2016年06月18日

●赤いバナナを食べて頑張る!

赤いバナナ.jpg
幸せは、頑張った人に与えられるのだと感じた今週でした。
もちろん、イチロー選手の偉業を見て思ったことです。すごい!!!
いったいどれほどの努力をしたのだろうかと考えると、今、私ががんばっていることなど米粒ほどもないなあと思う。


私は、バブル時代を経験した世代だけれど、あの時代って「頑張る」とか「一生懸命」ってどちらかというと嫌われた言葉だった気がする。
「根暗」も嫌われた。根暗は今は、ネガティブにとってかわったのかしらん。
とにかく軽くてふわふわした時代だったのである。

でも、頑張らないと、ほんとの幸せなんて手に入らない。
精いっぱいやりきった時の充実感を味わいたいから、
そして、いつか息絶えるとき、頑張ったと思ってこの世を去りたいから、小さい努力だけど自分のフィールドで、できるだけのことをやろうと、思いを強くした今週でした。

目下、ぜーぜー息を吐きながら、山を登っているような気分です。頑張れ自分!!

写真は、スリランカの赤いバナナ。
スリランカはいろんな品種のバナナがあるのです。
赤いバナナは、特にエネルギーが付くと言われていて、味もとってもおいしいけど、めったに買えない。

ではでは、連絡はsayura@outlook.com または sachiyoiwase@hotmail.com まで。
posted by 岩瀬幸代 at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | スリランカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月05日

●アーユルヴェーダで底力を蓄えるのだ。

2016ヒルヴィラ3週間 027.jpg
帰国してから25日。
さすがに今回は3週間もトリートメントを受けただけあって、今も効果を実感しながら毎日を暮すことができています
あれが治ったとか、こんな症状が改善したとか、そういう身体的なことを期待されがち(期待しがち)だけれど、
アーユルヴェーダの底力を感じるのは、エネルギーレベルが上がり(アーユルヴェーダ的に言うならオージャスが増え)、活力がわいてくることです。

スリランカのアーユルヴェーダじゃなくても、リゾートへ行ってのんびりすれば、リラックス&リフレッシュして、新たな気持ちで日常に立ち向かうことはできます。
でも、私はやはり、違いを感じるのです。
いわゆるリゾートが与えてくれるパワーが夏のパーッとハイな感じの活力だとすると、アーユルヴェーダは冬眠を終えてしっかり力を蓄えた動植物が、春に目覚めて根を下して前に進んでいくような、じわじわと湧き上がってくるエネルギーです。

そしてその力が、心身に働きかけ、様々な局面で効果をもたらす。

私の場合は、思考がクリアになり、記憶力も集中力も上がって、行動も機敏になっている気がします。
思い過ごしでしょうか?いいえ!

ただ、日本で仕事やら何やらをしていれば、人との関わりの中で、コミニケーションミスから、凹むこともあり、これは今のところ、アーユルヴェーダを受けてもあまり変わっていません。

関わり方が、対面よりメール中心になり、理解できない、理解してもらえない、誤解する、誤解される、ということが顔の見えない中で起きて、返信が来なかったり、短かったりすると、何か悪いことをしたのではないかと心配になったり……
これは、もう少し時間をかけて自分を成長させていく&メールの技術を磨くしかないのでしょうね。
まだまだ修行が必要そうです。

写真は、スリランカのパワードリンク”キララ”
実は、今回初めて飲んだのです!
ウッドアップルという、これまたとても珍しいフルーツの味に少し似ているのだけれど、まったく違うフルーツで、川にぷかぷかと実が浮いているらしい
どんなの?どんなの〜?

とにかく!
やっぱりできるだけ多くの人にアーユルヴェーダを体験してほしいと思うのです。
行きたい!という方は、予約さえこちらを通していただければ、アーユルヴェーダホテルに関する相談料はお願いしていませんので、お気軽にどうぞ。sayura@outlook.com または sachiyoiwase@hotmail.comまで
posted by 岩瀬幸代 at 13:45| Comment(2) | TrackBack(0) | アーユルヴェーダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする