2017年05月14日

●元製薬会社で今ロルフィングの大塚さん

s-DSC_0442.jpg
また新刊の話で恐縮だけれど、この本の出版先を探しているとき、医療系の出版社も自分にとっての候補だった。
想定する読者にはいろんなタイプの人がいて、その中で読んで欲しくてもなかなか届けるのが難しい相手が医療に携わる人たちと思ったから、医療系の出版社から出せれば、届くのではないかと考えたのだ。

実際は、医療系の出版社ではないところから上梓したけれど、医療関係の人にもぼちぼち届いているはず。

でも、レスポンスをもらうのは難しい。

そんな中で、以前製薬会社で働いていた大塚さんから以下の書評をもらったときは、とてもうれしかった。


私が彼らに感じてほしいと思っていることを受け止めてくれたからだ。

というわけでご自身のFBに書いてくれた書評をここにコピペさせてもらうことにした。


::::::::::::大塚さんのコメント:::::::::


2年前の2015年6月。世界一周旅行の最後にスリランカへ観光とアーユルヴェーダの施術を受けに行ったのだが、その時にお世話になったのが、岩瀬幸代さん。


私は大学院で免疫系に関わる物質(サイトカイン)の研究をし、その後、10年に渡り、製薬会社でインターフェロン、インスリンやモノクローナル抗体製剤などの生物製剤を開発、販売していた。

2014年7月付で製薬会社でやりたいことがひと段落したため、退職。

ロルフィングという代替療法に興味を持つようになり、それを学びつつ世界一周の旅へ。

ちょうどその終盤に岩瀬さんと出会うことになった。


出会いから2年。

岩瀬さんが新刊『迷走患者』を出版されたので、手にとって拝読した。

岩瀬さんが西洋医学で体験されたこと、アーユルヴェーダに対する考えをご自身の壮絶な体験をもとに書かれており心が動かされた。

私は過去に自己免疫疾患(多発性硬化症)の治療薬(生物製剤)を売っていた経験上、効果がある人と効果がない人もいて、そういったことや副作用の恐ろしさなどの患者さんの思いが本書から伝わってくる。


例えば本書を一部抜粋すると、


「何が災いして病気になるのかわからないなら、何が幸いして治るかだってわからない。それはもちろん、西洋医療みたいに高い確率で効果が出るものではないだろう。一つのものが全員に効くわけでもない。でも、あれこれ試しているうちに、自分の身体に合う、症状をやつけてくれる治し方を、効果が出やすい、いいタイミングで見つけられる、そういう幸運な人が時にはいるのだ。全てが符合した時に、代替医療は効果を発揮すると私は感じる。そういう幸運を、科学的な数値に置き換えるなんてそもそも無理だ」


薬の世界にいてわかるのだが、様々な角度から臨床データを取得して、当局とのやりとりを通じて手間をかけ、安全性の情報を集積した上で、承認販売される。

ただどうしても、製薬会社にいると数字達成や承認するためにどうしたらいいのか?という目線になり患者さんに寄り添うことを忘れてしまう。


岩瀬さんの本書は患者ベースに戻り、考えるきっかけを与えてくれ、あっという間に読み終えることができた。

近代医療や代替医療についてどのように考えていけばいいのか?について興味を持っている方に本書を勧めたい。

:::::::::::::::::::::::


というわけで、私の本に心を動かされたという大塚さんのコメントに私は心を動かされた。

魂込めて書いた文章の一部を拾ってくれているのもうれしかった。

どうかほかの医療関係の皆さんにも届きますように。


せっかくなので、ロルフィングのことも紹介したいと思って、大塚さんになんと紹介したらいいでしょう?と聞いたところ、
「身体を整えながら同時に心も整うボディーワーク」ということですよ。

私がここで説明するより、詳しいことは大塚英文さんのホームページ「ZERO」にたっぷり書いてあるので、どうぞこちらも見てみてくださいね。


岩瀬への問い合わせはsayura@outlook.com と sachiyohappy100@gmail.com へ。

新刊『迷走患者――<正しい治し方>はどこにある』のAMAZONはこちら。

続きを読む
posted by 岩瀬幸代 at 21:26| Comment(0) | TrackBack(0) | アーユルヴェーダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする