2017年04月30日

●「夢をもとう」と言われても

s-DSCN0974.jpg
写真のサインは、先日泊まった大好きなホテルの通路に貼ってあったもの。ジョン・レノンとオノ・ヨーコの書き残したものですね。
「夢をもとう」なぜだか、ものすごく引っかかって写真に撮りました。

夢を持つことはとても大事なことだと思うし、実際にそれが私の背中をどんなふうに押してくれたかは、新刊「迷走患者」にも書いたけれど、

「あなたの夢は何ですか?」s-DSCN0975.jpg

と聞かれて、すぐに答えられる人ってどのぐらいいるのだろう?

今の日本は、ものすごく夢を持ちづらいような気がするのだ。

スリランカに行くとみんなが生き生きして表情がパッと明るく、国の将来を楽しみにしながらその中で自分の未来を描いている。

発展することは必ずしもいいことばかりではないけれど、人の気持ちを明るくし、不可能なことさえ可能に見せてくれる希望を持てるのはとても素敵なことだと思う。


日本にいてネットやテレビを見ていると、息苦しくなってくる。

昔のことを掘り起こしてあーだこーだと言ってみたり、不倫したどーだと騒いでみたり、他人を叩くか過ぎたことをがたがたいう内容が多すぎて、こんなものを受動的に見ていたら、みんなの思考はどんどん小さく狭くなっていく。

守ることに必死で、失敗しないようにとか、人に笑われないようにとか、レールを外れないようにとか、そんな思考が渦巻けば、夢を持つのは難しくなる。

s-DSCN0953.jpg

失敗したって、笑われたって、レールを外したっていいって思える強さを、もっと容易に、日本のバブルの時代には持つことができた気がする。

それとも、私が若かったから、そんな風に思っていただけだろうか?

でも今は、夢の語りづらさを感じ、そしてとても息苦しくなるのである。

スリランカへ行って、無邪気に夢を見たいと思ったりもする。

はー、はー、苦しい。
あるいは苦しいのは別の理由? 病気でしょうか?

では、GW楽しんでください。



相変わらずアーユルヴェーダホテルの相談&予約も承っています(情報提供だけはしていません)。
メールを送っても届かないという方が、相変わらずけっこういるようなのでGmailも使うことにしました。
時々、こんなこと書かれると傷つくんだよな(意外に小心者)と思うようなメールが届くこともありますが、そんな場合でも必ず返信することにしているので、もし私から返信が来ないとすれば、それはこちらに届いていないという意味です。すみません。
sayura@outlook.com
sachiyohappy100@gmail.com にもCCしてください。







posted by 岩瀬幸代 at 13:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記のような | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック