2017年07月09日

●『迷走患者』発売記念!!スリランカ&アーユルヴェーダ旅詳細決定!!

s-DSCF0786.jpg
ついに、詳細決定しました!『迷走患者』売記念、S旅友倶楽部「一緒にスリランカへ行こう!」第8弾ぐらいかな?
今回は観光+アーユルヴェーダの旅です。
アーユルヴェーダのトリートメントだけを考えるなら観光はなくてもいいかもしれません。
でも、この国で何千年も前に生まれたアーユルヴェーダがなぜ今も生き続けているのか――。
それを考える時、やはりスリランカに根付く仏教と自然にも触れて欲しいと思うのです。

というわけで…まずは、スケジュールです。

 9月30日(土曜日)
スリランカ航空(UL)455便、日本を11:20に出発してコロンボには17:10着。
これに合わせて、岩瀬と日本語ガイドのラッキーさんが空港で皆様をお迎えします。
別便で来たい方は、この時間に空港に来てくださいね。

ラッキーさんは以前の旅行でもご一緒していて、めちゃめちゃ日本語上手。
私もそれなりに案内できますが、シンハラ語が話せないのでラッキーさんが必要なのです。

空港での両替を終えたら、バスに乗って…行先は、ドカンとシギリヤ方面!!
夜のうちに動いておいた方が楽なので、行っちゃいます!!
そしてお泊りは、建築家ジェフリー・バワの代表作、カンダラマ・ホテルですよ〜

 10月1日(日曜日)
カンダラマは、朝のビュッフェからあれもこれも食べたくなるので困るのです・・・
気持ちよく朝食を終えた後は、仏教遺跡のポロンナルワへ行きまーす。
遺跡は好きですか?
逃げ場のない炎天下の遺跡観光(笑)を終えた後はゆっくりランチ

で、象のサファリへ行きますよー
さて、野生の象に会えるかな?象のサファリ大好き!
ジープに乗って気持ちのいい風を受けて「あっ、あそこにいた!」という感動をみんなで味わいたい!

そして本日も、お泊りはカンダラマ・ホテル
夕食は付けていないので、アラカルトがいいか、ビュッフェがいいか気分でそれぞれ選んで〜。


 10月2日(月曜日)
スリランカと言えば、シギリヤロック
朝食を終えたら出発です。登りましょう!
スリランカ人は、サンダルで登ってますが、みんなは靴はいてね。
私、体力落ちているので最後までいけるか少々不安。助けて〜。ぜーぜー言いながら、みんなと頂上で写真撮りたい!!

そしてスリランカの古い都、キャンディーへ移動しまーす。
アーユルヴェーダ薬局でお買い物しましょう。
時間があれば、ほかにもキャンディ散策

そして6:30のプージャ(お供えの時間)に合わせて、仏歯寺に行きたいと思います。
できれば少し早めに行って、大きな象のはく製@@や、神殿も見られたらいいなあ。
お泊りは、仏歯寺の目の前、世界遺産的コロニアル・ホテルのクイーンズです。


 10月3日(火曜日)
朝食を終えたら、コロンボへ移動。
みんなショッピング好きだよね。
女子には人気の高いベアフット、買う物たくさんあるスーパーマーケット、紅茶局で紅茶も買う?

ランチはどこへ行こうかと考え中、バワのかつてのオフィスを改装したギャラリー・カフェがいいのか、白亜のホテル、ゴールフェイスがいいのか・・・

そしてコロンボを楽しんだ後は、アーユルヴェーダ・リゾートのシッダレーパへ行きます!
(7月29日追記/当初、その予定でしたが、ジェフリーバワがデザインしたアーユルヴェーダ・ホテル、マハゲダラ(詳細は7月30日ブログ)に変更しました!マハゲダラは、大竹しのぶさんはじめセレブな方々もお泊りのおしゃれな場所です。目の前のビーチで朝から散歩もできるし、近くのビーチテイラーでリゾートウェアを縫ってもらったり、町へも出かけやすいし、楽しみ方の幅が広がります!)
この日の夜からは、全食、体に優しいアーユルヴェーダ料理ですよー
マハゲダラに4連泊です。


 10月4日(水曜日)
さっ!アーユルヴェーダの始まりです。
まずはアーユルヴェーダ医の診察を受けて、滞在中の施術プランを立ててもらいましょう。
そして、施術開始


 10月5日(木曜日)
朝はヨガ教室が開かれていまーす。自由参加ですが、ぜひに。
そして朝食後に各自、施術を受けます。

この日は満月で、ポヤデーと呼ばれています。
スリランカの人たちの多くが白っぽい服を身につけてお寺参りをします。
私たちも、お参りに行きたくないですか?というわけで、近くのお寺へ行こうと思います。もちろん、のんびりしていたい人は無理しないで〜。


 10月6日(金曜日)
この日もアーユルヴェーダ施術が続きます。
毎日、終わるのはだいたい2時か3時ぐらいかな。
人によっても違うのですが、夕方までってことはないです。

というわけで、空いている午後に料理教室やってもらうことにしました。

もちろん自由参加。ゆっくりしていたい人は気にせずにねー。


 10月7日(土曜日)
延泊しない人は、この日が最後のアーユルヴェーダ・トリートメントです。
トリートメント受けて、ゆっくりランチを食べたら、帰国の準備を。
スリランカ航空の帰国便は、19:15発です。
到着は翌日10月8日の日曜日の朝です。
スリランカ航空の帰国便は、水・金・土・日なので、延泊の人は参考に。

 10月8日(日曜日)
延泊した人は、この日もトリートメントが続きます。

s-2010_1023スリ旅友第一弾0075.jpg

ざざざざーん。では、料金です。
全7泊のホテル、観光中の朝食、マハゲダラでのアーユルヴェーダ料理3食とハーブティー、観光入場料(ポロンナルワ、象のサファリ、シギリヤ・ロック、キャンディ仏歯寺)、指名したラッキーさんによるガイド、医師の診察とアーユルヴェーダ・トリートメント、行程中の車代を含めて。。。

2人で一部屋を利用した場合、
参加料は一人につき、1223ドルです!日本円の料金は支払う日によって違ってきますが、
金曜日のレートで計算すると、139,400円 !!
シングルのお部屋を使う場合は、267ドルの追加(追記7月29日/最初にお知らせした金額より19ドルだけ上がってます)です。

航空券は、ご自身で取得をお願いしていますが、私がいつも使っているところでよければフォローしますので心配しないでくださいね。
ちなみに、今ネット検索で見たところでは なんとスリランカ航空6万3000円! 安いです。
(追記7月29日/確認したところ8万2000円でした。いつもの料金って感じです)
私の感覚では通常8万円ちょっと。
昔は航空券買う時、間際の方が安かったりしたけれど、今は安いのがなくなっていくとどんどん上がっていくシステムです。
早めに決めたほうがお得です!!

ほかにかかる費用としては、
観光中の昼食、夕食はあえてつけていないので、その分。
その時々で決めていきたいから、つけていません。
アーユルヴェーダ中は、3食付いていますよ。
後はチップとそれぞれのお買い物だけです!!

スリランカ航空を使わずに、早めにスリランカに来て楽しんでいる人は、空港に来てくれれば参加可能です。

参加条件は『迷走患者ーー<正しい治し方>はどこにある』を買ってくださった方です。

ではでは、長い案内になりましたが、連絡早めにくださると嬉しいです。
あ、人数は10人ぐらいの予定です。
気付きました?とってもお得な料金です!! 

お名前と連絡先の電話番号を書いて、
sayura@outlook.com  と sachiyohappy100@gmail.com(CCしてください)に連絡くださいませ。
お待ちしております。
posted by 岩瀬幸代 at 13:26| Comment(4) | TrackBack(0) | S旅友倶楽部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして。
突然のコメント失礼致します。来週からバーベンリーフに1週間ほど滞在する予定の者です。旅行を決めたあとに岩瀬さんの本を知り、現在2冊目を拝読中です。本を読み進めるにつれ、とても楽しみになってきました。
つかぬ質問ですが、チップは一回おいくらぐらいお渡しすれば良いのでしょうか。また、お渡しするのは、施術担当者、送迎、ベッドメーキングの方々と考えていれば良いでしょうか(ドクターにも必要ですか?)。こういったことに不慣れで、周りに質問できる人がおらず、突然の不躾なご質問を申し訳ありません。もし宜しければアドバイス頂けると嬉しいです。
Posted by ユキチ at 2017年07月10日 15:26
ユキチさん

本をお読みくださりありがとうございます。
ぜひ『迷走患者』をよろしくお願いします。一番の自信作です。

チップはご自身のお気持ちなので、私があれこれ言うものではありませんが、一般に言われている額でいいと思いますよ。ドクターにはお渡ししなくても大丈夫と思います。お部屋の担当者や施術者には、私の場合、比較的まとめて渡しています。アーユルヴェーダセンターと、レストランにはチップボックスがあります。そちらに入れてあげたらみんなで分けることができます。
Posted by 岩瀬幸代 at 2017年07月10日 17:33
お忙しいところお返事ありがとうございます。チップボックスがあるのですね。参考になりました。
迷走患者も面白そうだなと思っていました。2冊目を読み終えたら読んでみます!本当にどうもありがとうございました😊
Posted by ユキチ at 2017年07月10日 23:36
楽しんでいらしてください。


Posted by 岩瀬幸代 at 2017年07月10日 23:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック