2015年04月13日

●占星術師さんに見てもらう?

s-お正月スイーツ.jpg

日々の寒暖の差で、体調を崩したりしていませんか?寒いですね。暖房器具を抱えている岩瀬です。

お礼が遅れましたが、土曜日の「スリランカお茶会・アーゆるヴェーダ」はおかげさまで楽しく過ごすことができました。メールでしかやり取りしたことのなかった方、メールもやり取りしたことのなかった方、以前スリランカ旅行のアレンジを任せてくれた方、向こうで知り合った方、これから行こうという方などなど総勢約20人が、カフェでワイワイガヤガヤと絶えることのないおしゃべりを楽しんだのでした。

いつか機会があったらまたやりますね。

さてさて、スリランカはお正月シーズン真っ盛りです。12日は大みそか、本日13日はニューイヤーのお休み、そして本格的に新年が明けるのは、明日14日の午後5時17分です。新年のことは「スリランカ旅行倶楽部」にも書いたので、よかったらそちらも読んでみてくださいね。

毎年、国内にいる数人の占星術師さんたちが集まって、時間を決めるのですが、いくつかの候補の中から、実生活に支障のない時間を選ぶそうですよ。つまり夜中の3時とかに新年が明けると不便なので、そういう時間は避けると言ってました。

占いの話が出たのでついでに書いておくと、スリランカは占星術大国
結婚相手、結婚する時間、ビジネスパートナー、家を建てる時間や場所などなど、占ってもらう内容はもろもろ。今年の初めに負けた大統領も、お抱えの占い師さんに見てもらっていたのですが…惨敗。

私も、取材で実はこれまでに8人の占星術師さんに見てもらったことがあります。10年前に言われたことが今、ああ、あの時言われたこと…と思いだすこともありますが、日本にいても星占いをお願いしたことのない私が、一時期、ひどい頭痛の種となる問題を抱えていたころ、スリランカでしばしば見てもらっていた人がいます。

最初に会ったのは、やはり仕事だったのですが、自分の過去と現状を恐ろしいほどに当てられ、その後数時間は、思考がほぼストップしてしまうほど驚かされ、以来、悩みがあると見てもらうようになりました。大方の占星術師さんは、いつからいつまでがその人にとってのいい時期で、悪い時期はいつで、というような大枠を基本に、話を進めていくのですが、私が見てもらっている人(ジャヤンタさんという)は、話が具体的というか、それだけに、今ここでは書きづらいのですが、、、占星術のテキストに頼るだけでなく、自分の力も使ってみてくれます。。。私だけでなく、他にもこれまで、見てもらった人たちはみな同じように驚かされている。。。

ジャヤンタさんの話した中で印象的なのが「人生というのは、星が決めるものだと思っていたけれど、結局は本人が決めるもんだと思うようになった」と言ったことです。

びっくりしちゃいますよね。私たちにとっては「人生は自分で決めるもの」というのは、ある意味当たり前だと思いませんか。
つまり、スリランカではそのぐらい星によって人生が左右されると信じられているのです。そして、それ以降彼は、従来の占星術の方法に、自分で編み出した占い法を加えることで、さらに精度を増した占いをするようになりました。

私の企画した6月の旅行プラン「S旅友倶楽部」、このときに、もし時間がうまく合うようなら、見てもらいたいという人のためにお願いしようかと思っています参加者は、今も募集中ですよ〜。あと少し、来てね(^^) 
お問い合わせは、 sayura@outlook.com へ。

ちなみに写真は、スリランカのお正月には欠かせない揚げ菓子とミルクライス
タグ:占星術
posted by 岩瀬幸代 at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | スリランカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/417253964
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック