2015年04月22日

●なぜスリランカを好きに?


s-海がめBABY.jpg

 4月も20日を過ぎ、新たな環境にとまどっていたような人たちも、そろそろ慣れてきたころでしょうか?

私にとっては、6月のS旅友倶楽部に参加する人たちの顔が少しずつ見えてきて(ちなみに、あと2人の参加待ってます)、なんとなく新しい季節を感じていますかわいい
毎度のことながら、お会いしたことのない方々と、メールでやり取りしながら、少しずつお互いを知り、そして旅をする。
楽しい出会いです。

ときどき初めてお会いする方に「どうしてスリランカを好きになったのですか」と聞かれます。

理由はいくつかあって、例えば
スリランカを知るきっかけになったアーユルヴェーダに、がぜん興味が沸いたから、
というのはもちろんあるし、

長年、海外旅行の記者として、さまざまな国や地域を訪れては、魅力を語ってきた自分にとって
日本ではあまり知られていないスリランカという国には、磨かれていない原石みたいな魅力がごろごろしていて、
しかも同じアジア圏にあるにもかかわらず、
初めて出会う文化が多く、
同時に懐かしく感じることや、、、、、、書くときりがなくなりそうなのでやめるけれど、

一つだけ言うなら、肩の力を抜いて生きていいんだ (パンダはいませんが)、ということを教えてくれた国だったってことでしょうか。

そして、出会ったのが、自分にとってそれを必要としていた時だったからこそ、すとんと気持ちに落ちてきたのです。
もし、バブルの時代に(あ、知らない? )初めてスリランカへ行っていたら、きっと違う感想を持ったに違いありません。

誰かを好きになることと同じように、旅先を好きになるかどうかは、その時自分が置かれていた状況や、環境、、、、、つまりタイミングと大きくかかわっている気がします。

スリランカが大好きになりましたと言って、メールをくださる方々がいます。
それぞれに、その時の自分が必要としているメッセージを、旅先から受け止めることができた結果でしょう。

今回も、いい旅にしましょう。私が企画したとはいえ、旅を作るのは参加してくださる皆さん自身だと思っています。

ちなみに写真は、南西海岸のウミガメ保護施設に泳いでいるウミガメベイビーたち。

それと、3月8日に書いた「S旅友倶楽部」の説明が分かりづらいとの意見を頂戴したので、下記に簡単にまとめ直しました。
あと、お二人、参加待ってます。


好評!S旅友倶楽部 第5弾!

みんなで一緒にスリランカへ行こう〜〜

観光3泊+アーユルヴェーダ4泊、現地出発のプランです。


●旅行期間:613()20()(日本着21)

●参加料:おひとりUS$1382(12名利用の場合)

*航空運賃は含まれていません、約8万円



◎この旅企画の特徴は……、


太陽人気の建築家ジェフリー・バワがデザインしたカンダラマ・ホテルに2連泊!自然に溶け込んでいくように設計されたホテルは圧巻!

太陽近頃人気のアーユルヴェーダでとことんリラックス。

太陽アーユルヴェーダ中はシッダレーパのデラックスルームに4泊!施術以外に、朝ヨガ、クッキング教室、瞑想なども楽しめます!

太陽観光は世界遺産のシギリヤロック、仏歯寺、ポロンナルワ、ローズクオーツマウンテン、象の水浴びを見ながらのランチなどお楽しみ満載。

太陽ローズクオーツでできた山(丘)を登ってパワーをもらう。

太陽基本プランは7(観光3泊+アーユルヴェーダ4)ですが、たっぷりアーユルヴェーダに浸りたい人は延泊可能!

太陽料金は、一般の日本発のツアーに比べてお得です!

太陽613日、スリランカの国際空港から旅が始まります!

太陽航空券は、各自での手配ですが、分からない方はお手伝いします!ビザ取得方法もご説明しますので、心配なく!







<<2015S旅友倶楽部 日程表>>

1日目/613()

日本を出発

スリランカ航空UL455便(730分頃着)に合わせて岩瀬がスリランカの空港でお出迎え。

到着後、スリランカの古都キャンディーへ

                        <キャンディー泊/クイーンズホテル泊>


2日目/614日(日)

朝食後、仏歯寺へ朝のお参りに

移動して、ローズクオーツでできた山を登りに

宿泊はバワ建築の代表、カンダラマホテル

                         <シギリヤ/カンダラマ泊>


3日目/615日(月)

スリランカ観光の目玉、シギリヤロック登山

ポロンナルワ仏教遺跡見学

                          <シギリヤ/カンダラマ泊>


4日目/616日(火)

途中、象の孤児院、寄り道しながらコロンボへ

象の孤児院では、象の水浴びを見ながらランチ

アーユルヴェーダ・リゾートのある海沿いの町ワドゥワへ

                           <シッダレーパ泊>


5日目/617日(水)

朝ヨガ

朝食後アーユルヴェーダ医のコンサルテーション

トリートメント

午後の空いた時間に「アーユルヴェーダ・ビューティ」レクチャー

                           <シッダレーパ泊>


6日目/618日(木)

朝ヨガ

朝食後、トリートメント

午後の空いた時間に「アーユルヴェーダ・クッキング」講座

                           <シッダレーパ泊>


7日目/619日(金)

朝ヨガ

朝食後、トリートメント

午後の空いた時間に「アーユルヴェーダ・マッサージ」講座

                           <シッダレーパ泊>


8日目/620日(土)

朝ヨガ

朝食後、各自トリートメント

午後、コロンボへ向けて出発

コロンボでお買いもの

空港へUL454便 夜11:59分頃発の便で日本へ

日本到着は翌日、午前1145


延泊可能




お問い合わせは、sayura@outlook.com まで 



posted by 岩瀬幸代 at 01:24| Comment(2) | TrackBack(0) | S旅友倶楽部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月13日

●占星術師さんに見てもらう?

s-お正月スイーツ.jpg

日々の寒暖の差で、体調を崩したりしていませんか?寒いですね。暖房器具を抱えている岩瀬です。

お礼が遅れましたが、土曜日の「スリランカお茶会・アーゆるヴェーダ」はおかげさまで楽しく過ごすことができました。メールでしかやり取りしたことのなかった方、メールもやり取りしたことのなかった方、以前スリランカ旅行のアレンジを任せてくれた方、向こうで知り合った方、これから行こうという方などなど総勢約20人が、カフェでワイワイガヤガヤと絶えることのないおしゃべりを楽しんだのでした。

いつか機会があったらまたやりますね。

さてさて、スリランカはお正月シーズン真っ盛りです。12日は大みそか、本日13日はニューイヤーのお休み、そして本格的に新年が明けるのは、明日14日の午後5時17分です。新年のことは「スリランカ旅行倶楽部」にも書いたので、よかったらそちらも読んでみてくださいね。

毎年、国内にいる数人の占星術師さんたちが集まって、時間を決めるのですが、いくつかの候補の中から、実生活に支障のない時間を選ぶそうですよ。つまり夜中の3時とかに新年が明けると不便なので、そういう時間は避けると言ってました。

占いの話が出たのでついでに書いておくと、スリランカは占星術大国
結婚相手、結婚する時間、ビジネスパートナー、家を建てる時間や場所などなど、占ってもらう内容はもろもろ。今年の初めに負けた大統領も、お抱えの占い師さんに見てもらっていたのですが…惨敗。

私も、取材で実はこれまでに8人の占星術師さんに見てもらったことがあります。10年前に言われたことが今、ああ、あの時言われたこと…と思いだすこともありますが、日本にいても星占いをお願いしたことのない私が、一時期、ひどい頭痛の種となる問題を抱えていたころ、スリランカでしばしば見てもらっていた人がいます。

最初に会ったのは、やはり仕事だったのですが、自分の過去と現状を恐ろしいほどに当てられ、その後数時間は、思考がほぼストップしてしまうほど驚かされ、以来、悩みがあると見てもらうようになりました。大方の占星術師さんは、いつからいつまでがその人にとってのいい時期で、悪い時期はいつで、というような大枠を基本に、話を進めていくのですが、私が見てもらっている人(ジャヤンタさんという)は、話が具体的というか、それだけに、今ここでは書きづらいのですが、、、占星術のテキストに頼るだけでなく、自分の力も使ってみてくれます。。。私だけでなく、他にもこれまで、見てもらった人たちはみな同じように驚かされている。。。

ジャヤンタさんの話した中で印象的なのが「人生というのは、星が決めるものだと思っていたけれど、結局は本人が決めるもんだと思うようになった」と言ったことです。

びっくりしちゃいますよね。私たちにとっては「人生は自分で決めるもの」というのは、ある意味当たり前だと思いませんか。
つまり、スリランカではそのぐらい星によって人生が左右されると信じられているのです。そして、それ以降彼は、従来の占星術の方法に、自分で編み出した占い法を加えることで、さらに精度を増した占いをするようになりました。

私の企画した6月の旅行プラン「S旅友倶楽部」、このときに、もし時間がうまく合うようなら、見てもらいたいという人のためにお願いしようかと思っています参加者は、今も募集中ですよ〜。あと少し、来てね(^^) 
お問い合わせは、 sayura@outlook.com へ。

ちなみに写真は、スリランカのお正月には欠かせない揚げ菓子とミルクライス
タグ:占星術
posted by 岩瀬幸代 at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | スリランカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月06日

●スリランカの桜?

スリランカの桜.jpg
おこしやす〜。あー、お花見しに京都へ行きたい!
と思いながら、今日(日曜日)は傘をさして近くのウサギの神社で半分散った桜を見上げていた岩瀬です。
狛犬代わりのウサギをはじめ、神社のあちこちにウサギがいる珍しい神社です。
散歩がてらよくお参りに行く場所です。

知ってます?スリランカにも桜がある?んですよ〜。
写真が、それです。

スリランカの人たちは、ご存知の通り、日本が大好きという人がとても多い。
そんな彼らの間で、おそらく最も知られている日本語といえば「サクラ」
そして、ピンク色の花をつける写真の花を桜と呼んでいる。
正式な名称は、困ったことに聞いても「知らない〜」と言われることが多い。
私は、教えてもらってメモしたんだけど、メモしたノートが見つからない〜。

つまり、ぜんぜん桜じゃありません!!
でも、そうやって日本に親しみを感じてくれているのは、うれしいですね。

さて、今度の土曜日のイベント「スリランカ茶会・アーゆるヴェーダ」、ぜひぜひ皆さん、おいでやす〜。
会場のカフェ「HANAPEKO」さんでは、この日のために「ゴールデンミルク」という特性アーユルヴェーダ・ドリンクを作ってくれるそうです。
ゴールデンミルクは、ウコン(ターメリック)が入った黄色い飲み物。
この日はアーモンドミルク、黒こしょう、ターメリック、ココナッツオイルを入れて作ってくれるそうです。
ウコンは、抗菌作用や、抗炎症作用があると言われているから、体にいいんでしょうね〜。
って、実は、スリランカではこれ、飲んだことないのです。
なので、飲んでみるの楽しみ〜。元気モリモリ

みんなで一緒にスリランカへ行こう!

詳しくはsayura@outlook.com へ。
待ってます! 


posted by 岩瀬幸代 at 00:56| Comment(0) | TrackBack(0) | スリランカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする