2016年11月27日

●ゴールを追い求めて走る

さいたま国際マラソン 030.jpg
ゴールが見えない・・・。夏が終わるまでには、ゴールのテープが見えるところまで走る予定が、すでに、ほぼ冬。

近ごろの岩瀬は、視界からカレンダーを外し、町に飾られ始めたクリスマスツリーを単なる飾りととらえ、クリスマスも年末も正月も単なる日々の繰り返しの中の一コマにすぎないのだと、淡々ととらえようとしています。

人生は予定通りにいかないから人生だ。
予定通りじゃないから面白い。。。。(苦し紛れ)

というわけで、皆さん、お元気でしょうか?
岩瀬は日々、足踏みして暮らしています。。。???

それにしても、今年の風邪ときたら、いまだに私はすっきり治らない。
目下、免疫力低下中・・・・。
常に咳払いしているものだから、歩いていると、みんなが振り返る。
煙草を吸い過ぎたおっさんみたいな状態だ。助けてくれ〜。

写真は二週間前に行われた「さいたま国際マラソン」の様子です。
今年最後の秋晴れみたいな、いいお日和だったけど、もうすっかり昔の出来事みたい。

めちゃめちゃ内容のないブログですみません…。

最近は気分転換に映画を見に行くことが多いです。
一部で話題になった『聖なる呼吸〜ヨガのルーツに出会う旅』見ましたよ〜。
ふむふむ、そうなのね、という感じです。

世間でチョー話題になった『君の名は』も見ましたよ〜。
深海作品の世界観は嫌いじゃないので、期待したんだけど、あまりに評判が良すぎるせいで「まあまあ」どまりになってしまった。
そりゃあ、私だって前前前世からつながっているような人に会いたいけれど、泣けないのは設定が高校生だからですかね。
隣に座っていた5,6歳の女の子がびーびー泣き続けていたけど、ああいうのは内容がわかって泣いているのか、最後に聞いてみたかったよ。

しかしまあ、気分転換にはなるわけで、そして、私も、少しでも人の心を動かせる何かを書きたいと思うのでした。


では、アーユルヴェーダとは関係のない話でしたが、スリランカへアーユルヴェーダを受けに行きたいとお考えの方、相談&予約受け付けています。
連絡は sayura@outlook.com  念のため sachiyoiwase@hotmail.com にCCしてね
posted by 岩瀬幸代 at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記のような | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月12日

●自分が信じることのために闘う

2011_0519Crea0329.jpg

世間はアメリカ大統領選の話題で持ちきりですね。いくらヒラリーの方が政治家として、トランプを上回る資質を持っていても、そういう問題を超えて、今のアメリカは疲弊しているのだと感じずにはいられない結果です。

選挙日の数日前にやっていたNHKの特番を見て、これはトランプが勝ってもおかしくない、と思ったし、どっちが勝とうが、もうグローバリズムは限界で、きっと何かが変わらなければいけない時期が来ているのだと考えたりします。


どこかの書店が、ヒラリーの勝利を信じて並べていた数々の本を、負けが決まって撤収している映像がテレビで映っていたけれど、負けたって、そこには意味があるし、今まで彼女が歩み続けた足跡は、逆にくっきり見えてきた気がする。


彼女のスピーチで 「特に若い人に向けて」とか「子度たちに向けて」という前置き付きで言った言葉は、まったく若くもなく、政治や国のために闘っているわけでもない私の心も揺さぶった。


To all of us, and to the young people in particular, I hope you will hear this − I have, as Tim said, I have spent my entire life fighting for what I believe in.

I've had successes and setbacks and sometimes painful ones. Many of you are at the beginning of your professional, public, and political careers − you will have successes and setbacks too.


This loss hurts, but please never stop believing that fighting for what's right is worth it.

It is, it is worth it.


And to all of the little girls who are watching this, never doubt that you are valuable and powerful and deserving of every chance and opportunity in the world to pursue and achieve your own dreams.



「自分が信じることのために闘う人生を送ってきました。成功も、挫折も、痛みも感じたし、これからキャリアを積んでいこうとしている若いあなた方もまた、成功も挫折も味わうことでしょう。でもどうか、正しいことのために闘うことは価値があるのだと信じることをやめないでください。本当にそれは価値があることなのです。


そして、小さな女の子たちへ。あなた方が価値と力を備えていて、自分の夢を追い求め、叶えるためのチャンスと機会があることを決して疑わないで」


リトル・ガールじゃなくても、夢をかなえるチャンスと価値と力があることを信じよう!

政治や国のために闘うわけではないけれど、自分が信じた道を歩き続けて、うまく行かなくても、最後に、やりきったと思える人生を送ろう!

そんな風に刺激をもらったのでした。



それにしても、自分たちで自分の国を作っているという感覚を持っている(ように見える)アメリカ人がうらやましいとも思ったし、負けたヒラリーは闘っている時より素敵に見えた。


写真は、泥水の中から力強く咲く、蓮の花。人生はつらいことや悲しいことがたくさん。そういう泥水みたいな中だからこそ、綺麗な花が咲く。仏教の教えですね。だから、ブッダの台座は蓮の花なのです。


自分なりの花、咲かせよう。




posted by 岩瀬幸代 at 02:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記のような | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月06日

●紅葉?アダムスピーク、いつか富士山


黒部トロッコ 006.jpg
これが紅葉?季節がよく分からなくなってきた昨今、秋を求めて、母と黒部渓谷へ。

母は昔、黒部渓谷のトロッコから見た紅葉が記憶に鮮明に残っているらしく、
「それはそれはもう〜、一面の紅葉で・・・」と私に話してくれたのは去年のこと。

昨年は北陸新幹線開通で、テレビでは、紅葉狩りの季節になると、黒部の紅葉が映し出され、
それはそれはもう〜、母の言う通り美しい眺めだった。

そして「来年の秋になったら行こう!」と約束し、宿を取ったのはもう3か月ぐらい前のこと。
どこもいっぱいで、人気をうかがわせるホテルの予約状況は、そのまま、まだ見ぬ一面の紅葉への期待へとつながったのであった。

そして、この週末!
風邪は治りきらず、ぜ〜ぜ〜はあはあ言いながら、「見るぞ紅葉、一面の紅葉」と心の中で呟きながら、たどり着いた富山県黒部市宇奈月温泉。
美しい立山連峰にため息をつきながらも、んんんん?まだ早い?紅葉はどこ?と訊ねる私に、宿の人は
「明日、トロッコに乗って、山奥に行かれたら見えると思いますから」と・・・

本当だろうか?と思いつつ、トロッコに乗り、見たのは写真の風景。むむむう・・・・煮え切らないこの思い。黒部トロッコ 028.jpg
トロッコの終点駅で思わず『ビジターセンターの人に、聞いた。
「あの、これは紅葉にはまだ早いということ? それとも今年はだめということ? どちらなんでしょう?」

とても口ごもった話し方で
「去年は、過去5年ぐらいでは一番の紅葉でした」
と答えてくれたので、
「で、今年は・・・?」
と問い直すと
「今年は、そうですね、なんというか、まあ、自然ですからね。ここ数年の中では一番・・・」
一番なんだというのか???

黒部トロッコ 022.jpg













というわけで、これが今年は精いっぱいの様子。
でも、これも思い出です。

いつか、自分の足で山を登って、紅葉を見てみたい。
山って、私、中学校の林間学校以来、実は登ったことがないんです…近ごろ、あこがれている山登り。
年齢とは関係なく、登れるものでしょうか?

そこで!とりあえず、アダムズピークから始めることにしました。
アダムスピークは、スリランカの聖なる山ですよ。
仏教、キリスト教、イスラム教、あらゆる宗教の聖地とされています。
登れるのは11月から4月ぐらいまでに限られています。
実はスリランカの有名な場所で、行っていない所といえば、私にとっては、このアダムスピークなのです。
できれば、来年2月に登りたい。

そしていつか、富士山、登りたい。紅葉も見に行きたい。
そんなささいな(わたしにとってはけっこう壮大な?)夢を抱きつつ、
近頃スポーツクラブ通いも始めました
でも風邪ひいていちゃ、話にならないって。

そういえば、全然話は変わるけれど、少し前、日経新聞の記者さんの取材受けました。
スリランカへ取材に行く前に話しを聞きたいと…
「記事にはちゃんと私のコメントも載せてくださいね」と念押ししておいたので、いつの記事に載るか分かったらお知らせします〜。


さてさて、年末年始は皆さまどちらへ?黒部トロッコ 023.jpg
右の写真、スリランカ一の観光地、シギリヤロックに似ていますが、あくまで今回の一場面。
「シギリヤロックに似ているわ〜」と言ったのは、ほかでもない、母です^^



スリランカのアーユルヴェーダを受けたい!
という方は、相談&予約行っていますのでご連絡ください。
sayura@outlook.com 
sachiyoiwase@hotmail.com にcc してくださいね、念のため

では、いつか皆様に会える日を夢見て with love
posted by 岩瀬幸代 at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記のような | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする