2016年12月21日

●バーベリンホテルで朝ヨガ

025.jpg

朝日が見えるなんて知らなかった!!


バーベリンホテルには、これまで何度も来させてもらっているのに、ビーチの正面に落ちる夕日ばかりに気を取られ、朝日は見えないと思っていた。



今回は何やら忙しく、早起きしてもホテルの朝ヨガに参加するパワーがなくて、ゆるゆるとビーチを散歩していたら、朝日を見ながら気持ちよさそうにヨガをしている人がいるではないですか!

019.jpg



さっそく翌朝には、96歳の祐雄大先生+お嬢様+秘書さんとともに、ビーチで朝ヨガをいたしました。





だが、まずは朝日に向かって拝もうと腰を降ろすと、座っている私を見て腰が立っていないと翁に注意される始末。



姿勢の悪さは、自分で知っていても、さすがに御年96歳の大先生に注意されるとトホホな気分です。


私の方がずっと若いのに、恥ずかしいわ〜。




佐保田鶴治大先生直伝のヨガは、ゆっく〜り行う瞑想ヨガなので、朝ヨガにはとても向いている気がする。


す〜〜〜は〜〜、す〜〜〜は〜〜、吐いて〜〜〜吸って〜〜。


気持ちのいい空気が身体に入っていく。




006.jpgこれで身体が整った感じ!と思っていたのだが、私だけ本日夜の便で帰国しなければならない。


22日の朝、日本に着いて、さっそく新宿方面で、致し方ない用事を済ませなければいけない。




アーユルヴェーダでますますパワーアップしている96歳の翁が、どこまでパワーをチャージできるのか見届けたかったのに!





私はと言えば、毎度のことならが、今回もバーベリンの食事のおいしさを真正面から受け止め、おなかポッコリ状態で帰る。




祐雄大先生とスリランカ 049.jpg祐雄大先生とスリランカ 045.jpg011.jpg001.jpg











大好きなバナナブレッド、大好物のミルクライス、おなかいっぱい食べたくなる山盛りフルーツ、野菜たっぷりのカレー、豊富なデザート・・・・・、本当にバーベリンの食事は危険である。


 029.jpg

いつ来ても同じスタッフが出迎えてくれて、今回も気持ちよく滞在することができた。


ちなみに前々回のブログで書いた私の本はどこにあるのか、巡り合うことができなかったけれど、これからも読みつづけてもらえますように。





posted by 岩瀬幸代 at 12:49| Comment(0) | TrackBack(0) | アーユルヴェーダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月17日

●祐雄大先生(96歳)とアーユルヴェーダ


祐雄大先生とスリランカ 034.jpg

スリランカから、こんにちは。13日より、バーベリンホテルにて、石田祐雄(すけお)大先生とアーユルヴェーダ中であります。


以前のブログで祐雄大先生については紹介したことがありますが、日本にヨーガ・スートラ(ヨーガ学派の根本経典)を紹介した人物、故佐保田鶴治大先生と供に歩み、ヨガの普及に貢献し続けた人です。師亡き後も、30年間、日々ヨガを欠かすことはなく、今は日本最高齢のヨガマスターとなりました。御年96歳。あと半月もすると97歳を迎える翁であります。


96歳といえば、普通に想像すると、多少腰が曲がっていたり、食事に制限がかかっていたり、寝たきりという方もおそらく多いでしょう。そんな中、まず、スリランカに行きたいという意欲と好奇心を持つことからしてすごい! そして実際に来てしまうのだから、すばらしい!


すたすたと自身の足で歩き、食事は何でも召し上がり、昨日はトリートメントの合間に、プールで泳いだとか。すご過ぎます。


背泳ぎをして、プールのヘリに気づかぬまま泳ぎ、最後は頭をぶつけたと笑ってお話になる。

はあ、そういうことがあっても、大丈夫なものなんですね・・・。


やはりヨガの賜物でしょうか。

ヨガ以外にも続けていらっしゃる健康法はあって、たとえば毛管運動。


祐雄大先生とスリランカ 011.jpg


これは、お部屋の前の空きスペースで、毛管運動をなさっている祐雄大先生を隠し撮りした写真です。

この写真、載せちゃって大丈夫でしょうか?

このポーズで手足を微細に揺らすのです。

すると血流がよくなって、健康増進に役立つ。




誰もがきっと、長生きするなら健康でいたい、と思いますよね。

それを現実のものとしている祐雄大先生の健康の秘訣はどこにあるのか、探りたいというのが、今回の私の秘めたる思いですが、おそらく、おしゃれをあきらめないのもその一つ。



祐雄大先生とスリランカ 028.jpg




写真は、街に買い物に行く前、Tシャツ姿から、インドで購入したという一式でオシャレに変身し、にこやかに表れた祐雄大先生。



街に買い物と言っても、スリランカにありがちな雑多な街なので、私はノーメークと油っぽい髪の毛を無造作に束ね、形が崩れたユニクロのワンピでレッツゴーという出で立ちなのに・・。



とても96歳には見えない!

白いきれいな壁の前で写真を撮ろうとしたのに、なぜかこんな場所で撮って欲しいという祐雄さまが、よく理解できなくもありますが……。笑顔がいい感じです!



私はと言えば、大先生に比べればまだまだひよっこという年齢ですが、疲れて寝てばかり。


プール? そもそも、水着を持ってきていないし。

朝もダラダラと7時近くまで起きられない。

ほげ〜。


祐雄大先生とスリランカ 023.jpg本当は、このレポートも毎日書こう!と張り切っていたのに、疲れたら無理しないことが、最近身についてしまい、ひたすらに惰眠をむさぼる体たらく。



しかしアーユルヴェーダのパワーにはかなわないのです。




毎度同じことを言っている気もしますが、アーユルヴェーダのトリートメントは疲れるます。

気付いていなかった疲れがどっと、体内から出てくる感じ。


ふ〜。




そして、スペシャルなトリートメントを受けようものならさらなる睡魔に襲われる。


今日は、私、鼻の穴にオイルを垂らすナスヤをやりました。

オイルが目の裏側から脳へと回り、顔面の右半分がガンガンと、しばらくの間痛くて、痛くて。

体はどっと冷えて冷たくなった感じがあって、急いで靴下をはき、長いズボンをはき、するとやがて、自ずと眠気がやってきます。

食事も、体を冷やすものは一切控えます。


大先生は、本当はシロダーラを体験したかったのに、御年96歳ということでドクターストップがかかってしまいました。


お元気だけれど、一般的に、お年を考えれば体が冷えるのはとても危険だからです。

ナスヤ同様に、シロダーラもとても体が冷える施術です。

身体が冷えては、消化力が落ちて、内臓の働きも悪くなってしまう。

今は調子よくすべてが順調に回っているのに、一つ歯車が狂えば身体全体に与えるダメージはとても大きい。

だからそんな危険を冒すのは、やめましょう、というのがドクターの判断です。



冒頭の写真はバーベリンホテルのオーナー、マニックさんと一緒に撮ったものです。

ちなみに今のバーベリンは、完全に満室。相変わらず、大人気です。

続きを読む
posted by 岩瀬幸代 at 19:46| Comment(0) | TrackBack(0) | アーユルヴェーダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月10日

●代々読み継がれている私の本『緑の島スリランカのアーユルヴェーダ』

『緑の島スリランカのアーユルヴェーダ』.jpg
私にとってはなかなか感動的な写真です。
約10年前に出版した『緑の島スリランカのアーユルヴェーダ』が、バーベリンホテルに泊まる日本人の間で読み継がれ、このような姿になっているそうです。

ご存知の方も多いと思いますが、この本の前半はバーベリンホテルを舞台に書いたものです。
出版したばかりの頃、バーベリンの図書館に置かれているのを見て、ここに置いておいたんじゃ、みんなで回し読みするだろうから買ってもらえないなあ、と思ったのを覚えています。
でも、本は読まれるために生まれてきたのだから、買ってもらうこと以上に、読んでもらえることが誇りなはず。
ならば、ここに置いておいて、みんなに読んでもらおうと放置しておいた。

先日、バーベリンホテルに行くために予約の手伝いをさせていただいた坂梨仁美さんが、帰国の報告とともに、添付で送ってくれたのが上の写真。

「現地で、日本人から『はい、代々受け継がれてるから!』と本を渡された時に、他にいる日本人ではなく私の手元に来たことにとてもご縁を感じました(^^)ので」と言って、写真を送ってくれて、ブログで使用することもOKしてくれました。

明後日、12日から、久しぶりに私もバーベリンホテルに行きます。
せっかくだから、マジックを持参し、本の表紙に自分でタイトルを書いてこようかと思っていたけれど、
10年にわたって積み重ねられてきた何かが損なわれそうな気がするので、やはり、書かずに帰ってきます。

きっと今も誰かの手元にあることでしょう。
もし、滞在中に私のところに回ってきたら、そっと手を当てて、目をつぶって、読んでくれた人たちのことを考えてみます。


現在、4冊目の本の原稿の行き先が決まらずに、苦しんでいますが、またこうしてみんなに読んでもらえる本が出せるように前進したいと思います!!どうか応援していてください。

ではまた!会えますように! 
posted by 岩瀬幸代 at 11:46| Comment(2) | TrackBack(0) | アーユルヴェーダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月05日

●最近、私、大学生やってます

和歌山梅ジュース.jpg
勉強したいことがあって、昨年春から大学生やっています。本当に続くかなあ?と不安だったので「聞いて欲しい」と思う人にしか話していなかった。3年に編入したので、うまく行けば春には学部の勉強を終えるけれど、どうも最近スローペースであまりいい生徒ではない。

卒業研究のレポートも提出し、今週は、パワポで研究内容の発表だ。
これまで、パワポを使うことを避けていたのだけれど、まさかこんなところで使うことになるとはね。

卒業研究のテーマもアーユルヴェーダ。
ははは^^; 原稿料をもらえない原稿を書くのはつらかったよ・・・

人生長くなったのだから、勉強し直すってのは、ものすごくありだと思う。
生涯現役が目標だし。意外に、まだ記憶力も使えるよ。

そんなわけで今年は、あまりスリランカへ行けなかったけれど、10日過ぎから久しぶりに行く予定なので、まじめにレポートします!
詳しくはまた今度。

ちなみに写真は、先日、和歌山県のおいしいものを紹介するイベントに出席した時のもの。
和歌山県は、熊野古道で有名ですね。何度か行かせていただいています。それと梅が有名なので、この写真。ミカンも柿もマグロもおいしいものたくさんでした・・・・って、実はあまりに混んでいて、デザートから制覇して、いざ食べようと思ったら、もろもろ食べそびれたのでした。
posted by 岩瀬幸代 at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記のような | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする