2017年07月16日

●病気を語ることと、糸車を回すこと

s-2011_0609postcrea0066.jpg
なぜ、自分の病気のことをわざわざ本に書いたのか、ということは、いつかここに書こうと思っていた。

そもそも私は、文章を書いているときは別として、自分のことを語るのが得意じゃない。
人によっては、苦労話みたいなのを話すのが上手な人がいる。
そういう人の方がきっと精神的な健康を保ちやすいので、うらやましいと感じたりもするけれど、
私は、今まで生きてきた中で、誰にも言えずにいることがいくつかある。

病気のことはその一つだった。
ほとんどの知人・友人に話すことはなかったし、実は本を書いて公表した今も、病気の話をするのはあまり好きじゃない。

なぜか?
○○病を持っている岩瀬さんという、余計な枕詞が付くのが嫌なのだ。
病気を持っているというだけで、病気のことを話していなかった時にはなかったはずのフィルターがかかりそうな気がしてしまう。

と思うのは、きっと私だけじゃないだろう。
病気をカミングアウトするのは、ある程度の勇気が必要だ。

そんなこともあって『迷走患者』を読んだ人に、体調を気遣われるのも実は苦手だ。
もちろん普段心配していただけるのは、素直にありがたいと思える。でも時々それが本の感想にとってかわられてしまうことがあって、そんな時はちょっと悲しい。病気のことが書きたかったわけじゃないのに…と。

じゃあ、なんでわざわざ書いたかって・・・
だって、病気のことを、しかもその時の感情をつぶさに書かなければ代替医療に走る患者の気持ちは、医師たち医療関係者には伝わらない。
私みたいな人が、今の世の中にはたくさんいるんだってことも伝わらない。
伝えなければ世の中は変わらない。
「幸せってなんだろう、健康ってなんだろう」と考え続けてたどり着いた境地も、その過程を知ってもらわないことには、共有してもらえない。

この間出演したラジオ(月曜の昼まで聞けます)でもしゃべったけれど、この本を楽しんで読んでもらうものに仕上げるのは結構骨のいる作業で、その間も、そして今もずっと「Never Give Up」 な思いで、みんなに読んでもらえるように頑張っている。

ひたすら自分で糸車を回し続けている感覚があって、
いったい何が私を突き動かしているのだろう…と、時々考える。

それはたぶん本を読んで欲しい、という思いと同時に、これからの未来を歩んでいく若い人に、自分で糸車を回すことはとても大変だけれど、楽しくて、とても価値のあることだと、いつかそれを伝えるために、頑張っているのだと思う。

あ〜、まじめな話を書いたら、こんな時間に甘いものが食べたくなってきた。
中性脂肪右肩上がりも忘れて、冷蔵庫に入れておいたケーキを食べる岩瀬でした。めでたい
なんか尻切れトンボな話になった気もするけれど、、、
皆さんに明るく楽しい未来が待っていますように
posted by 岩瀬幸代 at 00:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記のような | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月07日

●NHKさいたまで『迷走患者』を話す

s-DSCN1108.jpg
ラジオ出演、無事に終えました。
しゃべるのは苦手なはずが、べらべらしゃべってました。
『迷走患者』を一人でも多くの人に読んで欲しい、という思いがそうさせたようです。
人って、何とかしたいという思いがあると強くなれるんですね。

それに、ドキドキも楽しもう!と、最近そんな心境なんです。

ドキドキしてどうしよう〜って思いよりも、今私がドキドキしているのは生きている証と考える。
この世に生きているのは、ほんの限られた時間なんだと思うと、ドキドキもイライラも悲しい思いも、いとおしい。

自分が病気をし、『迷走患者』を書いて、それを読んでもらうために必死になりながら、しばしば小林麻央さんのブログを見て、生きている今を大事にすることを、再確認させられたせいかもしれません。

病気は、嬉しくないけれど、生きていいることの大切さを教えてくれます。
そういう意味では、とても得をした気分です。
どういう意味?と思う人は、ぜひ本を読んでくださいね。

最近一番うれしかったのは、フェイスブックで、女優の松田美由紀さんが『迷走患者』を褒めてくださったことです。
面識はないのですよ。なんと光栄なことでしょう。
ここに、書いてくださった内容を紹介したいけれど、ご本人の了解を得ていないので控えます。

それと、6月に掲載された『クロワッサン』のインタビュー記事、ネット上でも読めるので見てみてくださいね。

昨日のラジオ生出演(写真はその時の模様、アナウンサーの岸田祥子さんと)は、乗り切ったけれど、終わってみれば「ああ、どうしてもっと”迷走患者”って連呼しなかったのだろう」とか「10月のツアーに参加してくださいって言い忘れた」とか、反省多数。

でも4年ぐらい前に、病院に入院しつつも、主治医の先生に助けてもらってTOKYO FMに電話で少しだけ出演した時のことがよぎり、あの頃よりは、成長できているみたいだととても懐かしく思い出しました。

ラジオの向こう側で応援してくれたいた皆さん、ありがとうございました。
埼玉限定放送だったけど、NHKの聞き逃し番組が聞ける「らじるらじる」で、来週月か火曜から一週間だけ聞けるようにしてくれるらしいので、また決まったらお知らせしますね。

あ、それと、番組内でのリクエスト曲は、シーアの『Never Give UP』にしました。かっこよくて大好きな曲だし、この本を書いていた時、そして今の私の心境にぴったりなので。

どうか、応援していてください。

S旅は、目下料金交渉中!!!まもなく詳細発表できます。
続きを読む
posted by 岩瀬幸代 at 15:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記のような | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月27日

●土曜日に買って日曜日に会いに来てくれた人@スリフェス

s-19399745_760307520760714_8268553520406061372_n[2].jpg
週末のスリランカ・フェスティバル・・・人とのつながりを感じることの多い時間でした。
この人と、あの人は知り合いだった!みたいなことがとても多くて・・・
世の中は意外に狭いなあと。

それは単に、スリランカとアーユルヴェーダをキーに一つの輪が出来上がっていて、その輪にいる人たちがあそこに集まったからなのでしょうが、10数年前、初めてスリランカ・フェスティバルで本を販売した時に比べ、格段にその輪が大きくなっているのを感じます。

それって直接本を販売して、買ってくれる人たちと触れ合うからわかることですよね。
こういうことって、やっぱり時には必要です。

本を読まれた方の感想も直接に聞くことができるし、手渡す楽しさがあります。

いろんな方に本を買っていただきました。用意した本は2冊だけ残してほぼ完売。
ふと目が合ったから、という理由で買ってくださった方、出店することを知って来てくださった方、掲げておいた名前に気付いて買ってくださった方、説明を聞いて読んでみたいと購入してくださった方、本当にありがとうございます。
今頃、読んでくれているかな?

土曜日に購入してくださった方の中で、日曜日にもう一度来てくれた人がいました。
それは、私にとって今回のスリフェスで一番うれしかった出来事です。

一気読みしたと言って、再び足を運んでくださり、「お礼だけ伝えたかった」と言うのです。
「書いてくれてありがとう」と。
そして「鶴の恩返しは、羽を抜いて糸を織り込んだけれど、あなたは身を刻んでこの本を作った」と。

そこまで分かってくれたのかと思うと、
私は思わず「握手させてください」と言って、その人の手を取っていました。

実際、私はこの本を書きながらしばしば身を削っているような思いを感じていたので。
この本を読んでくれた全員に、私のそんな思いが通じるわけではないけれど・・・。

そして「これ以上のものは書けますか?」と聞かれ、そんなところまで見抜かれたかと。

単に文章としてなら、私はこれ以上のものを書くことはできると思うけれど、
身を削るような、魂を入れ込むような本は、そんなに書けるものではなく、そういう意味において私自身、これ以上のものを書けるだろうかという気がしていたので、「あっ・・・」と言葉をなくしたのでした。

「難しいかもしれないけれど、期待しています」と去り際に激励の言葉を置いて行ってくれました。

きっと次の次ぐらいまでは、軽い本を書きます。そして題材が出てくれば、書けるでしょうが、そのためには穏やかな暮らしにはない波風が必要です。それはどうなのよ?(笑)あるいは、何事もなくても私がもっと成長できれば書けるのかもしれないし、過去の出来事から引っ張り出せばいいのかもしれませんが・・・

ほかにも、私の本を読んで感想を聞かせてくれる方の中には、「そこまで読んでくれたのね」とこちらが恐縮するほど丁寧に読んで感想を寄せてくれる方が多く、とても幸せです。
『迷走患者』がもっと大きく羽を広げて、求めてくださっている皆さんの元に届きますように。

ご自身のブログで本を紹介してくださっている方のことなど、また順次書かせてください。

では、今日のところは。

写真は、現地で走っている三輪タクシー、通称トゥクトゥクですね。忙しくて撮る暇がなく友人に提供してもらいました。
あ、S旅のこと、早く詰めねば。
続きを読む
posted by 岩瀬幸代 at 09:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記のような | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月03日

●友達100人作ろうキャンペーン中

s-DSCN1002.jpg
友達100人作ろうキャンペーン実施中の岩瀬です。
一年生でもないのに、しかもそんなCM覚えている人はどのぐらいいるかわからないけれど、突如「一年生になった〜ら、友達100人できるかな♪」のフレーズが下りてきて、GWが終わった後、やっと久しぶりに時間ができた私は、いろんな人と会う日々を過ごしていました。
その間、ブログに書きたいことは山ほどあったのに、疲れてしまって全然更新できず…。

書きたいことと言っても、新刊『迷走患者――<正しい治し方>はどこにある』にまつわることが多く、あまりそればかり書くとみんなに嫌われそうで遠慮したのもあるけれど。

だって、たくさんの人からメールや手紙をいただき、どれもこれも紹介したいし、
本を通じて私が伝えたかったことを、何度でも繰り返し伝え直したい気分になったり、
でも体力が持たない……ふう。

毎日PCの前に座って、GWが終わるころまでは実は次の本の原稿を書いていたのですが、人とあまりしゃべらずにいたら気持ちがどんどん下向きになって、このままではまずいと・・・

というわけで、ゆっくりしゃべる時間がなかった友人と、s-DSCN0984.jpgs-DSCN0986.jpg
紀尾井町のガーデンテラスで 



s-DSCN0999.jpg

s-DSCN0997.jpg





 あるいはギンザシックスのクレープ屋さんで
 おしゃれにランチし、


外に出るとTVの街頭インタビューのマイクを向けられ、
ティラミスについて聞かれたので答えたら、後日、意外にもたくさんの人がテレビを見ていて
「ティラミス好きだったなんて知らなかった」と言われる経験もしました。
ちなみに、たまたま最近食べている人がいたので、それを思い出しただけです。




ある日は、友人と公園でピクニックランチを楽しみ、s-DSCN1028.jpg


ほかにも、久々の友人とお茶をしたり、
ネットでしかつながっていなかった人と初めてお会いしたり、
長らく挨拶をしていなかった先生たちに会いに行き、
ことごとくランチをごちそうになり(ごちそうさまです)、





s-DSCN0987.jpg




 滑り込みで草間彌生展を見に行って、
 圧倒されてふらふらになって帰宅した日もありました。




   そして京都にも行きました。s-DSCN1016.jpg
    おいしいものをいただき、s-DSCN1017.jpg






s-DSCN1023.jpg

 アーユルヴェーダのクリシュナ先生の講義にも出て、



 昨年知り合った日本ヨーガ禅道院の方たちと楽しく話をし、s-DSCN1015.jpg






     静かな京都の夜景に心がしんみりし・・・・・・、


s-DSCN1006.jpg

s-DSCN1019.jpg





枚方にも足を延ばし、そして蔦谷(冒頭の写真)にも行きました。
いいですよ〜、枚方の蔦谷書店さん。


高校時代の友達にも会って、変わらぬ笑顔にほっとしたりもした。
みんなに支えられながら生きている・・・

ここ数年の私にしては、本当にアクティブな日々だった。
そう、私はとても元気です。精神的には、へこたれることありますが動いた方が元気になれる・・・。

そうだ、ひとつ重要なお知らせ。
6月18日に京都で行われる国際ヨガデイのイベントは皆さんご存知でしょうか?
私も参加することにしました!

すごいですよ〜、その日は朝からまず平安神宮前の参道で1000人ヨガが行われます。
みんな揃って太陽礼拝?と思ったけれど、もっと優しい、誰でもできるアーサナをやるそうです。
よかった、万年初心者の私はいまだに太陽礼拝がうまくできないから・・・。

そしてその後は、みやこメッセ3階に場所を移し、いろんな先生がヨガを教えてくれます。
もちろん日本最高齢、97歳のヨーガ・マスター、石田祐雄先生のクラスもあります。気持ちよくていいですよ。頭がすっきりするヨガです。と私は感じます。

食べ物やウエアなどさまざまなブースも出店するのですが、私は恐縮ながら、日本ヨーガ禅道院さんのブースで岩瀬の本を販売させていただくことになりました。
イベントに参加する方、ぜひぜひ遊びに来て、そして本を手に取ってもらえたらちょー嬉しいっす。
どうか、応援していてください。

また直前にお知らせします。

ではでは。岩瀬への連絡はsayura@outlook.com と sachiyohappy100@gmail.com へ。
posted by 岩瀬幸代 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記のような | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月30日

●「夢をもとう」と言われても

s-DSCN0974.jpg
写真のサインは、先日泊まった大好きなホテルの通路に貼ってあったもの。ジョン・レノンとオノ・ヨーコの書き残したものですね。
「夢をもとう」なぜだか、ものすごく引っかかって写真に撮りました。

夢を持つことはとても大事なことだと思うし、実際にそれが私の背中をどんなふうに押してくれたかは、新刊「迷走患者」にも書いたけれど、

「あなたの夢は何ですか?」s-DSCN0975.jpg

と聞かれて、すぐに答えられる人ってどのぐらいいるのだろう?

今の日本は、ものすごく夢を持ちづらいような気がするのだ。

スリランカに行くとみんなが生き生きして表情がパッと明るく、国の将来を楽しみにしながらその中で自分の未来を描いている。

発展することは必ずしもいいことばかりではないけれど、人の気持ちを明るくし、不可能なことさえ可能に見せてくれる希望を持てるのはとても素敵なことだと思う。


日本にいてネットやテレビを見ていると、息苦しくなってくる。

昔のことを掘り起こしてあーだこーだと言ってみたり、不倫したどーだと騒いでみたり、他人を叩くか過ぎたことをがたがたいう内容が多すぎて、こんなものを受動的に見ていたら、みんなの思考はどんどん小さく狭くなっていく。

守ることに必死で、失敗しないようにとか、人に笑われないようにとか、レールを外れないようにとか、そんな思考が渦巻けば、夢を持つのは難しくなる。

s-DSCN0953.jpg

失敗したって、笑われたって、レールを外したっていいって思える強さを、もっと容易に、日本のバブルの時代には持つことができた気がする。

それとも、私が若かったから、そんな風に思っていただけだろうか?

でも今は、夢の語りづらさを感じ、そしてとても息苦しくなるのである。

スリランカへ行って、無邪気に夢を見たいと思ったりもする。

はー、はー、苦しい。
あるいは苦しいのは別の理由? 病気でしょうか?

では、GW楽しんでください。



相変わらずアーユルヴェーダホテルの相談&予約も承っています(情報提供だけはしていません)。
メールを送っても届かないという方が、相変わらずけっこういるようなのでGmailも使うことにしました。
時々、こんなこと書かれると傷つくんだよな(意外に小心者)と思うようなメールが届くこともありますが、そんな場合でも必ず返信することにしているので、もし私から返信が来ないとすれば、それはこちらに届いていないという意味です。すみません。
sayura@outlook.com
sachiyohappy100@gmail.com にもCCしてください。






続きを読む
posted by 岩瀬幸代 at 13:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記のような | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月02日

●ワラカはあるが写真がない

ワラカ.jpg
ないないない・・・・
大切な写真を失い凹んでいる岩瀬です。
問題は、新しくしたパソコン、ウィンドウズ10だ!
めちゃめちゃ使いづらい。
おかげさまでさまざまな作業がストップし、そして引っ越しの最中、One Drive を使ったら、写真がどこかへ行ってしまった。
泣きたい。返して。

One Drive はもう使いたくないのでストップしたいが、これもうまくいかない。
専門家に見てもらっているが、勝手に同期を始めてしまう。
ほかにも、何かを失った気がして、、、、
パソコンが私の意思とは無関係に、シャットダウンした後も動いている妄想が止まらない・・・

こんなつまらないブログで恐縮だが、どこかに悔しさを吐き出さないと前に進めない心境。
うううううううううううううううううううううううううううううううう。
たすけて〜

冒頭の写真は、私の大好きなフルーツ、ワラカ。
ワラカの写真はあるからいいじゃないか・・・

こんな遅くまで起きて探しても、ないものはない。眠らせて〜
続きを読む
posted by 岩瀬幸代 at 02:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記のような | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月03日

●大吉の幕明けと、新刊めでたい!

2017.1 002.jpg
あけましておめでとうございます!
旧年中はお世話になりありがとうございました。
あっという間の一年でも、振り返れば、仕事の上でもプライベートでもいろいろなことがありました。
うまくいかなかったこともあるけれど、全力投球することを最優先しているので、その意味ではいい年でした

温かで、まったく新年ムードには欠けるけれど、神社に初詣に行ったり、初日の出を拝みに行ったり、新年を迎え出る態勢で過ごしております。2017.1.1 026.jpg2017.1.1 014.jpg2016年の新年と同じような写真ですが、今年も浅間山の近くから日の出をお参りしました。

神社で引いたおみくじは、久しぶりに「大吉」でした。
恥ずかしながら難しくてよく理解できない文言が書かれていたのですが、おそらく「今まで積んできたものが自然に実る」という意味だったと思います。

一つ、私にとっては大吉な出来事が年末にありました。
書きあがった原稿の出版が決まり、ようやく4冊目の本を世の中に出すことができます!
忙しかったので、心配をかけた人にだけとりあえずお伝えし、ブログでは今日のお伝えとなりました
やった〜〜〜〜〜。一緒に喜んでくれますか?
4月の刊行予定です。
今からしばらくは手直し作業が続きます。なぜかとてもドキドキします。

今年も一年、きっとあっという間に過ぎるでしょう。
年齢を重ねると時間が経つのが早くなるというけれど、年々、一年の経過が早くなっていると感じるのは、そればかりではなく、じっくりと何かを味わう時間がないほど、世の中全体が忙殺されているからではないかと感じることがあります。

悲しく残念な出来事は、できることならさらっと流したいけれど、立ち止まってじっと俯瞰できるような大人になりたいと思うし、楽しかったことはできるだけたくさんの人と共有しながら過ごしていけたらいいですね。

2017年が皆さんにとって、楽しく素敵な年になりますように。そして何よりも、健康にお過ごしください

posted by 岩瀬幸代 at 16:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記のような | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月05日

●最近、私、大学生やってます

和歌山梅ジュース.jpg
勉強したいことがあって、昨年春から大学生やっています。本当に続くかなあ?と不安だったので「聞いて欲しい」と思う人にしか話していなかった。3年に編入したので、うまく行けば春には学部の勉強を終えるけれど、どうも最近スローペースであまりいい生徒ではない。

卒業研究のレポートも提出し、今週は、パワポで研究内容の発表だ。
これまで、パワポを使うことを避けていたのだけれど、まさかこんなところで使うことになるとはね。

卒業研究のテーマもアーユルヴェーダ。
ははは^^; 原稿料をもらえない原稿を書くのはつらかったよ・・・

人生長くなったのだから、勉強し直すってのは、ものすごくありだと思う。
生涯現役が目標だし。意外に、まだ記憶力も使えるよ。

そんなわけで今年は、あまりスリランカへ行けなかったけれど、10日過ぎから久しぶりに行く予定なので、まじめにレポートします!
詳しくはまた今度。

ちなみに写真は、先日、和歌山県のおいしいものを紹介するイベントに出席した時のもの。
和歌山県は、熊野古道で有名ですね。何度か行かせていただいています。それと梅が有名なので、この写真。ミカンも柿もマグロもおいしいものたくさんでした・・・・って、実はあまりに混んでいて、デザートから制覇して、いざ食べようと思ったら、もろもろ食べそびれたのでした。
posted by 岩瀬幸代 at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記のような | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月27日

●ゴールを追い求めて走る

さいたま国際マラソン 030.jpg
ゴールが見えない・・・。夏が終わるまでには、ゴールのテープが見えるところまで走る予定が、すでに、ほぼ冬。

近ごろの岩瀬は、視界からカレンダーを外し、町に飾られ始めたクリスマスツリーを単なる飾りととらえ、クリスマスも年末も正月も単なる日々の繰り返しの中の一コマにすぎないのだと、淡々ととらえようとしています。

人生は予定通りにいかないから人生だ。
予定通りじゃないから面白い。。。。(苦し紛れ)

というわけで、皆さん、お元気でしょうか?
岩瀬は日々、足踏みして暮らしています。。。???

それにしても、今年の風邪ときたら、いまだに私はすっきり治らない。
目下、免疫力低下中・・・・。
常に咳払いしているものだから、歩いていると、みんなが振り返る。
煙草を吸い過ぎたおっさんみたいな状態だ。助けてくれ〜。

写真は二週間前に行われた「さいたま国際マラソン」の様子です。
今年最後の秋晴れみたいな、いいお日和だったけど、もうすっかり昔の出来事みたい。

めちゃめちゃ内容のないブログですみません…。

最近は気分転換に映画を見に行くことが多いです。
一部で話題になった『聖なる呼吸〜ヨガのルーツに出会う旅』見ましたよ〜。
ふむふむ、そうなのね、という感じです。

世間でチョー話題になった『君の名は』も見ましたよ〜。
深海作品の世界観は嫌いじゃないので、期待したんだけど、あまりに評判が良すぎるせいで「まあまあ」どまりになってしまった。
そりゃあ、私だって前前前世からつながっているような人に会いたいけれど、泣けないのは設定が高校生だからですかね。
隣に座っていた5,6歳の女の子がびーびー泣き続けていたけど、ああいうのは内容がわかって泣いているのか、最後に聞いてみたかったよ。

しかしまあ、気分転換にはなるわけで、そして、私も、少しでも人の心を動かせる何かを書きたいと思うのでした。


では、アーユルヴェーダとは関係のない話でしたが、スリランカへアーユルヴェーダを受けに行きたいとお考えの方、相談&予約受け付けています。
連絡は sayura@outlook.com  念のため sachiyoiwase@hotmail.com にCCしてね
posted by 岩瀬幸代 at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記のような | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月12日

●自分が信じることのために闘う

2011_0519Crea0329.jpg

世間はアメリカ大統領選の話題で持ちきりですね。いくらヒラリーの方が政治家として、トランプを上回る資質を持っていても、そういう問題を超えて、今のアメリカは疲弊しているのだと感じずにはいられない結果です。

選挙日の数日前にやっていたNHKの特番を見て、これはトランプが勝ってもおかしくない、と思ったし、どっちが勝とうが、もうグローバリズムは限界で、きっと何かが変わらなければいけない時期が来ているのだと考えたりします。


どこかの書店が、ヒラリーの勝利を信じて並べていた数々の本を、負けが決まって撤収している映像がテレビで映っていたけれど、負けたって、そこには意味があるし、今まで彼女が歩み続けた足跡は、逆にくっきり見えてきた気がする。


彼女のスピーチで 「特に若い人に向けて」とか「子度たちに向けて」という前置き付きで言った言葉は、まったく若くもなく、政治や国のために闘っているわけでもない私の心も揺さぶった。


To all of us, and to the young people in particular, I hope you will hear this − I have, as Tim said, I have spent my entire life fighting for what I believe in.

I've had successes and setbacks and sometimes painful ones. Many of you are at the beginning of your professional, public, and political careers − you will have successes and setbacks too.


This loss hurts, but please never stop believing that fighting for what's right is worth it.

It is, it is worth it.


And to all of the little girls who are watching this, never doubt that you are valuable and powerful and deserving of every chance and opportunity in the world to pursue and achieve your own dreams.



「自分が信じることのために闘う人生を送ってきました。成功も、挫折も、痛みも感じたし、これからキャリアを積んでいこうとしている若いあなた方もまた、成功も挫折も味わうことでしょう。でもどうか、正しいことのために闘うことは価値があるのだと信じることをやめないでください。本当にそれは価値があることなのです。


そして、小さな女の子たちへ。あなた方が価値と力を備えていて、自分の夢を追い求め、叶えるためのチャンスと機会があることを決して疑わないで」


リトル・ガールじゃなくても、夢をかなえるチャンスと価値と力があることを信じよう!

政治や国のために闘うわけではないけれど、自分が信じた道を歩き続けて、うまく行かなくても、最後に、やりきったと思える人生を送ろう!

そんな風に刺激をもらったのでした。



それにしても、自分たちで自分の国を作っているという感覚を持っている(ように見える)アメリカ人がうらやましいとも思ったし、負けたヒラリーは闘っている時より素敵に見えた。


写真は、泥水の中から力強く咲く、蓮の花。人生はつらいことや悲しいことがたくさん。そういう泥水みたいな中だからこそ、綺麗な花が咲く。仏教の教えですね。だから、ブッダの台座は蓮の花なのです。


自分なりの花、咲かせよう。




posted by 岩瀬幸代 at 02:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記のような | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする