実施します。参加費は9800円。東京駅からの交通費と初谷温泉での宿泊、食事、ウォーキングを中心とする運動療法、なぜか佐久市の企業訪問も含まれているという内容です。よろしければご参加ください。近いうちにパンフレットをアップします。
posted by 岩瀬幸代 at 11:16| Comment(0) | ヘルスツーリズム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月14日

●危険情報引き下げ

 外務省の渡航情報は、海外旅行をする前にチェックしておきたい項目ですよね。スリランカの内戦が続いている間は、私も時々見ていたのですが、終わって以来安心してしまい、あまりチェックしていませんでした。でも、今まで一度もスリランカへいったことがない人にとっては気になるはず。

 「外務省の発信する渡航情報において、11月11日付でスリランカの危険情報が引き下げられたため、北部を除き、安心してスリランカのほぼ全域を旅行していただけます」という案内が現地のスリランカ政府観光局より届きました。
 
 というわけで、いってらっしゃい〜飛行機
posted by 岩瀬幸代 at 14:05| Comment(0) | スリランカの状況(終戦前) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

●サルガドの「アフリカ」展

12日に自由が丘で行われたスリランカのイベントにはどのぐらいの方が参加されたのでしょう? 私は行けたら行くなどといっておきながら、つまらない事情により、参加を断念しました。

 忙しいってわけじゃないんです。それどころかむしろ、スリランカに行かなかったためにすっぽり時間が空いてしまい、プライベート・・・つまり遊びわーい(嬉しい顔)の時間が充実しています。

 ゆる〜い感じの同窓会で10数人の友達とバーベキュービールをしたり、観劇、映画、写真展……、あれれ、もうちょっと働かないとまずいんじゃないの?と思うけれど、こんなときもあってよし、ということにしています。あせっても、しょうがないから。

 月並みですが、感動したのはマイケル・ジャクソンの「This is it」。本物のすごさを改めて感じ、蓄積することの重み、こだわることの大切さ、極めることの素晴らしさを教わった気がします。

 写真展では、セバスチャン・サルガドの「アフリカ」展。サルガドの写真は、16〜7年前、アメリカのフィラデルフィア美術館で偶然見た「Workers」での衝撃があまりにも強く、以来忘れられない存在です。写真の持つ力強さをあれほど感じたことはないし、彼の写真を見ていると、その風景の中に自分が存在した場合の悲しみや、かすかな喜びや、恐怖を感じて、身震いするときがあります。恵比寿ガーデンプレイスの東京都写真美術館で12月13日まで展示しています。興味がある方はぜひ。
posted by 岩瀬幸代 at 13:41| Comment(0) | 日記のような | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月05日

●ニゴンボ・ビーチフェスティバル

12月の11〜13日までニゴンボ・ビーチでフェスティバルのようなもの(?)が開催されると現地の観光局からお知らせが届きました。
 
 ニゴンボは、空港から最も近いビーチリゾートリゾート。到着時や帰国時に、1泊するような利用の仕方をする人が多く、私ものんびりと滞在したことはないのですが、さまざまなマリンスポーツが楽しめる場所です。フェスティバル期間中は、ビーチ・パーティーやストリート・パレードも行われる模様……はっきりしない情報ですみませんが、行かれる方がいたら楽しんできてください。

 ちなみに、ニゴンボにはアーユルヴェーダパビリオンという、アーユルヴェーダを専門に行うホテルもあります。ビジュアル的に、きれいなホテルです。6年以上前にシロダーラを受けたことがあるけれど、それっきり。今度機会を見て、チェックしなければ。
posted by 岩瀬幸代 at 18:24| Comment(0) | アーユルヴェーダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月03日

●満月の日は

 今日は、とてもきれいな満月が見えました。
 
 スリランカを好きになってから変わったことの1つは、月をよく見るようになったことです。たまたま見上げた夜空に満月が浮かんでいたりすると、自然に笑顔になります。満月

 スリランカの満月の日は、ポヤデイといって毎月祝日です。この日はお酒を飲んだり、大騒ぎしないで、お寺に行くのが最良とされています……と書きながら、6月の満月の翌朝に、コロンボの某ホテルのフロントでけんかをしたことを思い出しました。
 
 満月の日、各部屋には「今日は満月なので静かに過ごしましょう」というようなことが書かれた紙が、掃除の後に置かれていたのです。しかしその夜、ホテル内のバーは朝方5時までパーティーのどんちゃん騒ぎ。ビートの効いた音楽が、私のベッドにじりじり響き、たまらず電話でクレームをしてもボリュームを下げてもらえず、眠れず……、朝起きてマネージャーにクレームを言ったら「部屋を変えてもらわないあなたがいけない」といわれ、はい、切れました。ちっ(怒った顔)

 もっと、穏やかにね犬
posted by 岩瀬幸代 at 20:23| Comment(0) | スリランカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月01日

●スリランカに教えられた”待つ”


うし
 家の牛です。
 すみません、冗談です。スリランカで出会った牛で、気に入っているので今年はじめの年賀状に使いました。そんな今年ももう11月。ぼやぼやしていたらあっという間にあと2ヶ月。はあ〜、思わずため息です。

 木曜日にはスリランカに向けて旅立っているはずが。。。結局まだ日本。自分の都合だけで決められないのがつらい。ふむ、いつ行けるんでしょうか?前の私だったら、この状況にもっとイラついていたと思うのですが、少し気長に物事を待てるようになりました。これって、スリランカを好きになった後、私にじょじょに起きた変化です。だってやっぱり、日本とはペースが違いますから。今までで一番時間がかかったのは、送ったメールの返事に一年かかったこと。パソコンが壊れたらしいけど…。

 イライラしそうなことについてはあまり深く考えない。早く、という期待もしない。イライラの原因になりそうなことはできるだけ避ける。

のんびりやります、牛みたいに。
posted by 岩瀬幸代 at 20:55| Comment(0) | スリランカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする