2013年02月02日

●魚だけじゃなくて、いろいろやりながら滞在中

もちろん長ネギと鯛は、お醤油とみりんを使って炊きました。

旅行に出ると、一食でも多く現地のお料理を食べたいと思うものだけれど、今は日々の活力を養うために、せっせと和食を作っている。これが旅行と暮らしの、私にとっての大きな違い。そう、いつの間にか私はここに住んでいるのだ…。

いったいそこで、何をやっているのかとよく聞かれるのだが、

かわいい本職の執筆業

かわいいアーユルヴェーダホテルの予約と旅行のアレンジ

かわいいアーユルヴェーダを勉強したいという人の手助け


ほかにもいろいろあって、望まれるままにいろいろやっている。こんなに長い間ブログを更新せずにいるのに、旅行をアレンジしてほしい、勉強がしたい、と言ってメールをくれる人たちに対しては、まるで路地に入って角を曲がって私を見つけてくれたような思いがする。ありがたいことだ。

もうちょっと詳しく話すと、
本業の執筆業については、今年、もう一冊出せないだろうかと思い、目下、調査中。

アーユルヴェーダのホテル予約は、バーベリンはもとより、それ以外のところに行きたいという人には、どんなことを望んでいるか、病気の症状や、過ごし方の好みなどを聞いて、私なりに知っている範囲で、お勧めしている。

旅行は結果的に、アーユルヴェーダとからめた形での旅のアレンジをお願いされるケースが多い。サロンの方が、アーユルヴェーダに特化した視察旅行を頼んできてくれるケースもあって、こういう、私だからできるアーユルヴェーダ・ツアーを、専門にお仕事をされている方に、もっと案内していきたい。

そして、今年は私が一緒に同行するツアーを作りたいのだが、例によって自分のスケジュールが見えない。「一緒に行きませんか〜」とみんなに声をかけたい秘密の場所があるのです。

それから、アーユルヴェーダの勉強をしたいという方の手助けもさせていただいているが、長期で、つまりかなり真剣に学ぶことを希望する人が徐々に増えてきている気がする。今の日本にはない、あるいは失ってしまった、あるいは欠けている何かを、多くの人がアーユルヴェーダに求めている。

あともう一つ、コロンボのお部屋、長期で借りたい人がいたらご連絡ください。女性に限りますが。

それにしても、スリランカでは思うように事が運ばない。一つのアポを取るのに、もう2週間も待たされている。そしてそのアポが取れないがゆえに、ほかのこともストップしている。。。遊んでいればいいのかもしれないけれど、なかなかそういう気分にもなれない。ふううう。
posted by 岩瀬幸代 at 16:18| Comment(5) | TrackBack(0) | スリランカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする