2013年02月22日

●まさかの瞑想の日々を過ごすために

以前から、いつかスリランカのメディテーションセンターに行ってみたい…と思っていたが、明日ようやくその初日である。
行ってみたいと思っていた割には、腰が引けている感じもある。たぶん、うまく想像がつかないから。
でも、年を取ると、初めて何かを体験する機会が、極めて減っていくので、久々のドキドキ初体験を楽しもうじゃないですか!

何も持ってこなくても、白い服だけ持ってくればと言われたけれど、気が付けばスーツケースは満杯。

お坊さんと同じように、午後からはジュース程度しか飲めないらしく、友人は、水やジュースだけでなくクラッカーやチーズも持参したほうがいいと言い、明日、スーパーマーケットにより、その足で、センターに入る予定。

どんな日々が待っているのでしょう?どんなふうに指導をしてもらえるのでしょう?

お伝えしたいところですが、電話も、インターネットも一切使えない場所です。

不在になる間、連絡が来そうな方々に、前もってメールを打ったりなどして、ほとんど片付いたけれど、一つだけ、片付け終わらなかったことがあり、100%すっきりというわけにはいかなかった・・・。でもきっとそんなもんよね。

一週間後、帰宅したときは、どんな感じがするのでしょう?周囲の人には、テンション高いのは困る&声をかけないでほしいとお願いしてある。。。どんな気持ちの変化が起きるのか楽しみ。。。


posted by 岩瀬幸代 at 02:44| Comment(2) | TrackBack(0) | アーユルヴェーダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ご無沙汰しております。お元気でいらっしゃいますか?メディテーションセンターでの生活はいかがでしたでしょうか。多分、今は心穏やかに静かにお過ごしの事と思います。今度の先生のブログ更新を楽しみにしております。
Posted by a-chan at 2013年03月05日 21:04
a-chanさん
コメントありがとうございます。帰宅して、見た目は元の生活と変わらなくても、呼吸に集中して目を閉じるとメディテーションセンターの環境がよみがえり、ふっと心が落ち着きます。機会があったら、もう少し長く行ってみたいと思っています。
Posted by 岩瀬幸代 at 2013年03月27日 15:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック