2017年04月30日

●「夢をもとう」と言われても

s-DSCN0974.jpg
写真のサインは、先日泊まった大好きなホテルの通路に貼ってあったもの。ジョン・レノンとオノ・ヨーコの書き残したものですね。
「夢をもとう」なぜだか、ものすごく引っかかって写真に撮りました。

夢を持つことはとても大事なことだと思うし、実際にそれが私の背中をどんなふうに押してくれたかは、新刊「迷走患者」にも書いたけれど、

「あなたの夢は何ですか?」s-DSCN0975.jpg

と聞かれて、すぐに答えられる人ってどのぐらいいるのだろう?

今の日本は、ものすごく夢を持ちづらいような気がするのだ。

スリランカに行くとみんなが生き生きして表情がパッと明るく、国の将来を楽しみにしながらその中で自分の未来を描いている。

発展することは必ずしもいいことばかりではないけれど、人の気持ちを明るくし、不可能なことさえ可能に見せてくれる希望を持てるのはとても素敵なことだと思う。


日本にいてネットやテレビを見ていると、息苦しくなってくる。

昔のことを掘り起こしてあーだこーだと言ってみたり、不倫したどーだと騒いでみたり、他人を叩くか過ぎたことをがたがたいう内容が多すぎて、こんなものを受動的に見ていたら、みんなの思考はどんどん小さく狭くなっていく。

守ることに必死で、失敗しないようにとか、人に笑われないようにとか、レールを外れないようにとか、そんな思考が渦巻けば、夢を持つのは難しくなる。

s-DSCN0953.jpg

失敗したって、笑われたって、レールを外したっていいって思える強さを、もっと容易に、日本のバブルの時代には持つことができた気がする。

それとも、私が若かったから、そんな風に思っていただけだろうか?

でも今は、夢の語りづらさを感じ、そしてとても息苦しくなるのである。

スリランカへ行って、無邪気に夢を見たいと思ったりもする。

はー、はー、苦しい。
あるいは苦しいのは別の理由? 病気でしょうか?

では、GW楽しんでください。



相変わらずアーユルヴェーダホテルの相談&予約も承っています(情報提供だけはしていません)。
メールを送っても届かないという方が、相変わらずけっこういるようなのでGmailも使うことにしました。
時々、こんなこと書かれると傷つくんだよな(意外に小心者)と思うようなメールが届くこともありますが、そんな場合でも必ず返信することにしているので、もし私から返信が来ないとすれば、それはこちらに届いていないという意味です。すみません。
sayura@outlook.com
sachiyohappy100@gmail.com にもCCしてください。






続きを読む
posted by 岩瀬幸代 at 13:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記のような | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月22日

●新刊『迷走患者』が雑誌『クロワッサン』の取材を受けました。

s-DSCN0929.jpg
悲しいこと、嫌なことがあって落ち込んだ時、みんなはどうやって立ち直るのでしょう。
私はけっこう時間がかかるタイプ。
でも最後に支えてくれるのはたいがい「自分らしく、最後までやりきれたからこれでいい」という気持ちだ。
やれることはやった、伝えたいことは伝えた、それでも仕方がなかったのだからこれでいいという風に。

若い頃ずいぶん逆の経験をした。
例えば仕事でやりたいことをやりたいと言えなかった、おかしいと思っているのに周りに合わせて「そうだね」と頷いてしまった、好きな人に好きだと伝えられず何年間も引きずることになった・・・などなど。

そういう経験ってないですか?
若い人には無理かな。
若いころの経験が今の自分を作り、そんなやりきれない思いをしたくないから、今は納得できるまでぶつかるのがいつの間にか私のスタイルになってしまった。
ぶつかったばかりに抱え込むことになる傷や痛みはあっても、行動しないよりはいいし、とりあえずいったんは体当たりしないと気が済まないらしい。

病気になった時も、私は医者に対して同じように体当たりをしていた。
昨日マガジンハウスの雑誌『クロワッサン』の取材を受けた。
新刊『迷走患者』を読んで、興味を持ってもらえて、著者インタビューをしてくれた。
記事の掲載は6月10日発売号なので、またお伝えしなおすとして、インタビュアーの女性が最初に言ってくれたのは、
「こんな風に立ち向かえる強さがすごいと思った。普通の人は、医者に言われればそれっきり、おかしいなあと思っても、言えずに従ってしまう」と。

私みたいな患者が世の中にたくさんいたら、医者は毎日今よりも疲れさせられて「やってらんない!」と思うにちがいない。
でもセカンドオピニオンやインフォームドコンセントが当たり前になり、患者主導の医療が主流になりつつある今、誰だってできるだけ納得してから前に進みたいと思うだろう。

そして「迷走している患者は、世の中にたくさんいますよね」という話をした。
いったいこの症状は、病気なのか?どうすれば治せるのか?自分には何が合っているのかと迷走する。

そういう思いを共有してくれる人は、この本を読むと「わかります!」と言ってくれる。
思っていることを書いてもらえてうれしいと言ってくれる。

アーユルヴェーダのことを好きな人は、新しい視点を得られたと言ってくれる。

人に頼ることも強くなることも教えられて、とても大事な一冊になったと言ってくれる人がいる。

統合医療的な視点が得られて実に面白いと言ってくれる人もいる。

本当にありがたい。

中には、拾い読みかぁ、と思われる人もいて、文章を楽しんでもらえなかったことを寂しく感じるけれど、この忙しい世の中で、本を手に取ってもらえただけでもうれしいし、全然ページをめくってもらえないよりはるかにいい。

世の中のすべての人が私を理解してくれるわけではないのと同じように、本も残念ながら全員に伝わるわけではないけれど、いつかまた読み返してもらえたらと思わずにいられない。

冒頭の写真は、スリランカのお坊さんが送ってくれた新年のお祝いカード。
3か月ぐらい前に、送りたいものがあるからと言って住所を聞かれ、音沙汰がなかったけれど、その間に作ってくれたらしい。
どう見ても手作りのカードで、一つ一つ花が紙で巻いてある。
スリランカって、時々こんな風にあったかい思いにさせてくれる。

私の本もそんな風でありたい。
一つ一つ言葉を紡いで、人の心に届けたい。

続きを読む
posted by 岩瀬幸代 at 21:16| Comment(0) | TrackBack(0) | アーユルヴェーダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月15日

●ドクターとの食事は美味し楽し♪

s-DSCN0917.jpg
今日はスリランカのお正月です。この時期は旅行をする人が多いのですが、前々回のブログにも書いた知り合いのドクターも日本に来ており、一緒に過ごしました。

昨日は、上野のアメ横にいたのですがマッサージ屋さんに興味津々。
足で踏むマッサージの写真を見て「これは南インドから来たものだ」とか、ハーブボールを見ては、「おお、使われているのか」と驚く。
面白いですね。

息子さんx2人+お嬢さんも一緒だったので、夕食をどこでご馳走しようか考えた末、
「日本人がアフターファイブの金曜日にどんな風にお酒を楽しむか視察しましょう」
と言って、居酒屋へとお連れした。
居酒屋なら全員分でもごちそうできるし。

もちろんお酒は誰も飲まないのですよ。
だから6人全員カルピスを注文し、ドクターは一口飲むと
「これは体によさそうな味だ!」
と言い、焼うどんについた紅ショウガを食べては
「しょうがは消化力をあげていい」
レンコンのはさみ揚げを食べて
「サチヨ、知っているか?レンコンは、美容にいいんだ。粉末をいろんなフルーツと混ぜて、フェイスパックにするといい」
と言い、枝豆を食べては
「これは栄養価が高い」
と、まあそんな調子で何かを食べるたびに私は一人でくすくす笑っていたのでした。
何を食べても、こういう話になるのね〜、と。

ついでに上野公園の桜も。s-DSCN0915.jpg
まだ少し咲いていましたよ。
本当は前日、千駄木でイタリア料理の夕食を食べたときに、
どこかへ桜を見に行こうよと言いたかったけれど、疲れていたみたいで言えなかったから。

一緒に、新刊の発売もお祝いしてもらいました。
楽しくて、また忘れがたい時間になったー。

本日は、ご家族全員で札幌へ。寒くないように、ホカロンをお渡ししたのでした。

ではでは。
新刊はドクターたちには読んでもらえないけれど、お手元に届いている皆さんはぜひ週末に読んでみてくださいね。

まだの方は是非、ご購入いただけますと嬉しいです。アマゾンのご注文はこちらです
posted by 岩瀬幸代 at 09:49| Comment(0) | TrackBack(0) | アーユルヴェーダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月13日

●アーユルヴェーダをとことん受けてみて・・・の本

ふうみん写真.jpg
さっそく買いました!と連絡をくれる知人・友人に支えられている岩瀬です。
売れっ子の作家なら、自分で宣伝しなくてもいいのでしょうが、何せまだ小さな存在なもので、まずは知っている方からの応援が頼りです。
冒頭載せた写真も、私が撮ったものではなく十数年前のボランティア旅行をやった時以来、ほんわかとつながっているふーみんが「池袋ジュンク堂でさっそく買いましたー」と送ってくれたものです。
本当にありがとうございます。

売り場は書店によっていろいろみたいです。
この写真は健康コーナー?私が行った場所は、スピリチュアルコーナーでした。
今まで書いている本から、アーユルヴェーダ関係と判断されたのでしょう。
医学コーナーだったという人もいます。

いうまでもなく、本は、読む人によって、いつ読むかによって、心に響く内容が違って来るものですが、
このブログを時々読んでくださっている方は、アーユルヴェーダに興味を持っている人が多いのでしょうか?

そういう人にとってこの本は、
アーユルヴェーダと日本の医療を比較しながら進んでいくストーリー展開を面白く読んでもらえるはず。
ビレッジで受け続けたアーユルヴェーダにも、興味津々では?
いったんは落胆も経験し、。。。。。
それでも最終的には、アーユルヴェーダに戻っていく、という話にリアリティーを持って読んでもらえるはず。

伝えたいことがたくさんあって書いた本です。

メールで新刊のご挨拶をさせていただいた方には、こんな文面を送りました。

::::::::::


お元気でしょうか?
春は新しいことを始めることも多く、そわそわする季節。
このたび、おかげさまで4冊目の著作を発売できる運びとなり、私は例年にも増してそわそわする春を迎えています。
 

春秋社から新刊が本日、発売になります!


タイトルは
「迷走患者――<正しい治し方>はどこにある」


これまでスリランカとアーユルヴェーダにこだわって過去の三作品を書いてきましたが、今回は日本の医療の話も交え、スリランカのアーユルヴェーダ、温泉、ヨガ、瞑想、フラワーレメディー、漢方など様々な代替医療の話も書いています。


◎アーユルヴェーダって、実際はどのぐらい効き目があるの?
◎西洋医療と代替医療、いろんな治し方がある中で何を選べばいいの?
◎ステロイドの副作用って怖いと聞いているけれど、実際はどうなの?
◎統合医療や予防医療ってもっと必要なんじゃないの?

◎そもそも健康って何だろう?


そんな悩み、疑問を持っている方と考えを共有したいという思いで仕上げた作品です。

いつも通り私自身の体験を軸に、しかも今回けっこう波乱万丈な・・・体当たりでレポートしたノンフィクションです。
読み易く、クスッと笑ってしまうのに、書いてあることは結構深い、という文章スタイルも健在!

楽しんで読んでいただけます。



春秋社から刊行
「迷走患者――<正しい治し方>はどこにある」
小さな書店さんまでは回らないので是非その時はご注文をお願いします。
すでにアマゾンでは販売を開始しております

   



お読みになった際はご感想などもお聞かせいただけますと幸いです。


皆様にとって毎日が気持ちのいい日でありますように


岩瀬幸代


続きを読む
posted by 岩瀬幸代 at 11:59| Comment(2) | TrackBack(0) | アーユルヴェーダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月09日

●刊行の日に、お世話になっているAyurドクター来る!

s-2017.02スリランカ光文社 109.jpg
お世話になっているドクター夫妻が明日、日本へやってくるというのに、何もしてあげることができず自分にやきもきしている岩瀬です。

日本はどこがいいかと聞かれても
「京都、広島、どこかの温泉とおいしい和食」
などという全く役に立たないアドバイスしかできず……、
私は、観光について日本より何十倍もスリランカのことに詳しいというわけの分からない確信を持ったのでした。

ただひたすら桜が10日まで見ごろであってくれますように、と思って、そして明日までは何とかなってくれそうなのでほっとしています。

イベント力があれば、スリランカ一有名な婦人科の先生であるドクター・ダヤニと、これまで数々の日本人にアーユルヴェーダを教えてきたドクター・カルナティラケの講演会とか、セミナーとか開くのですが、何もできず恐縮です。

そして明日は、私の新刊「迷走患者――<正しい治し方>はどこにある」の刊行日です!
書店に並ぶのは、12日ごろになると思います。
本の詳細は、また改めて書きますが、日本の話とスリランカの話を行ったり来たりしながら書いてあります。
村で長期間受けたアーユルヴェーダのこと、ヨガのこと、瞑想のこと、フラワーレメディー、温泉治療、そういう話も盛り込んであります。

西洋医療しか認めない人には、お〜〜い、目には見えない力も信じようよってこともメッセージしている、いろんなメッセージを込めた作品です。

どうぞよろしくお願いします。
写真は、ショートケーキのお祝いっぽく、ヌワラエリヤのイチゴの写真です。
一緒にお祝いしてくださいね
続きを読む
posted by 岩瀬幸代 at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | アーユルヴェーダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月02日

●アマゾンで新刊の予約受付中!よろしくお願いします。

s-DSCN0907.jpg
こんにちは!新刊が発売されます
4月10日発売なので、そのときにブログに書こうと思っていたら、すでに「今、アマゾンで予約しました!」とありがたい連絡を受け、急ぎブログを書いています。

アマゾンの画面はまだ見ておらず…この本文書き終わったら見ます。
思い入れの強い本なので、見るのがなんだか少々怖いのです。

タイトルは「迷走患者――<正しい治し方>はどこにある」
ここにも表紙の写真を載せましたが、「ん?なんだか今までの本と雰囲気違う」と感じた方もいるはず。

これまでの本は、「スリランカのアーユルヴェーダって何?」ってあたりを書いてきたのですが、
今回は「アーユルヴェーダをとことん受け尽くして、患者の当事者目線で、書いた本」です。

毎回、ある意味、当事者目線なんですが、今回はもっと違う角度からアーユルヴェーダと代替医療にアプローチしています。

いつも私が書いているときに思うのは、どこまで素直になって書けるかということです。
それが自分自身のことを書くときの、私の中にあるテーマです。
できるだけ正直な思いを書きたい、そのためにどこまで脱げるだろう、と裸になることを目指して書いています。

まだ裸にはなり切れていないけれど、一作重ねるごとに、一枚ずつ脱いできた気がします。
今回は結構スケスケ状態(きゃっ!)

おそらくドキドキしてアマゾンの画面さえすぐに開けないのは、それが理由でしょう。

本のテーマは「医療選択の難しさと大切さ」。あら、意外に重たいことを書いている(?)ようですが、文体はいつもどおり、読み易くて分かりやすくてクスッと笑ってもらえます。

今まで、私の本を読んでくださっている方にも、読んだことがない方にも、どうしても読んでほしい本です。
そのぐらい、心血を注いで書いた本なので・・・

どうかよろしくお願いします!!m(_._)m

書店では11日か12日頃から発売開始です。小さな書店さんまでは回りませんが、大きいところには並んでいるはず。
またその頃になったら、ブログで紹介させてください。



写真は、先日見本が届いたときに、ヒット祈願しつつ青空に向けて撮った写真

そして今、リンク張るためにアマゾン、開いてみました。あれ?なんで発売日が4月20日なんだろう。画像はまだ出ていないのですね。➡ (追記:古い情報が行っているようで、13日に変更してもらいました)
posted by 岩瀬幸代 at 20:36| Comment(1) | TrackBack(0) | アーユルヴェーダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月15日

●次回のS旅とアーユルヴェーダ・シーズン

ダヌワンタリ.jpg
アーユルヴェーダにシーズンがあるの?いえ、すみません。そういうわけじゃないんです。
ただ、春ぐらいになるとスリランカのアーユルヴェーダ・リゾートはお得な料金へと移行するため、料金的に行きやすいシーズンという意味で、アーユルヴェーダ・シーズンと言ってみました。

スリランカへの旅行者はヨーロッパ人が多く、避寒が目的なので、いわゆる冬の時期に来る人がとても多い。
という理由で、11月〜3,4月まではホテルがとても混んでいて、料金も高くなる。
その時期を避けた方が、お客さんも少ないし、料金もリーズナブルなので、時間に都合がつく人にはそういう時期をおすすめしています。

去年は、ちょうど料金が下がる時期に合わせて、S旅友倶楽部を企画し、みんなでヒルヴィラを楽しみました。
今年の春は、ちょっとばたばたしているので、もし企画できるなら10月ぐらいかな?という気がしています。
観光するのか、アーユルヴェーダにどっぷりなのか、どこのリゾートなのか全く未定だけれど。

で、去年お世話になったヒルヴィラから、今年もお得なシーズンオフ料金をやります!というお知らせが届いています。
5月1日〜10月31日までの設定で、
通常 シングルが1泊(アーユルヴェーダと3食付き)145ユーロのところ、105ユーロに、
ダブルだと、一人125ユーロが95ユーロになります!

長期で滞在するチャンスですね〜。

で、ヒルヴィラってどんなとこ?って人は、去年のブログで4月24日あたりから数回書いているので、そちらを見てもらってもいいし、

なんと!参加してくれたさおりちゃんが、そのときの体験をまとめてブログにしました。
その名も「アーユルヴェーダ日記」。
ご自身の備忘録のために書いたらしいけれど、せっかくきれいに書いたんだもん。
みんなにも見てほしい〜よね。

なので、最初のページのアドレスはこちら ↓
写真もきれいに載せているので、是非訪問してみてください。

行ってみたいと思った方はこちらにご連絡くだされば、情報提供&予約します。

冒頭の写真は、アーユルヴェーダの神様。バーベリンホテルで撮影したものです。
posted by 岩瀬幸代 at 01:12| Comment(1) | TrackBack(0) | アーユルヴェーダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月09日

●あった!嬉しいので(?)、リプトン・シートの写真

リプトンシート.jpg
もう、絶対にないと諦めていた写真が、なんと出てきた!
入れたはずのピクチャーフォルダ内がからっぽで、愕然とし、さらにドキュメント・ファイルも一部消え、奇妙な動きをするこの新品パソコン(ちなみに、日本のメーカー)に翻弄された過去二週間。
遠隔操作でauの人に見てもらっても、理由はわからず、リカバーかけるしかないと話をしながら、普段開けることのないフォルダーを奥へ奥へと進んでいくと、そこになぜかすべての写真が・・・あったのです。
こんなことがあるなんて、auさんもびっくり@.@

よかった〜〜!!
心配してくれた人、ありがとうございます!
うれしいので、先日のスリランカで訪ねたリプトン・シートの写真を載せちゃいます!
リプトンさんと同じ格好をして、写ってみました。

リプトンとはご存じ、紅茶王のリプトン卿。
知ってますよね?あの黄色いパッケージ。
スリランカには、彼の残した茶畑があり、いつか訪ねてみたいと思っていたのです。

今回の旅は茶畑を毎日のように車で走っていた気がするのですが、蛇行する道を毎日移動していると、たいへん気持ちが悪く(笑)嘔吐寸前な日々でした。
飽きるような風景の中で、リプトンの茶畑はとても整然と美しく、車の窓を開けて走るとすがすがしくて、気持ちがよかった。

リプトン卿が生前、茶畑を眺めていた場所とされるのがリプトンシートで、写真の像が建っています(座っています)。

どこかの有名観光地のついでに立ち寄るには遠いので、わざわざここだけ行くのは少々つらいけど、紅茶好きな人はどうぞ。

わたしは、かつてはコーヒーしか飲まなかったのだけれど、スリランカにいると疲れたときに飲みたくなるのは、ごく甘のローカルなミルクティー。
不思議ですね。身体が覚えてしまった。
今は日本で、買い込んできた茶葉を日々飲み比べています。

日本では知られていない、おいしい茶畑も見つけましたよ。
Aigburthという、シンハラジャの森に近いところで育てているお茶。
んんん〜。好きな何かに出会えるのって、なんか嬉しい。

では、本日はこれにて
アーユルヴェーダ・ホテルでの宿泊にお悩みの方は、sayura@outlook.com まで。
posted by 岩瀬幸代 at 01:30| Comment(2) | TrackBack(0) | スリランカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月02日

●ワラカはあるが写真がない

ワラカ.jpg
ないないない・・・・
大切な写真を失い凹んでいる岩瀬です。
問題は、新しくしたパソコン、ウィンドウズ10だ!
めちゃめちゃ使いづらい。
おかげさまでさまざまな作業がストップし、そして引っ越しの最中、One Drive を使ったら、写真がどこかへ行ってしまった。
泣きたい。返して。

One Drive はもう使いたくないのでストップしたいが、これもうまくいかない。
専門家に見てもらっているが、勝手に同期を始めてしまう。
ほかにも、何かを失った気がして、、、、
パソコンが私の意思とは無関係に、シャットダウンした後も動いている妄想が止まらない・・・

こんなつまらないブログで恐縮だが、どこかに悔しさを吐き出さないと前に進めない心境。
うううううううううううううううううううううううううううううううう。
たすけて〜

冒頭の写真は、私の大好きなフルーツ、ワラカ。
ワラカの写真はあるからいいじゃないか・・・

こんな遅くまで起きて探しても、ないものはない。眠らせて〜
続きを読む
posted by 岩瀬幸代 at 02:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記のような | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月18日

●茶摘みとアダムスピークとシンハラジャ

2017.02スリランカ光文社 134.jpg

スリランカからこんにちは。
2
2日からこちらに来ているのに、全くブログもアップできずにもう本日15日の便で帰国です。

214日にマウントラビニアで書いたブログなのですが、今回は、どこへ行ってもブログをアップロードできずに、今、私はすでに日本です…・)


風邪をひいて、薬を飲みながら移動していたので、最初の一週間ぐらいはつらかった。ようやく治ったと思ったら帰国……。そしてきっと日本は寒いのですよね。また風邪をひきそうで恐怖です。

(はい、実際、怖くて外に出られずにいます)


今回のメインイベントは、昨年から決めていたアダムズピーク登頂でした!!!2017.02スリランカ光文社 212.jpg

しか〜〜〜〜し、あきらめました!!!

えーーー?!


すみません。5分の1しか登らなかったのです。

やめた方がいいと止める人多数、そこまで行って最後まで登らないのかという人一人。


さまざまな意見が飛び交う中で、迷い・・・、そして断念。


日本出発前に、経験のある人に

「私の体力で登れるだろうか?」

と聞いたら、

「登れると思うけど、そのあと大変なことになると思うよ」

と言われていたけれど、こちらに来てから反対した人たちも


「登れるけれど、そのあと3日間ぐらいは、腰も曲げられない、足を上げるのも大変で何もできなくなる」


と同様なことを言い、ほかにもぐるっと旅を続ける計画を立てていた私は、涙ながら(?)に断念し、聖地へ向かう人たちを見送ったのでした。


でも80過ぎと思われるおばあさんも登っているし、スリランカの人たちはたいがいゴム草履で上がっていきます。

しかし頂上で朝日を見た後に、降りてきた人たちの姿はガラッと変わっていて…辛そうでした。

元海外青年協力隊だった人で登った経験のある人に感想を聞いたら、途中で一人おじいさんが亡くなっていたと話していたけれど、それって本当でしょうか?そこまですごいの?

実は意外にヨーロッパ人が多くて、彼らはホイホイ身軽に降りてきた。

健脚に自信のある人が登るからでしょう。



2017.02スリランカ光文社A 214.jpg



実は私…シンハラージャ森林保護区も断念しました。

今回、断念シリーズですね。


シンハラージャの森はご存じ、世界遺産にも登録されている場所です。

ヒルが多いので、これまで躊躇していたのですが今回は思い切って中へ! 



結果、雨期ではないため、ヒルには一度遭遇しただけで済んだのですが、平坦な道を歩くのかと思ったら石がごろごろしているところを歩かねばならず、少し歩いたところで、石積みの坂が目前に立ちはだかり、


「無理!」


と断念させていただきました。

すみません。もっと鍛えねば。


一緒に登ってくれたシンハラ人男性は、腕に「タヌキ」の入れ墨を入れていて笑わせてくれました。


彼女の名前だそうで、カタカナを誰かに教えてもらったのでしょう。



「知ってる? タヌキって動物の一種だよ」2017.02スリランカ光文社A 246.jpg

と言うとのけぞり、言葉を失い…


「よかったら、写真探して送るけど」

と親切心から言うと


「いや、たぶんやめておいたほうがいい」

「そうね。タヌキ、かわいいけどね…」(笑)


ちなみに左の写真は、一度だけ遭遇したヒル 、

右の写真は、紅茶の一番新しい葉がまだくるっと巻いているところ、

ちょっと似ている・・・・


2017.02スリランカ光文社A 231.jpg   2017.02スリランカ光文社A 237.jpg   











ほかにもいくつか断念し、そして今、コロンボ。


こうやって書き始めてみると書きたいこといっぱいなので、いずれまとめて文庫本を作ります。


今日(スリランカは、この日14日だった)はバレンタインなんですね。

こちらは、男性から女性にチョコレートを送るのですよ。

私はもらったことがないけれど、チョコレートショップには多くの男性の姿が・・・。

私も、そんな男性たちに混じって買ってみました。


スリランカにもこんなきれいなチョコレートが売っています。2017.02スリランカ光文社B 143.jpg

そして味も悪くない。

南国のチョコレートはえてして固い…というのが私のこれまでの印象なので、

これも日本で食べると硬いのでしょうか?

とにかく日本に持って帰ってみよう。


冒頭の写真は、旅行者なりにちょっと茶摘みというものを体験しているところです。

摘んで背中のカゴに入れると、

「今投げた茶葉、全部かごから外れた」(笑)

と一緒にいたプロの茶摘み人に言われてしまい、なかなか大変。でも楽しかった。


ではまた。

ーユルヴェーダ・ホテルの問い合わせと予約常時受け付け中。

sayura@outlook.com までどうぞ。


posted by 岩瀬幸代 at 16:44| Comment(0) | TrackBack(0) | スリランカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする