2011年06月28日

●キャラニア寺院で祈りの会

今日は暑いですね。日本の暑さって、ほんと辛い。

2週間ぐらい前に日本に戻ってきたけれど、震災後、行ったり来たりを繰り返していたので、記憶がぐしゃぐしゃになってきています。今が何月何日かとか、ものすごく混乱すること多い・・・

さて、報告が少し遅れましたが、震災から3ヶ月経った6月11日、スリランカのキャラニア寺院で東日本大震災で被災された方を悼み、一日も早い復興を願う祈りの会が開かれました。お坊さんたちが気持ちを合わせて読経する声が、境内に美しく響き渡り、日本の皆さんにも届きますようにと一緒にお祈りをしました。

s-2011_0609postcrea0136.jpgs-2011_0609postcrea0149.jpg

s-2011_0609postcrea0138.jpgs-2011_0609postcrea0174.jpg

この会が行われたキャラニア寺院は、コロンボから車で30〜40分離れたところにあります。以前一度訪れて、いい印象を受けたお寺だったので、もう一度行ってみたいと思っていたため、祈りの会が終わってからも、しばらくそこにとどまり、何度も何度もお参りをして回りました。

スリランカの伝承によれば、ブッダは生前3回、スリランカを訪れたといわれており、キャラニア寺院はその折に訪ねたお寺と信じられています。

不思議だったのは仏舎利が祀られている場所で手を合わせていると、体が引っ張られて、戻そうと思っても強く引っ張られて、すごい力を感じたことです。このあとお寺の責任者の方と話すことができたので、すごいパワーがあると話したら、以前インドからユニバーサルなスピリチュアルを研究している人たちが来たとき、インドのブッダがヤ(ブッダが悟りを開いた場所)と、キャンディーの仏歯寺、そしてこのキャラニア寺院には、強いスピリチュアルパワーが潜んでいると話していたそうです。

私は、スピリチュアルな人ってわけじゃないんだけど、たまたま何かを感じたのでした。

スリランカへ行く機会があったらぜひ、訪ねてみてください。

s-2011_0609postcrea0200.jpg

s-2011_0609postcrea0223.jpg

s-2011_0609postcrea0229.jpg

s-2011_0609postcrea0232.jpg
posted by 岩瀬幸代 at 12:50| Comment(2) | TrackBack(0) | スリランカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月06日

●おかげさまで受賞しました

なんと2ヶ月もブログをご無沙汰してしまったんですね。その間に開いてくれた人、ごめんなさい。

書かなかった間も本当は、伝えたいと思うこと、伝えなくちゃいけないと思うこと、いろいろあったんだけど、どうしてもブログを書く気になれず…。

今もスリランカにいます。震災直後にこちらに来たのは、地球の歩き方の改訂版のためでした。これ、もうじき発売になりますね。よかったら、旅のお供に一冊どうぞ。このところのスリランカのホテルの値上がりはすごくて、改訂版を手伝いながら、驚かされました。改装をしているホテルも多く、さあ!今がチャンスと意気込んでいるのが分かります。あっという間にまた値段が変わりそうで、ちゃんとサービスはついていっているのだろうかと、ちょっと心配。

その後こちらに来たのは、旅友倶楽部のためでした。時期が時期だったため、キャンセルが相次ぎましたが、おかげさまで、8人の参加者と女子旅を楽しみました。前回にも増して濃い内容で・・・。本当に楽しい旅になりました。

めちゃめちゃはしょってすみません。

そして今回は、5月中旬から某雑誌の取材でこちらに来ました。発売は9月なので、詳しくは掲載が近づいたらまたお知らせしますが、美しい写真とともに、スリランカの魅力をお伝えできると思います。カメラマンを見送り、私はそのまま、個人的な取材のためにこちらにとどまっていたのですが、急に、スリランカ観光局から賞をいただけることになり、急いでサリーを買い、それに合わせたアクセサリーやバッグや靴を揃えていたら、あれよあれよという間に一週間が経過・・・。そして、授賞式が27日に行われました。

今まで、自分の写真はあまりアップしてこなかったのですが、せっかく揃えたサリーなので、みんなにも見てもらえればと思い・・・じゃ〜ん!どう?どう?

会場の様子





受賞!






記念撮影





全員で



授賞式の際の舞台の様子、まさに私が賞をもらっているところ!そしてほかにも賞をもらった人たちとの合同写真、です。ちなみに私がいただいた賞は「(スリランカのプロモーションのために目覚しい活躍をした外国人記者に贈られる)外国人ジャーナリスト賞」。ほかの受賞者は、こちらのホテルや旅行会社などです。受賞者が出ると、うお〜っと応援者の歓声が上がるのに、何しろ私、一人で活動しているので、歓声があまりないのが寂しかったけど、舞台を降りた後、初めてお会いする多くの方からお祝いやお礼の言葉をもらえてうれしかったです。

皆さまのおかげです。ありがとうございました ぴかぴか(新しい)
posted by 岩瀬幸代 at 01:47| Comment(24) | TrackBack(0) | 日記のような | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする