2012年07月27日

●キャンディ・ペラヘラの思い出

s-キャンディ・ペラヘラ.jpg

  
スリランカ最大のお祭り、キャンディー・エサラ・ペラヘラ。ブッダの犬歯が、日ごろ祀られている仏歯寺を出て、年に一度、今の時期だけ、着飾った象の背に乗せられ、寺の周囲を回ります。合わせてさまざまなダンスや曲芸が披露され、これが行列になって進み、見学者を23時間にわたって楽しませてくれるお祭りです。
 

 
目下開催中ですね。今年は最終日が81日。行列が日に日に豪華さを増していくのに合わせ、開催地、キャンディーの町も賑やかさを増していることでしょう。 私も何度か見ました。ペラヘラ祭については「スリランカで、ほっ。」に詳しく書いたので、読んでもらえるとうれしいです。

 
 去年はちょうど、家族旅行の最中に行われていて、せっかくだから行こう!となりました。不安だったのが、甥っ子をはじめとする小学生3人組。結構いい席が取れたので、おとなしく見てくれるかもしれない…と期待した私は甘過ぎました。なんとも、こらえ性のないやつらで、つまらないだの、飽きただの、暑いだの、よく見えないだのと、うるさいったらありゃしない。 

 
こっちもそんな彼らに我慢するほどのこらえ性もなく、なんと大切な仏歯がやって来るまでもう少しというときになって席を立つという、大英断?をくだすことになったのです。小さいころから仏陀の教えを聞いて育つスリランカの子供たちなら、きっと少しは我慢もするでしょう。しかし、仏陀の犬歯って何よ?! と無言で強力に訴えてくる日本人小学生3人組に、こらえろというのは限界があり…。

 
 s-疲れた.jpgしかしですよ、あなた。我慢できないからといって立ち上がったのはいいけど、どこに行けっていうんですか? 行く場所なんかないん
です!

 町はこの象の行列のために四方が交通規制され、行列の通り道になっている場所は横断することもできない。となると、止めてあるバスは動けず、こちらからそこまで行こうにも道を横断できず・・・まさに立ち往生。

 こんなことになることは半ば分かっていたけれど、後悔しても、もう遅い。会場に戻ることもできず、店のシャッターが下りた暗いキャンディーの町で、立っている元気もなく、へたへたとしゃがみこみました。(笑:こんな写真を載せたことは母には内緒です)

 
 ところが子供たちはといえば、こちらの疲労とは反対に、文句も言わず、元気。お祭りの警備のためにいろんな町から借り出された警官と意気投合したというのかなんというのか。一緒にDSをやって楽しんでいるじゃあないですか……。(ペラヘラでは見られなかった生き生きとした笑顔の写真参照) 

 s-元気!.jpg
私は、彼らの喜びそうなところをずいぶん一生懸命、この家族旅行の企画に入れたのです。動物たちを見に行くサファリ、海岸で亀を見たり、泳いだり、水牛に乗って地元の人たちと触れ合う機会を設けたり……。しかしですよ、帰国して一ヵ月、甥っ子に聞きました「ねえ、何が一番思い出に残った?」「警官といっしょにDSやったこと!」……そこかい!! 

 
あまり知られていないことですが、スリランカは家族で行くのにも、とても楽しい場所です。彼らにとって、楽しみどころは、大人の考えとずれているということは起きますが。。。いい思い出になること間違いなし!! 家族旅行を始めとする旅行相談は、スイ・ジェネリス・ツアーズまで。連絡は sachiyoiwase@hotmail.com 待ってまするんるん 
posted by 岩瀬幸代 at 13:42| Comment(0) | TrackBack(0) | スリランカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月26日

●自分ならではの旅がしたい!

 実に久しぶりにブログを更新していますが、なぜかとても忙しくしていましたあせあせ(飛び散る汗) 近頃、一日が短いこともあり、時間はあっという間に過ぎていきます。一日が短いのは、年齢的にどんどん短く感じるようになっているのと、すっかりスリランカなペースが身についてしまい、一日にたくさんのことができない! いいのか、悪いのか…。

 書かなかった間、5月のS旅友ツアーの企画がありましたね。お察しと思いますが、これ、実は実施できませんでした。そもそもですよ、間際になって皆さんにお声かけしたうえ、日取りはGW直後、なんの祝日も絡んでいないという厳しい内容。これで、どのぐらいの人が集まってくれるのだろうかと、我ながら正直、実験的な気持ちもあって設定したら、あらあら集まらないじゃない。本当にねえ、もう、そりゃあ無理ですよ。知り合いが「岩瀬さんらしいです」と言っていたが、どんな意味? チャレンジ好き? 反骨精神が強い? しかし、確かになんだか私らしいと私も思うのです。

 旅友には集まってもらえなかったものの、旅のアレンジを頼んでくださる方は順調に増えていて、ありがたいです。そして「本当に楽しかったです」と言っていただけて、アレンジしてよかった、と思うのです。ライターとはまた別の大変さも感じるけれど、ハンドメイドの旅のよさを味わって欲しいと思ってやっています。


さまざまな旅を手配をしますが、もちろん一押しはこれ!
◎のんびり過ごそうアーユルヴェーダ! 
ホテルの予約はもとより、アーユルヴェーダと観光を組み合わせた旅行を、ご希望に合わせてアレンジします。

希望をお聞かせくださいませ。個人だけでなく、たとえばヨガの先生のグループやアーユルヴェーダに関しての視察旅行など、グループもアレンジします。連絡は sachiyoiwase@hotmail.com 待ってます。るんるん
s-lotus.jpg

posted by 岩瀬幸代 at 22:48| Comment(2) | TrackBack(0) | S旅友倶楽部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月25日

●スリランカでサンダルを買うことについて

 夏といえば買いたくなるのはサンダル・・・ということもないでしょうが、スリランカで私はいったい今まで何足のサンダルを買ったことでしょう。皆さんナマ足ですから、サンダル履きが普通です。だから、かわいいサンダルも多い。しかもお安い!というわけで、つい買ってしまうことがたびたび。

 しかしこれ、問題はですね、実に壊れやすいことです。そもそも昔からサンダルには運を見放されたかのごとく、失敗に告ぐ失敗を重ねている私ですが、スリランカで買った何足のサンダルがこの世を去ったか?

 
 そして今、壊れてはいないものを、とりあえずまだ数足持っていますが、何の心配もなく履けるサンダルは、一足もありませんexclamation捨てずに残っているサンダルのうち、履くと足が痛くなるサンダルが二足ちっ(怒った顔)。歩くとカタカタとうるさい音を立てるサンダルが一足ふらふら。ヒールがもげそうで怖いサンダルが一足がく〜(落胆した顔)。長いパンツの裾がサンダルの飾りにいちいち引っかかるサンダルが一足もうやだ〜(悲しい顔)・・・。

 
私の下駄箱は、こんなサンダルどものためにかなりの場所を占有されています。なら捨てればいいとおっしゃるでしょう。しかし、見た目にはまだ汚れてもおらず、実際12回しか履いていないような・・・物によっては7回ぐらい履いたけど、そのようなサンダルを次から次に捨てるのも、気が引けるものです。
 ちなみに、足が痛いサンダルは私の足型がノーマルではないという理由もあるでしょう。しかし歩くとうるさいサンダルについては、要するにスリランカにはいかに階段が少ないかむかっ(怒り)ということを知らされるのです。日本の駅で階段を降りるとき、かたんかたんと大きな音を立てるマイ・サンダル。人々が私を見ます。恥ずかしい・・・。

 
しかしスリランカでは、駅にもスーパーにも階段がない。時々ショッピングセンターにはあるけど大丈夫・・・。でも、このサンダル、音だけじゃなくて、脱げそうになるので、あまりはかないことにしています。

s-壊れたサンダル.jpg
えっ?ちなみに、私がサンダルをよく買う場所?
シナモングランドのお隣のショッピングセンター、クレスカットです。数軒の靴屋さんが入っています。皆さんもどうぞ。

ついでに、写真を見ていたら一度で壊れたスリッパの写真が出てきました。

posted by 岩瀬幸代 at 12:39| Comment(0) | TrackBack(0) | スリランカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする