2015年08月30日

●私を通して勉強しに行った人たちを応援したい!

s-2008_0210スリランカ授賞式20019.jpg
寂しすぎます。この天気。
気持ちがストーンと落ちて、どうしたらいいの〜。誰か助けて〜。

この時期、実は夏休みイベントを考えて、今日あたり実行していたはずなんだけど、今にしてみれば、こんな寒くて雨が降っているんだからやらなくてよかったかも

予定していたイベントは、私を通してスリランカでアーユルヴェーダを勉強した人を応援しようと、思いついたことです。

私自身の核になっている仕事は、書くことだけど、ご存知の通り(?)、いろんなことをやっています。
全然、まっすぐなんて歩けていませんが ^^:
ひとつは、アーユルヴェーダを勉強したいという人のアレンジ。希望内容や、期間を聞いて、適した場所を紹介しています

連絡が途絶えた人もいるけれど、できれば、せっかくつながった縁なので、みんなを応援したいといつも思っています。

やりそびれた企画は、ヨガの先生のあやちゃんがやっている、山の中の一軒家カフェ、その名も「山小屋カフェ」でやるヨガと、耕さんのやっているロルフィングのコラボ・イベントでした。どちらも、体を整えてくれるというつながりがありますね。

ロルフィングは、私もよくわかっていないので、耕さんのページから引用させていただくと―――

ロルフィングはアメリカ人の生化学者アイダ ロルフ 博士”によって編み出されたボディーワークです。

手や指、肘を使いながら、筋肉や内臓を包んでいる筋膜にゆっくり圧をかけながら緩め、調整していきます。同時にクライアントからの動きを交え、身体感覚を研ぎ澄ましていきながら、身体のバランスを整えていきます。


だそうです。これを、もう少し詳しくどんなの〜って教えてもらいつつ、みんなで山の中で気持ちよくヨガをやって、暑い中、川遊びも楽しんだり、自然満喫なプランを練っていたのですが……残念!来年はできるかな?

イベントはできなかったけれど、栃木の静かな山の中のカフェ、よかったら皆さんも行ってみてくださいね〜。
耕さんのロルフィングも受けに行ってみてくださいね〜。

ところで、気が付いたかもしれませんが、お二人とも今のところ、アーユルヴェーダはやっていないんですが、いずれね、やるかも?

もう一人、二度にわたってスリランカに勉強にいったなほさんが、サロン開業を計画中なので、オープンの暁にはぜひとも応援に駆け付けたいと思っております!!

毎日がみんなにとって、素敵な日でありますように。。。

写真は大きな意味はなく…まあ、こういう軽い雰囲気の、、ってな感じな気分になりたいってことです。
秋か?みたいな気候に負けず、軽くいこ〜。
一応、撮影場所は、ジェフリー・バワのお兄さんのデザインしたブリーフガーデンだったと思う 
posted by 岩瀬幸代 at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | アーユルヴェーダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月26日

●まっすぐ歩いていく

s-2008_0402旅学スリランカ0105.jpg
寒くて長袖引っ張り出しました。

「暑くておかしくなりそう」と数週間前にスリランカの人にメールをしたところ、
「どうせ冬になったら寒くておかしくなりそうというのだから、今のうちに暑さを楽しんだ方がいい」
という返信が返ってきたけれど、確かに…おっさるとおり。
今、もうすでに、秋、そして冬が来ることにおびえています。

最近、アラサーの友人のお誕生日会に参加しました

おのずと自分が若かったころのことを思い出します。
あの頃自分は何をしていたのだろう。

今思えば、一番きらきらしていた時期のような気がします。
会社で仕事を覚え、とりあえずフリーになることを目的にしていたので、それを果たし、そして一人でもやっていけるという自信を付け、まだまだ伸びて行けると信じて、何でもできそうな気がしていた時期です。

その後飛び上がりたくなるほど楽しかったことも、悲しかったことも経験し、そして今。

今、アラサーの自分に何かアドバイスしてあげることができるなら、もっとまっすぐ歩いていらっしゃいと声をかける気がする。
まっすぐ進むことを怖がらないで、と。

でも、本当に大切なことは、よそ見しながら、様々なことを経験したからわかる。
だからやっぱり時々、寄り道も必要だったりする?

賢い人というのは、自分の進むべき道を分かっていて、若いころからまっすぐ進んでいけるのだろうけれど、結局のところ、岩瀬幸代である以上、私の人生はやはりこれしかないのでしょう。

せめて残っている人生は、できるだけまっすぐ歩いて行きたい。。。どうかな?
そして、いつか、あの時の自分も輝いていたと言いたいよね。

写真はずっと昔、内戦中のスリランカで、空に希望を見る子供たち

あなたは何を思うのだろう〜この空から何を読むのだろう〜
明日が読めるわけでもないのに〜、どうして人は空を見上げるんだろう〜 byドリカムでした
posted by 岩瀬幸代 at 11:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記のような | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月19日

●たまには地元のお話し

s-2015年6月S旅友 050.jpg

月曜の雨で一息ついたのもつかの間、また暑い日が続いていますね。

暑さで体力がない日は、やはり鰻が食べたくなります。
最近、ウナギの旬は、夏ではなく10〜12月頃と知ってびっくりしました。
逆に、似たような形のアナゴは夏が旬だそうですよ。アナゴ、おいしい

私の住む町、浦和は知る人ぞ知る鰻の町です。
アンパンマンで知られる故やなせたかしさんが生んだ、うなこちゃんというキャラクターもいます。

たぶん、浦和の人たちにはみんな、自分のお気に入りの鰻屋さんがあるはず。
私は、20代のころはよく小島屋さんに行っていましたが、最近はもっぱら満寿家さんです。
ウナギの味はもとより、たれの甘さも、ご飯の炊き方も、うまい具合にすべてが絡まって、いつもとても満足です

ぜひ一度、食べに来てみてくださいね
昼間に来るなら、食後は近くにある調神社(つき神社と読むが地元民はつきのみや神社と呼ぶ)をお参りして、そのあとは楽風(らふ)というカフェでのお茶タイムがお勧めです。
つき神社は、うさぎフリークの人たちが全国からお参りにやってきます。
狛犬の代わりに、うさぎがお迎えします。
楽風は、古民家を改装したカフェで、おいしい日本茶が飲めます。最近混んでいますが、静かな気持ちで過ごせるカフェです。

どれも、私の日常です。気持ちのいい過ごし方です。 ぜひ^^ 

写真は、ウナギとは何の関係もないですね。
スリランカのツナ・コロッケ、カツレツです。

丸いものと、四角いものと、三角のもの、どれが好きかと聞かれたら、何を選びますか?
私は丸いもの満月
丸いものって、自然に笑顔になれるし、柔らかそうだったりすると、なおさら顔がやさしくなれますよね。

いつも丸い気持ちでいたいです。

というわけで、私は今はほとんど日本で過ごしています。スリランカに住んでいると、勘違いされる方が多いので^^
それに、日本とスリランカどちらが好きかと聞かれれば、もちろん日本ですから。
次は、9月の上旬に行く予定。

アーユルヴェーダ・ホテルおよび観光旅行の相談予約、常時受け付けています。
posted by 岩瀬幸代 at 09:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記のような | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月09日

●考えないこと!!!!

s-2015年6月S旅友 093.jpg
週末ごとに花火大会や、お祭りがいろんなところで開かれていて、あ〜浴衣で出かけたい!

皆さんはどんな夏をお過ごしですか?

しばらくブログを更新していなかった間、私は必死にお勉強に励んだり、田舎へ行ったり、そしてちょっと凹んだりしてました。
書かないと当然ながら、ブログへのアクセス数は減るのですが、しかしその間もさまざまな方からメールをいただき、今年の夏もアーユルヴェーダを受けに行く人がたくさんいるんだなあと感じます。

凹んだ気分バッド(下向き矢印)をフラットに戻したくてグッド(上向き矢印)アーユルヴェーダを受けに行くっていう人もいますよね。
みんなは、凹んだ気分、普段どうやって回復していますか?

たとえば、残念な場面に出会った時とか、信じられない経験をして、なぜそんなことが起きたのかよく理解できないときとか、相手への信頼を失いかけた時とか、ふられちゃった時でも、頭に来た時でもいいんですが、とにかく、心が平静を失った時、どうしますか?

スリランカで、誰かに悩みを打ち明けると必ず帰ってくる答えが「考えるな!」です。
そう、考えないことが一番の早道ですよね。

最初のころ、これを言われると、そりゃあスリランカ人みたいな国民性なら、考えないなんて難なくできるだろうけど、こっちは何かと考え込む日本人だし、仕事柄考えるのが癖になっているし、「無理!」「出来ない!」といったものです。

でも、やっぱり結局、考えないことが悩みや苦しみから解放されるための近道なのです。
ブッダの教えですね。そこに執着しても何の解決にもならないのです。起きたことは起きたこととしてただ、受けとめる。

実際に意識していなくても、きっとみんなも音楽るんるんを聞いたり、お酒を飲んだりビール、歌を歌ったり、誰かに話したり、という処方箋を活用しているはず。これって、どれもこれも、考えることから解放されたいと思っている行為ですよね。もちろん、お釈迦様はお酒飲めなんてことは言いませんが。。。

物事に偶然はなく、全ては必然であると、そんな風に考えることが普通になったのは、江原さんがよくメディアに登場していたころからでしょうか?何か、思ってもいなかったことが起きると、なぜそんなことが起きたのか、そこにはどんな意味があるのか、必然性の意味は何なのかと、考えて考えて、今回凹んだ時も考えてしまったけれど、でも考えても立ち上がれないし、結局答えは出ないのです。

答えがわかるとすれば、たぶんあとになってから。ああ、こういう意味があったのかと、後になればわかるときがある。

そして、考えたところで、事実は何も変わらないのです。だから、考えずに進んでいくことが大事!!!

スリランカからはいくつか大切なことを教わりました。「考えないこと」もその一つ。まったくおかしな国です。

写真は、そんなスリランカの都会、コロンボのほぼ中心、交通量の最も多い、ゴールロード沿いに立つマンゴーの木になった、もちろんオーガニック (排気ガス浴びているけど )な、めちゃめちゃおいしかったマンゴーです。

さてさて、では明日の夢をかなえるために頑張ろ〜。図書館行ってきま〜す。
posted by 岩瀬幸代 at 10:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記のような | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする