2016年05月22日

●脱いじゃって〜、見せちゃって〜♪

2016hiruvillaD 068.jpg
なにしろ毎日、全身オイルまみれですから、お化粧なんてしていられません。
毎日朝からオイルトリートメントですから、洋服なんて着ている暇もあまりありません。気が付けばほとんどの時間は布一枚
そして何しろ、何のしがらみもない集まりなので、心にも何かをまとう必要もありません

というわけで、アーユルヴェーダ・リゾートにいるときは、
素顔のままで、体を衣類で締め付ける必要も、飾る必要もなく、素直な心で、楽しめる。
それがとても心地いいのです

不定期に、「一緒にスリランカへ行きましょう」とお声掛けして、旅を楽しむ”S旅友倶楽部”は、おかげさまで今回も無事に楽しく終えることができました

12人が参加し、その中の一人、スーさんは、このあと3か月間スリランカに滞在していまも、紹介したドクターの下でアーユルヴェーダを勉強中です。
一番若かった春ちゃんも、アーユルヴェーダをさらに深めたいとお勉強を計画中。
料理研究家のマキさんは、アイデアが面白いほどわいてきたと、帰国後モーレツお仕事中。
そして皆から帰国後いろんな連絡をもらって、気持ちが軽くなったというお便りが多いことをとてもうれしく思っています

アーユルヴェーダにはいろんな効果があるけれど、一番感じてほしいのは、日本では脱げない衣を脱ぐ気持ちよさです。
そして、体も心も軽くなった時、人それぞれにいろんな効果が出ると信じています。

いい睡眠がとれるようになったり、気持ちが落ち着いたり、大切なことが見えてきたり、食事の内容が変わったり、暮らし方に変化が出たり・・・。そしてその先に、具合が悪かった人なら、改善するという結果が表れることもあります。

私自身も、体重は一キロしか落ちていないけれど、不要なものがそぎ落とされた感覚がとてもうれしい。
ひどい肩コリも、腰痛もラクになり、眉間のしわは少し薄くなりました。ときどき感じる謎の体の痛みも軽減しました。
時間が作れたら、またみんなとアーユルヴェーダを受ける機会を持とうと思います。

しばらくは、いつか叶えたい夢に向かって、まっすぐ進みます。

誰かがどこかで応援してくれていると信じて・・・・

2016hiruvillaD 131.jpg    2016ヒルヴィラA 022.jpg  2016ヒルヴィラ3週間 175.jpg


2016hiruvillaD 077.jpg
2016ヒルヴィラ3週間 203.jpg2016hiruvillaB 067.jpg2016hiruvillaD 115.jpg2016hiruvillaD 232.jpg2016ヒルヴィラA 072.jpg2016ヒルヴィラA 070.jpg2016hiruvillaB 005.jpg2016ヒルヴィラC 019.jpg2016hiruvillaD 135.jpg

posted by 岩瀬幸代 at 12:25| Comment(0) | TrackBack(0) | アーユルヴェーダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月14日

●明日か昨日を楽しんでいませんか?

2016hiruvillaD 256.jpg
3週間のアーユルヴェーダトリート・メントを終え、11日の水曜日に日本に戻りました!
写真は、最終日に用意してくれたフラワー・バス。
昨日、いつ帰ってきたのかと聞かれ、月曜だったかな、あれ?土曜かな?と、わけのわからない回答をしていた自分を客観的に眺めるに、今もまだ思考はリラックス中です。

でも、滞在中、日を追うごとに感じていた、心も体も緩んでいく感覚が、こうして日本に戻り、日常生活に入ると、離れていくのがもったいない感覚があって「待って〜〜〜」と、離れていく感覚に声をかけたい気分です。
3週間の間に、せっかくつかんだ「緩むことの気持ちよさと大切さ」なのに、日本に戻ってくるとあっという間に元通りになりそうで。。。

忘れないように、向こうで過ごしていたのと同じように5時半に起きて散歩とヨガをしたいけれど、なかなか起きられない。。。
まだ今は時差もあるし、疲れているので、もう少ししたら日本でもあの生活をしたいと思ってはいるけれど、
メールが気になって、夜遅くまでパソコンを開いてしまうし、
それにそもそも、3週間向こうに滞在している間に、やろうと思っていたことに手を付けられず、そのまま持ち帰ったので、いろんなことがたまっている。

持ち込んだ8冊の本は、1.5冊しか読み終わらず、
興味を持って進めている勉強は、まったく進まず、
書き進めたいと考えていた原稿は止まったまま、、、、
最初からわかっちゃいるが、やっぱり何もできなかった。ひたすら滞在を楽しんだ。
できないと分かっているし、そもそもそんなものを持ち込むことがきっとおかしいのだから、持っていかなければいいのだが、どうも、あきらめが悪い・・・・

気分を切り替えて、明日から集中しないと、前進できそうにない。

という具合に、日本に帰ってくるといつも焦ってしまう。
あれもやらなくちゃ、これもやらなくちゃって。。。
仕方ないのかなあ、生活していく、ここで生きていくためには、そして前に進んでいくためにはある程度の焦りも必要なのかもしれない。

ただ時々は、
あのヤシの葉擦れの音と、毎日の夕焼けと、鳥の声と、雨の音と、大きな海と、安心して深呼吸ができるきれいな空気と日差しと
そういうものを全部思い出して、気持ちだけはその場へ飛ばし、
身体を緩め、心を緩め、肝心な部分はだけは集中して、ゆっくりした呼吸を大切にしながら暮らしていきたい。
2016hiruvillaD 229.jpg2016hiruvillaD 018.jpg
















ヨガ、タイチー、お坊さんの瞑想、形は違ってもみんな教えてくれていることは同じな気がする。
そしてトリートメントを受けることも、同じかも。
受動的に、マッサージされるのではなく、セラピストさんと心を合わせ、意識的に自ら緩めて受けていた。
そして時にはこちらがそれを意識せずとも、すっと心を持っていくセラピストさんがヒルヴィラには何人かいて、手の動きに魅了された。
ああ、この人は、これをやるために生まれてきたのかも、と思えるようなセラピストさんにあたった後は、全身から力が抜けた。


アーユルヴェーダ・ホテルでの滞在はどこも2週間以上を推奨していて、それはもちろんパンチャカルマという中心治療を行うためには2週間が必要だからなのだけれど、こうして3週間滞在すると、やはり、本当にリラックスしたければ、ぜひ2週間以上滞在したいと痛感する。
1週間でも、もちろんリラックスできるのだけれど、日本でのあれこれから、完全に自分を切り離せずに終わってしまう。
たぶん一週間だと、気持ちのいい環境の中で仕事をしたり、頑張って動き回ったり、旅行者としてはもちろんそれも楽しみの一つなんだけれど・・・・
いったん日常から離れたい、と思うなら、パンチャカルマ云々を抜きにしても、2週間以上が理想的だ。

2016ヒルヴィラC 043.jpg
ヒルヴィラで瞑想を教えているお坊さんが言った。
「シャワーを浴びて体は洗うのに、なぜ心を洗おうとしないのでしょう?
あなたたちが普段楽しんでいるのは、過去の記憶と、未来への妄想ではないですか?
なぜたった今、この瞬間を楽しもうとしないのですか?
そのために瞑想をするのです

2016ヒルヴィラC 041.jpg











今を大切に生きていきたいという思いはずっと持っている。
でも、実際に楽しんでいるのは過去の記憶と、未来の想像だと言われると、「あ、いけない」と思う。
ヴィパッサナー瞑想は、たった今を楽しみ、その今を大切にすることを教えてくれる。

今、自分は生きている。
もっとそれを楽しめる自分でいたい。
素直に、好きなことを好きだと、言える自分を大切にしたい。
当たり前を楽しめる自分になりたい。
2016hiruvillaD 278.jpg
やることはたまったけれど、やっぱり行ってきてよかった。
そして今回参加してくれた12人みんなが、同じように、ヒルヴィラでの滞在をいとおしく今、思い出してくれている。

あと二日すると、全員が日本に戻る。
そうしたら、みんなの楽しんでいる姿も少し載せられたらと思う。

読んでくれた人にも、何かが届きますように。大好き
posted by 岩瀬幸代 at 14:56| Comment(0) | TrackBack(0) | アーユルヴェーダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月05日

●フルーツ天国スリランカ

朝は5時半に起きています。日本じゃ考えられない早さだけど、日の出前のこの時間はエネルギーに満ちていて、とても理想的。

ヒルヴィラでの朝の楽しみは、たくさんのフルーツが食べられること。
スリランカでこの時期は、とてもフルーツが豊富なのです。
見て見て、毎朝こんなにたくさんの南国フルーツが。
パパイヤ、マンゴー、スイカ、スターフルーツ・・・・
2016ヒルヴィラ3週間 168.jpg



日本では見かけないフルーツもいろいろあって、2016ヒルヴィラ3週間 072.jpg
たとえばこの白いのは、サワーソップという果物。
ふわわふわしていて、甘くてほんのり酸っぱい。だーいすきV



2016ヒルヴィラ3週間 074.jpg   2016ヒルヴィラ3週間 073.jpg 
パッションフルーツや、ザクロやマンゴーは、日本でも食べれるけど、
                     アボカドはジュースになってさらにおいしさアップ
               2016ヒルヴィラA 059.jpg   2016hiruvillaB 085.jpg
                                                     
                       これは知らないでしょ?2016hiruvillaB 008.jpg
                       サパティラ。
                       ざらっとした食感も珍しい。
                       しつこくない甘さでこれもだ〜い好き



でも私が一番好きなのは、ワラカだ〜〜〜。2016ヒルヴィラA 012.jpg
これ、この黄色いのがワラカ。
緑のはアボカドの飾りね。
食感、香り、味、例えようがない…
普段ホテルではまず出てこないフルーツ。
久々に食べられて大満足!!!!!


2016hiruvillaB 075.jpg  こちらはいわばフルーツアート。
  4〜5日前、私と一緒に最初から滞在していた春ちゃんの帰国前に
  ホテルのスタッフが作ってくれたプレゼント。
  ヒルヴィラのスタッフって、とても細かいサービスをしてくれる。
   
   たとえば、ほかにもこんなこと。  2016ヒルヴィラ3週間 086.jpg    
   食事時のひざ掛けナプキンをおちゃめに畳んでサービス。




      そして朝の楽しみと言えば、すてきな朝焼け。
          大雨の翌朝の空はことさらにきれいだった。


2016ヒルヴィラC 025.jpg


そしてそして、朝、ココナッツ取り職人を発見!
まあ、お猿さんのように、何もないところをすすると登り、2016hiruvillaB 115.jpg
5個のココナッツを落とし、そしてするすると降りてきた


毎朝をそんな風に過ごしています。


リスが尻尾を揺らしながら、ヤシの葉の上で鳥みたいに鳴いているのを聞いたり
雨の中現れたカエルにびっくりしたり、
ハエと蜘蛛が戦うのをみんなでじっと眺めていたり、

平和な毎日が過ぎていきます。

日本のみんなも元気で

posted by 岩瀬幸代 at 03:41| Comment(0) | TrackBack(0) | アーユルヴェーダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする